フォーゼ30話@感想

ブログデザインの新しいのがあったので変えて遊んでいたら、元に戻せなくなりました…
何時間もCSSを1から何時間もかけて組みなおせず、諦めて既存デザインを使う事になりました。
面白いんですけどこれ、文字が小さいのが不満です。

仮面ライダーフォーゼ
■30話超簡単ストーリー
なんだかんだで後輩2人は助かってライダー部に仮入部して、大杉先生がライダー部の顧問になりました。

■30話感想
$こんな感想はゆってはいけない(改)
フォーゼも残り18話、まだかまだかと待っていた大杉先生がやっと顧問入りしました。
待ち構えていただけあって、今週の大杉せんせいパートの胸がスカッと具合といったら…!

半年間も主人公達と全く分かり合えてなかったという長過ぎる前降りからの!

→とうとうライダー部の活動ばれた!
→怪物退治は理解するが、教師として校長に報告して部を解散させる気まんまん。
→怪物に襲われる
→怪物はフォーゼにしか倒せない事を理解する(説得されたのではなく、自ら理解)
→スイッチをフォーゼに渡す(和解)
→ライダー部の顧問になる事を宣言(和解)

大杉先生、超良い先生、超大人じゃないですか。
「学園の平和を守るお前らを俺が守る!」宣言ですよ。
超漢ですよ。なにこれかっこいい。
そうですよ、ライダー部の面々も結局は生徒なんですよ、子どもなんですよ。
まだ大人が守らないといけない存在なんですよ。
これから大杉先生は、逆に言えばもろに敵が上司の職場で動かないといけないので、自由の効く弦太朗達よりも危険な立場になると思われます。先生の誰かが生徒にスイッチを渡してる事も知っちゃってるし。心配。がんばれ。
バットボーイ佐竹先生とかキックの鬼先生とか、大杉先生に強力してくれればいいよ!
むしろ佐竹先生でてこいよ!(屮゚Д゚)屮 カモーン

ホント大杉先生パートはスカッとしました!
アンガールズ田中、演技上手いです。


$こんな感想はゆってはいけない(改)



一方、大杉先生に頑張りすぎたのか、ムスカゾディアーツパートが…

・先輩という存在に対して不信感を露にしている人間に対して、源太郎はあくまで「先輩」という態度をを貫いたので、「先輩」に不信感を持ってたのに結局「先輩」を頼っちゃったという着地点に落ちたのが残念。弦太朗には、先輩先輩言わずに、弦太朗として近付いて欲しかった。そしたら今回の、「先輩も先輩である前に一人の人間で、色んなやつが居るんだから、酷い奴だって良い奴だっている。だから先輩ってだけで拒絶するのは違うんだよ」っていう流れが解りやすかったと思う。
・ムスカが正気に戻るシーン(ゾディアーツが正気を失ってると元の体に戻れないという話は初めて聞いたぞというツッコミは置いておいて)で、「もう守るって言わない」だけで落ちたのが残念。ハルが「なぜ守るって言われたくないか」という理由が描かれてないので、説得力がかなり弱かったです。男としてのプライドが許せなかったの?くらいの理由しか想像出来ない流れなので、これじゃハルの人間性が浅く思えちゃいます。ハルを守ることによって、あの子が傷付いたり孤立したりしていたという展開があれば、印象違ったんだけどな…

色々残念。
そして、入学初日からクラスで大ハッスルしてしまったハルの高校生活はどっちだ。

ここに更に他の高校(昴星高校)まで舞台が増えたのですが、果たしてどうするんだろう?
あ、そうか、流星の代わりに昴星高校に行った交換編入生がアリエスなのか。
そこまで気が廻らなかった…うまいとこ突いて来られちゃった!
そりゃ流星がいくら探しても見つからない訳です。

今出てるホロスコープス…
リブラ、ヴァルゴ、レオ、スコーピオン、キャンサー、アリエス…あれ、7人って言ってたけど、まだ6人しか見当たらない。
あと一人、既に出てるのか?それとも理事長含めという数字?
既存の誰かがまさかの二重人格でジェミニとか……は、キッグナスの二番煎じだからやらないか。
それにしても、ホロスコープスは出入りが激しいので、全員揃うの無理じゃないかな~理事長先生!
(ダークネビュラから何れ連れ帰るつもりなのだろうか?)




関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する