ゴーバスターズ22話@感想

すみません、
眠たくて文章が支離滅裂だと思われます。
しかしタイムリミット…!



ゴーバスターズ DVD
■22話超簡単ストーリー
脱出ゲームをやってるビルに、脅迫状が届きました。「イタズラじゃないの?」と思いつつも、ゴーバスターズは出動しました。案の定、友達に「おれゴーバスターズのサポートしてるんだぜぇ」とドヤ顔をしたかった小学生のイタズラでしたが、たまたま敵方の新キャラのエスケイプがビルを襲いに来ました。
そして、なんだかんだでエスケイプを撃退して、イタズラ小学生は「今度からは嘘じゃなくてちゃんと自分の本質で勝負しよう」(意訳)と反省してめでたしめでたし。

■一言感想
$こんな感想はゆってはいけない(改)
・エンターさん、フェードアウトのピンチ!このまま離反してラスボスルートとかあるだろうか。見た目の派手さでも負けてますよエンターさん!
・ヒロム、それ、変装やなくて仮装や…!
・今回のストーリーの中心になった小学生、友人にとても恵まれていらっしゃった。助けてもらった事を失念して「何で嘘ついたんだよ!」って怒ってもよさそうなのに、なんという穏やかさ…!
・お友達が出来た方々だったので、小学生の葛藤はちょっと試練が足りず「ヒロムに解決してもらっちゃった」という印象になってたのがちょい残念。






仮面ライダーフォーゼ DVD
■第44話
■超簡単ストーリー
ダークユウキを倒してユウキは元に戻りました。なんか賢吾に不思議な力があるみたいです。
で次週へつづく。

■一言感想
・最終回まで後4話の時点で、ライダー部の絆はこんな感じなのか…モヤモヤ。
・人の心の負の部分についての対応の仕方、どうにもモヤモヤ。
・今まで友情だの絆だのを強調してきたのだから、せめて「ユウキもダークユウキもどちらもユウキだ!俺はお前を全部受け止める、それが友達だ!」くらいの事を弦太朗には言って欲しかった。「ダチの悪いところを直す!」って、この状況で使えるとは思えない。このシュチュエーションでその理論でこの結果だと、極端に言えば、「お前はおかしい、だから脳のその部分を切除する」ってことになってしまう。どうしても直したい癖とか習慣とかじゃなく、これ、人格の話なのに…
・ユウキの人格の一部って設定じゃなくて、ユウキと全く正反対な要素で出来た鏡の中の裏ユウキって設定とかだったなら、ここまで辛くなかった気がする――ライダー部がまるでリンチしてるようなシーンも、最後にダークユウキが消滅させられるシーンも、ダークユウキの厨二病な台詞回しも、理事長のお稚児さんみたいな扱いも…

仮面ライダーフォーゼ クライマックスエピソード 31話32話ディレクターズカット版 [DVD]

仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX ディレクターズカット版【DVD】

仮面ライダーフォーゼ スペシャルイベント 天ノ川学園高等学校 春の学園祭スペシャル【DVD】





関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する