スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「怖い絵 3巻」「田舎の刑事の闘病記」読了。


怖い絵の3巻を読みました。
1巻は面白くて、
2巻は「それはこじつけすぎじゃ…」な気分がして、
3巻は割と面白く読めました。
全巻通して、一番印象に残った――怖いというより、厭と思った――絵は、ルドンの「キュクロプス」(1巻収録)でした。
1巻表紙のいかさま師の顔も相当なものだけれど。
ベラスケス<教皇インノケンティウス10世像>による習作とかは普通に怖い絵なのだが、怖いと思わせようと描いてあるので怖くない。
でも、キュプロスは生理的に厭だ。
やっぱり、1巻に「これぞ」というものを集めてる感があるので、2巻のパワーダウンさは否めない。でも3巻でちょっと持ち直してました。


田舎の刑事の闘病生活
どうやらこれは2巻らしい。
(1巻は「田舎の刑事の趣味とお仕事」というそうだ)
タイトルにそういう情報が出てない為、2巻から読んでしまいました。
2巻からでも、なんとなくキャラ設定がわかったので大丈夫でしたが。
全体的に、台詞回しが固い。棒読みっぽい。
でも読みづらい事もない。
話も、どっかーんといった面白さは無いが、普通に楽しく読める。
2巻では、見た目が全く説明されてなかったので、どう想像したら良いのか解らない…とりあえず、黒川は生真面目でよく部下とか上司とか奥さんに泣かされてるけど有能。白上はバカ。赤木は腹黒。課長は能天気。署長は孫バカ。
舞台設定が田舎で暇ということになってるけど、結構物騒な事件が起こってる!こわい。
とりあえず、1巻も読まないと!








関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。