スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YELLOWを見に行った。

感想。
きびしいよ!



THE 永徳氏祭
・しょっちゅう登場人物が消失。

・あ、海東、佐藤良太郎に似てる…。

「シーンで流れよりも言わせたい事を言わせちゃう所為で日常会話的に不自然な台詞回しに。でも全然気にしない☆」節は相変わらず。というかこれはもう特徴であって、治る 改善される変わる事はないんだろーなー。あきらめるしか。
あとやっぱり行動に理由付けが足りなくて唐突。本に都合の良い行動をするキャラクターの駒化。これももう特徴であって、治る 改善される変わる事はないんだろーなー。あきらめるしか。
ブルーであれだけ空気読んでるの見た後だったので、モモタロスの空気読めない加減がすごくモヤモヤ。やたら賑やか・お馬鹿・お笑い担当だけが強調されたキャラ化してる感。ウラタロスも、ブルーで皆をを心配する姿を見た後だったので、簡単に背を向ける姿にすごくモヤモヤ。TV5~8話の頃ならやりそうではあるが。(「らしい」時が、アドリブっぽいとこという→だからキンリュウはそんなに違和感無いっぽい)
そこに繋がる推理素材が与えられてないので、「え、何で」という事、多々有り。
あと日常常識問題に照らし合わせてのツッコミ所があいかわらず…!これも特徴か!

カスミ草の時よりはよっぽど良いけれど。
電王として料金払って見る映画でこれだと、個人的に厳しい。
テレビで見たなら、「あーあ」で終るけど。
ディケイドの映画を見に行って、これなら納得するけれど。
電王の映画なら、海東のキャラを守るより、電王を守って欲しかった。
だってそもそも海東は本編で既にメイン脚本家変わったり何だりで人格がガタガタ(以下公序良俗の為略)
ブルーは、1回目は評価微妙だったが何かを感じたので2回目を見て、評価が上がったけど…
しょっちゅう登場人物消失は、演出の所為もあるけど。

いや、やっぱ無理ですよ白倉P。

うーん、甘く付けても50点。


いや、これだけじゃ一方的だ。
「それは事前から判っていた事だろう、だったら見に行くなよ(冷笑)」とか言われてしまう!(主にきょーだいに)
その通りだ、これらは判りきった事だった。
この人が書くと聞いた時点からそうなるだろうと予測通りの事だったのだ。
ならば、YELLOWの良いとこを探そう!
アタックライドゥ ポポポポリアンナ!

・音楽の入り方が、すごいかっこいい!バーンのとことか。
・良太郎、脳内オンリー赤ボタン化、再び(他のも居るでよ!)
・永徳氏祭だワッショイワッショイ。
・ウラタロス祭りだワッショイワッショイ。ウラタロス好きな人にはオススメ※注1
・モモタロス、1回だけ男前。
・劇場版の人々が出て来て豪華!※注2
・マスクの軟度が判った。
・愛理さんの良太郎に対する認識がはっきりした。
・海東の帰る場所があの場所だった。
・G電王の変身超おもろ。

※注1:なのか?一寸自信無い。個人的にはキャラ変わってると思ったから。
※注2:らしい。自分的には劇場版見てないのでその豪華さが判らない。わ~知らない人いっぱい出た~なんかはんぱにでっかいのいる~おもしろ~いくらいの感想
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。