スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーバスターズ16話、フォーゼ37~39話@感想

ゴーバスターズ
■16話超簡単ストーリー(というよりキーワード)
陣マサトはアバターだったんだぜ!
エンターもアバターだったんだぜ!
2人とも本体は異空間にいるんだぜ!
■一言感想
・相変わらずEDのはっちゃけダンスに癒される。
・ヒロムたちとバディロイドの関係は「バディロイド=保護者、ヒロム=子ども」といった感だけれど、マサトとJの関係は「J=子ども、マサト=保護者」っぽい。
・Jは人間体のない戦隊メンバーなのだな。
・しかし、シンケンジャーの時も思いましたが、黄色と金って被ってないですか色っ。
$こんな感想はゆってはいけない(改)

小林脚本は、キャラ設定がブレないし話も整合性があるし論理骨折しないので好きです。でもそれが同時に「派手なハッタリが無い」という欠点になってる事も否定しません。
思うに、後者が作品に付いてるかどうかは、どうやらこの脚本を元にして作るステージである現場の力に左右されてるようです。
だからこそ電王(SA爆走、声優暴走、若手成長、現場ノリノリ)は化物化したんだな、と思う今日この頃です。若手は実質3人で後は全員ベテランとか、役者も凄く贅沢な布石であった。どの関連書籍を見ても、現場どう見てもはっちゃけてますありがとうございました。
ゴーバスターズも、ベテランの割合が高いので、これからどのくらい来るのか楽しみです。


……で、ウサダたちも歌うってマジですか?↓

特命戦隊ゴーバスターズ ソングコレクション サウンドミッション 2






仮面ライダーフォーゼ
■第37~38話
■超簡単ストーリー
アメリカからの転校生エリーヌの正体はアクエリアス・ゾディアーツ。弦太朗と友達になりましたが、エリーヌは理事長先生が大好きなのでホロスコープスです。そして宇宙飛行士になるのが夢です。学校内で宇宙飛行士の募集があったので参加しました。それにはライダー部の面々も参加してました。エリーヌはユウキの態度を「ふざけている、パフォーマンスばかり」と目の敵にします。でも何だかんだでユウキの良さを認めますが、理事長先生を裏切れないとアクエリアスゾディアーツとして弦太朗と戦います。で、負けます。でもダークネビュラ送りにはされずに記憶の一切を消されただけで終わりました。

■一言感想
・倒した後に、エリーヌを抱えて雨に体を打たれるフォーゼ、中の人の演技最高です。
・今回はなかなか切ない話でした。
・しかし、フォーゼとして見れば、今までフォーゼの戦いの前提としてされていた「スイッチの所為で悪い心が増幅されているだけなので、スイッチャー自身には罪はない」「だからこそ改心できない」「よって、倒す事=スイッチから生徒を解放する事=生徒を助ける事」という約束事を全部破壊してしまったお話でしたオーマイガ!
・今までのスイッチャーも、スイッチの所為じゃなくて単に奴等が元からダメ人間って事になってしまいましたよ大丈夫なのか(汗)
・ホロスコープスだから特別なんだよ、という良心的解釈をしようにも、そういう描写は一切出て来てないので出来ない…!


■第39話
■超簡単ストーリー
エリーヌが辞退したので、宇宙飛行士候補は弦太朗、賢吾、ユウキ、トモコになりました。そしてもう1人の候補の杉浦は生徒会の副会長でタウラス・ゾディアーツでゴルフが得意です。
そんな杉浦は、学校の校則強化を図ります。源太郎もJKも杉浦に負けて契約書を書かされて逆らえなくなりました。
ので、流星(というよりメテオ)が杉浦とゴルフ対決をする事になりましたで次週へ続く。

■一言感想
・今回も中島行方不明。
・あんだけ拘っていたエリーヌが「辞退」の一言で済まされちゃった!
・弦太朗、得意な事を「友達作り」にしておけば良かったんじゃないかな…
・ホロスコープスを探してる割には見付けても片っ端から首にしていく理事長の真意が相変わらず不明。
・杉浦先生の活躍マダ~?



原作が無いのに脚本家3人でほぼ分担してるという無理が祟り、残り10話を切った此処に来て骨組みさえフニャって来てる疑いのあるフォーゼ。
……このまま最終回を迎える悪寒が!
……まさか、すでに投げてないよね、きっとここから怒涛の中島展開が待ってるんだよね…?(ガクブル)
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。