スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「はじめの一歩」を読んだのでした。

以前の記事で、「漫画一気読みしすぎて知恵熱出た」と書いたのですが、
まぁ、何を読んだのかというと、
この数週間の流れから確実に「はじめの一歩」なのですが、
余りにも巻数が多いため、内容を知らないままの大人買いは危険と判断し、
朝の10時から、立読み上等の古本屋に行って来たのでした。
びんぼうしょうだね!

余談:知人との会話
知人「僕、マガジン購読者ですから!マガジンのスポーツ漫画なら大抵持ってますよ!(えっへん)」
私 「――はじめの一歩は持って無いじゃないですか…」
知人「だって!僕がマガジン買い始めたとき、すでに一歩80巻は出てたんですよ!(汗)そんなの集めようとか思う訳ないじゃないですか!(汗)」


気付いたら、飲まず食わずトイレ無しでぶっ続け読書で夜の9時になっていました。
じゅういちじかん…!
じゅういちじかんで70巻まで読んだ…!
一緒に行った友人(こちらはONE PIECE読破目当て)が、とてもこわかったです。
自分の集中力に、久々に驚愕した日でした。

しかし、翌日も友人は古本屋に誘ってくれた。良い奴。
翌日で、とびとびで92巻まで読みました(揃ってなかった)

これで漸く、かっこいいMADを見てからというもの、暴走気味オーバーヒートしていた「一歩ってどんな話なの」的知識欲も落ち着きました。
な~るほ~どね~。
今は、なぜ、面白くなくなったと言われるようになったのかという理由を考えるのが楽しいです。
(それはファンに殺されないか)

■そのうちファンに背後から刺されるぞ的な、独断と偏見で贈る私的登場人物解説
こんな感想はゆってはいけない(改)-いっぽ$こんな感想はゆってはいけない(改)
☆幕之内一歩
なんだか美味しそうな名字の主人公。オトメンの先駆け的存在(時代を先行している)。いじめられっ子だったらしいが、そもそも髪型がいじめられっ子っぽくない。その悪魔の様なハードパンチより、インド神話の悪魔マーラからリングネームを取った「ビックマーラ」というリングネームを付けられそうにな――嘘ですごめんなさい。
初っ端からサンドバッグ叩いて拳の皮がズル向けになっても「わ~気持ちいい~」とキャッキャしていたので、根っからのMだと思われる
主人公なので、基本的に負けないのが前提。だから試合にいまいち緊張感が持てなゲフンガフン。
知人により、事前に「宮田君が大好きで大好きで殴られたくて殴られたくて追い掛け回してる」との説明を受けていたのでどんな変態かと思っていたが、実際に読んでみると、どうやら宮田宮田言ってる割には真の本命は宮田ではなく鷹村らしい。「どっちにしろ変態じゃねーか!」とツッコミが入るところだが、ちゃんとガールフレンドの久美ちゃんがいるので大丈夫です(何が)

$こんな感想はゆってはいけない(改)-たかむら
☆鷹村守
よく私に「たかむらかおる」とか「たかいわさん」とか間違えられる(要らない情報)
ボクシングの天才。現在世界チャンピオン3冠王くらい?実は鷹村財閥の次男坊だが勘当中。4人兄弟。最終学歴は高校中退。鴨川会長(と書いて「ジジィ」と読む)大好きっ子。
ほうれい線、額の皺、下あごを突き出す、昭和初期漫才なスーツのセンス、変なリーゼントが特徴。特にリーゼントは謎が多く、嵐の中でも雨に濡れても崩れない。多分ナマコか何かを乗せている。それか、堤幸彦ドラマに出て来るモザイク的な何かしらが乗っていると思われる。基本変顔。どう見ても10歳はサバ読んでいる。が、一端切れて前髪がおりると作中一の男前に。ケンカ売ってんのか。
一歩をボクシングに引き入れた張本人。その責任をちょっと感じていたのか、何かと言うと一歩の世話を焼いていた。そんなツンデレ初期鷹村戻って来い。旅に出るな、部屋に呼べ、ご飯食わせろ、泊めろ、ビデオ見せろ、ボクシングファン読ませろ、ついでに人間味も見せろ!練習と試合は真剣な姿を見せてくれ。
現在の鷹村は今やツンばっかりでデレの無い理不尽大王、下ネタ星人、ボクシングをしてれば格好良かった姿も見る影なく、イーグル戦までで貯金してた好感度を擦り減らして生きている。 というか、作者も鷹村もてあまし――ゲフンガフン。年に一回くらいは格好良いあんたが見たいんだ俺たちは!
どちらにしても現在超人街道まっしぐら。奴には日本は狭すぎるっぽいので外国に行けば良いのにと思うが、鴨川ジムのために(というか鴨川会長のために)出ないんだろうな。そのうち志半ばで死にそうで怖い。
何だかんだで、作中の人(男限定)みんな鷹村大好きです目を覚ませ。ちょっとした鷹村ハーレムだねヒューヒュー。しかし本人は無類の女好きなので嬉しくないと思われる。それにしても、やたら一歩をホモだホモだと言っていたが、体育会系と銘打たれた奴の行動の方がよっぽどホ(以下自粛)。そんな彼の最近の流行は下半身丸出しのようだ捕まえてくれおまわりさん。
しかし、トレードマークの胸の3本傷跡が、原作で20巻を超えてからやっと付いていた事に驚いた。遅! なぜその半端なタイミングでとーとつに傷跡付けてやろうと思ったの作者!それに、そういうエピソードって、普通主人公が会わないか。作者は私の理解の範疇を超えた。
気になるのは、やたら片目を瞑ってるシーンが多いので、両目の視力が極端に違ってるんじゃないのか?とチラッと思ってしまったが、どう考えても考えすぎです。

こんな感想はゆってはいけない(改)-あおきむら
☆青木・木村
いまだにどっちが木村でどっちが青木だったか、迷う。
いっつも判定負けか引き分けてるイメージ。キャラデザ的に明らかに格下な相手にもそんな感じの戦歴。リアリティを追及されるが故に、非常に地味な戦歴となってるのか?そんなの良いから偶には格上相手にK.O勝ちさせてあげてください。
青木の方はスルースキルを持ち合わせてないので、やたら鷹村の下品な攻撃に真っ向被害を受けまくっているが、たとえ弱くても手に職あり、稼ぎの有る彼女ありなので、人生計画としては鷹村より上を行っている。それを心の支えに一生懸命、日々を生きていって欲しい。君とボクとの約束だ。
木村は、青木よりも良い試合をさせてもらってる率が高く感じる。顔か、顔なのか!
名字イメージとしては、木村の方が「青木」ってカンジがするし、青木の方が「木村」ってカンジがする。それが混乱を招いている。
鷹村の最大の被害者である彼らだが、何だかんだで鷹村の事が大好き。なんだこれ。

こんな感想はゆってはいけない(改)-みやた
☆宮田
出るたびに、下睫毛とキラキラ感が増している。お母さん似ですか?
一歩のライバルだが、何だかんだでこの人も鷹村>一歩。そしてパパ>鷹村。
それを考えたら、唯一心を開いてた鷹村(パパ談)が、ある日突然ひょいっと連れて来た一歩に肩入れするわセコンドに付くわ、はては一歩の為の試合の相手させられるわそれが切欠で鴨川ジム辞める事になるわで、あれ、何か可哀相。不憫。これも主人公のライバルである宿命か。
兎に角、試合をしようという一歩との約束を守ることに専念していたが、それが吉と出たか凶と出たかを考えると、その後の遍歴を見るに、なんかやたら遠回りしなくちゃいけなくてマイナスのが高かった様にも思う。約束破って正解な気もしなくもない。だが、それを楽しみに何年も読んでた読者の心中は計り知れない。(私はにわかなので特に何も感じない)
ストイックすぎて面白みにかけるので、もうちょっと人生に余裕を持とう。

こんな感想はゆってはいけない(改)-じじい
☆鴨川会長
額のグルグル、剃り落としたい…!(ウズウズ)
最近は一歩ばっかりにかまってばっかで、鷹村放置気味です。もっと手綱取って下さい。
ちょっと選手(主に一歩)に無理させすぎじゃないか?一歩の選手生命短そう。

こんな感想はゆってはいけない(改)-ねこた
☆猫田
誰だお前!だれだ~おまえ!!(若い頃)
鴨川の親友兼若い頃のライバル。昔と顔が違いすぎる、何があった、特に鼻
変わってないのは口調だけだ。そもそも何処の出身だ。
ユキさんとの夫婦喧嘩か何かで顔面パンチ喰らう→鼻骨グシャグシャのルートだろうか。

こんな感想はゆってはいけない(改)-げろ
☆ゲロ道
既に本名を覚えていない。鴨川ジムでの一歩の後輩(元)。一歩ラブっぷりが凄いというか怖い。
「ボクシングde整形手術」の失敗例。ある意味、成功例。
ホークに殴ってもらってれば、男前になれてたと思われる。

こんな感想はゆってはいけない(改)-だて
☆伊達
28歳でオッサン呼ばわりされる。
てか、28歳ィィ!?(驚愕)
42歳とかの間違いだろう!!
全部入れ歯になったのかなぁ。


うーん、とりあえずぱっと思い出しただけを。


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。