うなれ、私の記憶力…大阪・朝の部

イマジン超クライマックスツアー2010 [DVD] 9月21日発売。
※なぜかamazonでは商品名が「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー」になっている不思議。

DVDの収録予定を見てみると、大阪のイマジン声優揃い踏みは収録されない模様。
という訳で、私の覚えている限りのゲストトークを書き出してみます。
合ってるかどうか定かではないですが、大体こんな感じだったという雰囲気のみお楽しみ下さい。


※全部、記憶です。
※言ってる内容の順番は間違ってる可能性大。
※雰囲気で覚えてるので、正確なセリフではありません。
※雰囲気で覚えてるので、誰がどのセリフを言ったのか覚えてない部分が有りすぎです。
※記憶が抜け落ちている部分も多々あります。
※せ…関氏 ゆ…遊佐氏 て…てらそま氏 す…鈴村氏(以下敬称略)
※朝、昼と見たので、記憶が混ざってる部分があります。
※てらそま氏のセリフは、大阪弁に脳内変換してお読み下さい。


一応反転。


☆ステージ1
■始めの挨拶・特筆

て「皆さん、おはようございます。それでは体操を始めましょう」
「ええ!?」
て「朝だからそんなノリかと」
す「みなさん、こんにーちわー。ん、なんかあれ(いいとも)っぽいな。みなさーん、こーんにーちわー(こーんにーちわー)きょうは良い天気ですねー(そーですねー)あしたもはれだそうですよー(そーですねー)」
※全体的に地元の為か、てらそまさんが前に前にのハイテンション。
全体的に何言ってたかは記憶欠落。


■司会から、エピソードレッドについての質問
て「僕の愛する愛理さんがねぇ」
「愛してるんですか」
て「あれ?いってなかった?」
「いや、みんな知ってますよ」

せ「何だっけ、何だっけ、何だっけ(連発)」
せ「実は、前の晩に、皆でいっぱい肉を食べて、この映画は電王×電王×電王だけど僕らは肉×肉×肉で」
す「関さんうーんもう食べられないーでも肉おいしーまだたべちゃうって」
せ「だったおいしいんだもん!」
「明け方近くまで飲んでて」
「いやそこまでは飲んでないよ」
「そだっけ?」
せ「で、最近は草食系がアレだけど、僕らは全員肉食系だなーって。ああいう、愛理さんと侑斗みたいな?草食系の、付かず離れずっていうのが、大事なんだなーっと思って」
「関さん肉食系なんですか」
せ「そりゃ若い頃はね、若い頃はガツガツするじゃん!」
「あーあーあー」
せ「ガツガツしちゃいけなかったんだねぇと。ああいう付かず離れずが大事なんだねぇと」
「長続きするには付かず離れず」
「最近の若い子は、草食系なんでしょ?」
ゆ「でもあのテディ役の小野も肉食系ですよ。今回のステージで、メールで、お客さんに言いたい事ある?ってメールで聞いたら、僕らの話(ブルー)が一番面白いと思いますって返信が。」
「わははははは」
ゆ「三木も同じ様な返信が。どんだけ前に前になんですか。一体どこの事務所なんだと」
て「……あ!俺んとこや!」
ゆ「そうですよ!」
て「俺んとこや!」
「イマジンみんな肉食系」
て「いや、俺は草食ですよ。主に野菜」
「何いってんですか!」
「狩ったの着てる(←キンのモフモフ)じゃないですか!」
て「いや主に野菜、で時々肉」

す「レッドはデネブ大活躍なんですけど、デネブが、というか芳忠さんがすごい大活躍してます。全部芳忠さんがやったシーンとかあって、凄いです。そのほかのシーンでもがんばってて」
「弁士かってくらいにやってるよね」
「女の人の声にまで被せちゃったり。とにかくすごいです」


■今回の歌について
せ「一人7,8曲くらい歌ってるよね。」
「でも全部ダブルアクションかクライマックスジャンプなんですよね」
「よくこれだけまぁアレンジすると」
「今回の曲も、普段の音の上がりと違うから、難しかった」
「でもこう誰かさん(て)の声が前に前に」
「ほんと前に前に」
「みんな同じ音のはずなのに、一人(て)だけ前に」」
「エイベックスさんも、フリを見ながらみんな同じ音でとってるんですけどね~って」
て「魂込めて歌ってるから。撮ってる時も、エイベックスさんにてらそまさんが気持ち良く歌ってるんで、キンタロスでお願いま~すって言われるから。どうしても込めざるを得ない!収録の後、次の仕事に行った先で、そこの女優さんに、どうしたんですか?てらそまさん、今日は魂が入ってませんねって言われてた」
「収録で全部魂出し切っちゃったんですね」
て「全部出し切っちゃったね」
ゆ「でもエイベックスさんが言ったのは、もっと後ろにって意味ですから」
て「え」
ゆ「てらそまさんが前に前に出過ぎるから、キンタロスになって、もうちょっと抑えてっていう」
て「あー!そういう意味かぁ!」

■質問コーナー
①ラブストーリーの主役にするなら

てらそま→リュウタ
て「リュウタロスはまだ少年ですから、純粋な少年の恋の物語を。少年から大人になる話。僕の少年時代のですね」
「てらそまさんの話なんですか?」
て「少年時代を、思い出すような!」

遊佐→ウラタロス
「これはもう、今回も朝帰りしちゃってますから。彼でしょう。色んな女の人との色んなパターンをオムニバス形式で。一時間で何話みたいな。」
「えー、それはー」
「朝放送できない話になるでしょ」
す「おかあさんが見ちゃダメって。見ちゃダメって(手)」
せ「てゆか、その自己愛の大きさは何なの。それはゆさちゃんなのウラちゃんなの」
ゆ「いや、だって今日のイベントだって誰が死ぬかって話になったら、小林さん(小林靖子・脚本家)迷い無く『ああ、ウラでしょ』って言って、Pも普通にウラだよねぇって普通に!昨日の飲みでもみんな死ぬならウラだよねーって全然疑問もたないし!彼はぼくが!ぼくが守ってあげないと!せめてぼくだけでも!」

関→キンタロス
せ「さっき、てらちゃんが少年の恋だったけど、大人の恋をね。さっきの弁士じゃないけど、昔の映画っぽい。昭和のにおいのする」
「女の人、絶対着物着てるんでしょ」
せ「そうそう、着物着た小股の切れ上がった美人。で、まぁ、にっちもさっちも行かなくなったら、またぎの話にしちゃう」
「あー、熊だから」
て「…って、俺狩られる側じゃないですか!」

鈴村→モモタロス
す「僕はモモタロスで。学園物を!ベッタベタの!こう、モモタロスが、学校一のワルとかで、学ラン着て、パンくわえて遅刻遅刻~って走ってたら道の角でドーン!女の子にぶつかって。で、気をつけろコノヤロー!とかいって」
「べたべただ!」
す「で、その女の子は転校生で、やだー、男の人って乱暴~って思うんだけど。その日の帰り道は雨が降ってて、こう、捨てられた仔猫にミルクやってるのを目撃するの」
せ「おおお!すばらしい!仔犬じゃないんだね、あくまで仔猫なんだね!」
「べったべたじゃないですか!」
す「そのくらいべったべたのを!」
せ「あれだよね、学校の裏庭の林にバイク隠してるんだよね!でこっそりバイク通学してるんだよね!!」
ゆ「で、服装はあれでしょ、学ランの前バーって開けてて、下には真っ赤なTシャツ着てるんでしょ」
す「そうそうそう」
「完全に昭和の不良だ!」
「昭和のべったべただ!」
「こっちも昭和臭が!」

②お笑いの相方にするなら誰?

「え!これは僕らの相方という意味?」
「僕らが漫才する事前提?」
司会「はい」
せゆす「えー(汗)」
て「俺はもう決めたでぇぇ。これしかないでしょううう(金の内輪をパタパタ)」

てらそま→ジーク
「え!ジークですか!」
て「これは横山たかし・ひろしみたいな、相方金持ちで、僕が突っ込みでね……あー、あれ?知りません?横山たかし・ひろし」」
せ「わかりますよ、キラキラの着て」
て「そうそう、で、すまんのう~って」
せ「ジークそれやりますかぁ!?」
ゆ・す(わかんなくてぽかーん)

遊佐→テディ
ゆ「僕が前に出て色々やるんで、彼は横に立ってるだけで。最後適度に合いの手入れてくれる感じで」
せ「オリエンタルラジオみたいになりそうだねえ。あなたはどんだけ自己愛なの?」
ゆ「だってあいつなんか事務的じゃないですかぁ!」

鈴村→テディ
司会「じゃぁ次は、同じテディの鈴村さん…」
せ「(キョトン)」
す「せきさんぬかされたー」
せ「あ、いや良いんですよ、良いんですよ、どうぞどうぞ」
す「僕はですね、どうやったら売れるかを考えてですね、最近はお笑いもビジュアル系じゃないですか、で、誰が格好良いかなって考えて、テディで。彼となら狙えると。」

関→リュウタロス
せ「僕は立ってるだけで、彼は周りでわーって色々やってくれると思うんですよ、ダンスとかラップとか色々やってくれて盛り上げてくれて、で、僕に何か質問してきて、何か答えようとしたら『答えは聞ーてない!(どーんっ)』って」
「関さん何もやってないじゃないですか!」
「どんだけ楽なの!」
「ボケも突っ込みもリュウタ任せじゃないですか!」
ゆ「僕と逆パターンですね」
せ「だって!こいつ何でもできるし!パーソナリディ上手いし!何でもできるんだもん!」
す「あはははは(一寸嬉しそう)」

「こうやってみると、各キャラクターが見えておもしろいなと」
て「僕と関ちゃんがツッコミで、後はボケ?」
「関さんは何もやってませんよ」
「ツッコミもボケもリュウタ任せ」
「でもイマジンにツッコミされると、死んじゃいそうじゃないです?」
「てらそまさんは大丈夫でしょう~」


■イマジンセリフイベント特筆
関の椅子に座るモモ
BGMに合わせて歌おうとするてらそま。前に前に。
ゆ「エイベックスさんが言ったのはそういうことですよ!」
て「これか!」
何故か最後はがっちりハグな全員とイマジン。


■最後の挨拶。
て「18の時に地元を出て30年ですが――」
ゆ「すみません、それ長くなりますか?」
一同笑

(記憶・大幅に欠落)


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する