スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画を見に行く予定です(公開期間に間に合うのか?)

で、何故映画館劇場案内を見ていたかというと、映画を見に行く約束をしたからでした。

これです。

劇場版アニメ 忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段

いや、正確にはこれではなく、実写の方です

元々、忍たま乱太郎には興味はなく、大体の登場人物は薄らぼんやりと把握してはいるものの、特に気を入れて見た事はないのですが、

1.監督が子ども映画とて半端や容赦は一切しないが子どもに優しい三池崇史(好き)
2.CMで食堂のおばちゃんの格好してCOOLに「お残しは許しまへんで」という古田新太(好き)
3.何か寺島進(好き)とか珍妙な格好をした鹿賀丈史とか異様に豪華な配役なんぞこれなんぞ。

これを見に行かずとして一体何を見にいかんやと。
我等一同の心はその時一つになったので御座います。

となると、まぁ、忍たまをちゃんと見ている訳でもなく、
最近はやたらキャラクターが増えたとも聞いており、
主要メンバー(乱太郎、きりまる、しんべえ、山田先生、モモタロス土井先生、学長、ゆらりの人、くのいちクラスの3人、若いか歳か判らない女先生)くらいしか判らないので、せめて映画に出て来るキャラクターはある程度予習しておこうかと、実写映画公式サイトを見たのでした。

そしたら、なんかホラー映画な人出た。
$こんな感想はゆってはいけない(改)ぎゃぁ。

この人を見た時の感想。

1.うわぁさすが三池崇史、子ども映画でも表現容赦無!
2.子どもこれ見てトラウマになるんじゃないのか。
3.というか大人でもこれ怖いだろ。
4.そんな三池崇史が大好きです。

個人的には、本気であのほのぼのが売り(かどうかは知らないが)の忍たまにいるのかこんな怖いキャラという疑問が生じ、個人的には非常に面白く感じたので調べてみました。
そしたら、ちゃんと居ました。忍たま進んでる!(驚愕)
しかも、人気キャラらしい。世界終ってる!(良い意味で)

その名も雑渡昆奈門。
勿論、周辺エピソードと関連人物も調べました。
結論。
$こんな感想はゆってはいけない(改)人気有るの解るわと。

この見た目(膿むほど酷い火傷痕が体中にあるので包帯グルグル)で、忍群100人を率いる組頭だわ、忍術学園の敵方なのに忍たま保険委員に助けられた事に恩義を感じて色々味方してくれるわ、義理堅いわ、強いわ、有能だわ、優しいわ、おちゃめだわ、おっさんだわ、飄々としてるわ、乙女座りだわ、部下に超慕われてるわ、くせ者(自己申告)だわ、保険委員の為ならエンヤコラだわ、何だこのチート

調べてるだけで好きになるこの恐ろしい設定コノヤロウ。
恐!恐ろしい子!

ちなみに実写版では谷原章介が演ってます。



関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。