スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ルームメイト」(今邑彩:著)を読む。

ルームメイト  今村彩:著(中公文庫)

今日は、
新聞の広告欄の紹介文に興味を惹かれたので、
文庫版の「ルームメイト
(今村彩)を読んでみました。

全394P中、
212p8行目でオチが全部読めちゃったひゃっほう。

ヒントくれすぎです!
親切。

でも「さよならドビュッシー」(中山 七里:著)は120p目くらいでオチが読めちゃったからな…
でもドビュッシーは、推理モノじゃなくてピアノ青春モノだから…どちらかというと…


とりあえず、感想結論としては、
「ホラー」というよりは、
「こいつら(登場人物)めんどくせ!」でした。

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。