スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯医者と地獄とセカンドオピニオン。

歯が痛い。
歯が痛いんだよ兄さん(byラーメンズ)

初めて、夜に寝られないほど歯が痛いという経験をしました。
急に。
否、ごはんを食べてたら突然に。
あいにく、痛み止めを持っていなかったので、その日は代わりに風邪薬を(これなら鎮静剤と眠り薬も多少含まれてる。あったま良い!と自画自賛しながら)飲んで、何とか寝ました。

しかし、仕事があるので、即日歯医者に行ける訳も無く、我慢する事数日――

痛くて震えが来るとか、もう、ナニコレ。
親方、ここは地獄だ(byおろしやこく酔夢譚(映画))

脳に近い部分が痛むと、本ッ当に何にも出来ません。
それが一週間前の話です。

そして漸く、先日歯医者に行きました。
思うところがあったので、今まで行ってた医者とは別の医者に行きました。

結論として、虫歯でした。
かなり深く、神経を取るか取らないかのかなりギリギリらしいです。
何とか神経を取らない処置をしてもらいましたが、痛みが続けば結局は取る事に為るそうです。
そして現在、恐ろしい事に、まだ痛い。
水やお湯でしみなくはなりましたが、周囲が腫れてしまっています。
歯に物が当たると痛い、食いしばると痛い。ついでに喉も頬骨も痛い。
ううむ、結局神経を取る事になるのか…
最新の科学技術より、神様の作ったポンコツの方が性能は良いと思ってるので、多少痛くても取って欲しくはないですが。

神経取るかもというのもショックなのですが、
もっとショックなのは、
今回虫歯だと判断された部分が、今まで行ってた医者では「虫歯じゃありません」と何度も言われていた事でした。
痛む時には、ひたすら詰め物をされてました。
(一時的には痛みは和らぐ)

私「――いや、でもなんか、まだ痛いんですけど…」
医者「下の歯が尖ってるから、上を刺激してるんでしょう」

信用してたのに…
レントゲン見せられながらこう断言されちゃ、素人の患者としては信じるしかない。
だってレントゲンの見方、わからない。

しかし、今までの歯医者に何となく不信感を持ったので、新しい歯医者に行ったという経緯です。
前の歯医者の処置を今の医者に説明すると、明らかに「何ソレその処置意味が解らない」という顔をされました。

結局、詰め物が割れて、下の虫歯部分が露出したので地獄を見る事になった様で。
どうしようもなくなってから発覚するより、何ぼかラッキーだったと言えない事もない。
かもしれない。
神経取られるかもだけど。

セカンドオピニオン、大事。

もう一度言います。

セカンドオピニオン、大事。

うーん、それでも、前の歯医者さん、デンターネットで5位に入ってるんだけどな。
勿論このランキング、遅くまでやっているという事以外に良い経験談を聞かないオの付く某歯医者が2位に入ってる時点で信用度が相当低いのだが。
思うに、前の歯医者さん、同サイドの評を見るにしても歯石取りとか歯周病とかそういうのに強くて、虫歯を見つけたり削ったりするのに極端に弱いのではなかろうか。
頑なに削ろうとしなかったしなあ。椅子も倒さないし。
銀歯が外れた時も、ホントに銀歯を再装着させるだけだったし。
歯医者の方針が「削りません」だったが、「削れません」の間違いじゃなかろうか。
歯石取るのは上手い、それは経験済み。
歯医者自身も、悪い人ではなさそうだった。
ただ、極端に虫歯の発見と治療に弱いのだろう。
(それは歯医者としてどうなのか?という疑問はさておき)

こんな感想はゆってはいけない(改)
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。