スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「忍剣花百姫伝」を読む。

図書館へ行く。
何か固い本ばっかり借りちゃったので、軽そうなのを児童書の棚で借りてみた。

忍剣花百姫伝 全7巻

キーワード:
・時代劇ファンタジーもの。
・従者(隻眼忍者)×姫(男装)
・他の諸国は何してんの。
・時を駆けすぎる少女。
・皆すぐに記憶喪失になります。
・え…それって、敵が近付いて来てくれないと斬れないんじゃ……


以下、情け容赦のないネタバレ。


・そんな隻眼忍者な白鳥霧矢
$こんな感想はゆってはいけない(改)-霧矢
児童書で34歳×14歳とか正気か!と思ったら、案の定の展開で非常に残念でしたでもおいしかったですありがとうございました。
霧矢さんまごうことなきロリコンですありがとうございました。
・霧矢さんあれこれ…キャラ的には隻眼、黒髪、忍者、強い、男前、筋肉、初めから姫に想われてると一人勝ち気味。挿絵がどう見ても34歳に見えない。沈着冷静キャラかと思ってたら割とべらんめぇキャラ。親子丼。光源氏。女装癖。役に立ってるのか立ってないのか判らない。離れてるのかと思いきやほぼ離れてる振りをしてるだけ気味。主君(姫)に対してちょっと馴れ馴れし過ぎる嫌いがある(スキンシップ的に)。あのオチの霧矢さんだと、34歳霧矢さんのアビリティが全く付いてないので、もし付いて来ても足手まといになるだろう(酷)



関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。