ホワイトカラーseason1@視聴終了

全14話だったのが幸いした。
がんばった…!
11話くらいから失速した感がありましたが、面白かったです。

ちなみに、今期で見ているドラマは「リーガル・ハイ」と「ATARU」です。
前者は予算そんなに多く無さそうだけど、そんな事気にせず面白いです。
後者は、予算沢山貰ってそうだけど、嫌味なく使ってて面白いです。
両方とも役者陣がとても良いです。


以下、ホワイトカラーのネタバレです。


ホワイトカラー



こんな感想はゆってはいけない(改)
こんな感想はゆってはいけない(改)
こんな感想はゆってはいけない(改)
こんな感想はゆってはいけない(改)
こんな感想はゆってはいけない(改)

■ホワイトカラーの登場人物
・ニール・キャフリー:元天才詐欺師。何でも出来るよスーパーマン。元恋人のケイト大好き。しかしケイトケイト言ってる割には周囲の美女にもすぐに粉をかけてて何がしたいんだお前。バーグ夫妻の事も大好き。多分本ドラマのお色気担当。
・ピーター・バーグ:超有能FBI捜査官。奥さん大好き。部下が高学歴でも有能じゃないとブーブー言っているが、自分も回を進むごとにどんどん…おっと誰か来たようだ。
・エリザベス・バーグ:ピーターの奥さん。超良い奥さん。ピーター幸せ者過ぎる。
・モジー:ずっとモズと呼ばれてた気がするが気の所為か。超有能なニールの友人。おもしろキャラ。
・クルーズ捜査官:ピーターの部下。はじめは「ヒロイン?」なくらいの登場の仕方でニールとの掛け合いも多かったが、どんどん影が薄くな(以下略)。ニールを大学の論文に書き、ピーターを尊敬してFBIに入ったとかなんとか。
・ジョーンズ捜査官:ピーターの有能な部下。ピーター大好き。
・その他ピーターの部下達:とにかくみんなピーター大好き。
・ファウラー捜査官:OPRの人。どうやら黒幕らしいが、いまいち小者感が拭えないしピーターのが確実に上手なので、そんなに危機感を感じられない悪役。
・ケイト:ニールの元恋人。ニールに別れを告げたり追って来るように謎を残したり電話かけてきたり実はもう愛情が無さそうだったり何がしたかったのか一番解らない登場人物。ほんと何がしたかったんだ。
・アレックス:ニールの元仲間。元恋人?オルゴールオルゴール言ってニールに無茶を言う割にはあっさり返しに来たり、これまた何がしたいのか解らない人物。

■ホワイトカラーの良いところ。
・知的犯罪の捜査なので、死体も暴力シーンも出ない為、ファミリーに安心。
・知的犯罪もそこまで高度に知的な犯罪じゃないのでわかりや…おっと誰か来た様だ。
・レギュラー誰も死なない。
・ピーター夫婦マジ良い夫婦。ほのぼのする。
・ピーターの部下もマジ良い部下。ほのぼのする。
・ピーターへのニールの加速する懐きっぷり。ほのぼのする。
・ニールと友人モズの掛け合い漫才。というかモズ良いキャラすぎる。
・全体的にほのぼのするわ!

■ホワイトカラーの不安点
・ニールとモズが超天才オールマイティスーパーキャラの為に、危ない橋を渡ってても全くハラハラしない。
・「スーパーマンなニールを捕まえた」という矢張り超有能キャラのはずのピーターが、初めの内は「仕事では超有能!だけど日常ではちょい抜けキャラ」だったのが、どんどん超有能部分が目立たなくなって「抜けてて、仕事では時々有能キャラ」になった感。最終回に近付くにつれ、どんどん「ほんとに実力でニール捕まえたの?ニールが捕まってくれたんじゃないの?」と思えてしまうレベルに。
・最終回付近になると、如何にもキーマンっぽい新キャラが出て来て特に何もせず退場という「え、あなた何がしたかったんですか」という展開が増える(シーズン2に向けての布石を置きだしたという事なのだろうか)

そしてクリフハンガーで終った!
海外のドラマって、まさかクリフハンガーか打ち切りでしか終らないんじゃ…(戦々恐々)


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する