スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーOOO(オーズ)第二話@感想

■第2話感想
■超簡単ストーリー解説(一応反転)
刑事さんは、今のところアンクが憑いてないと10分も持たないで死んじゃうくらい重症らしいので、黙認するしかない映司。
そんなこんなでまたヤミーが出て来て暴れたのですが、ヤミーを倒すと出て来るメダルが優先のアンクと人命優先な映司はぶつかっちゃって、何だかんだで映司はアンクにオーズになって戦う代わりに「何時でも好きな時に変身できる」「メダルより人命優先!」を約束させるのでした。
で、刑事さんの妹に、まさか現在アンクに憑かれてますとは言えないので「今重要な事件追ってるので暫く帰れないけど心配しないでね」メールを送った映司でしたが、その直後にアンクな刑事さんと妹が鉢合わせちゃって「えええ!?」で次週へ続く。


■一言感想
大体こんな感じ。

・刑事さん急に眉毛が細く。
・アンクの声も、刑事さんが演ってる事に今気付いた。
・アンクは憑依体より腕だけの時の方がかっこい(後略)
・この泥棒さんたちはレギュラーなの?
・妹さんの今までのバイトはパワー系だったそうです。
・宇梶氏……がんばれ。演技力がんばれ。(映画「お父さんのバックドロップ」は好きだが――え?ラオウ?なにそれおいしいの?)
・2話目でこんながんばってCG使っちゃって、掴みとはいえ予算大丈夫なのか。
・アンクも、映司が死んでも他の奴探せば良いだけだろうに、結構お人好しなのか。
・「何この歌!」とか「かっこいい!」とか「タコタコタコ!」とか、映司は視聴者が思うだろう事を口に出して言う。だから感情移入し易い。
・…で、そのタコの缶は飲めるんですか?
・タコに助けてもらっていたが、さっきは落ちても平気だったじゃないか。
・おにいちゃんの髪の毛が金髪になった事は超スルースキルな妹。豪快。
・妹とおにいちゃん、もっと引っ張るのかと思ったらもう出会った!相変わらず引っ張らない脚本だ…!
・今週の評価 うーん、今週はどちらかというと主人公の人となりとかグリードの説明とかアイテムの説明とかの説明回だったので、物語的には割とふつう。
・で、グリードについては解ったけど、じゃぁオーズって何なんですか?
・鴻上ファウンデーションはどちらかというと悪側っぽい。利用し利用される間柄になるのか?
・メダルとベルトが別物なので、今回はメダルの増え方が「グリードが仲間になってコアメダルゲットする」パターンなのか「グリードぶっ殺してコアメダル強奪」パターンなのか、まだ判らない。電王の時は、ベルトにボタンだったのですぐ仲間になるんだろうと判別できたが…



イマジン超クライマックスツアー2010
9月21日発売だった~。

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。