スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画感想@「未来警察」「武士musa」

香港映画と韓国映画。


アメイジングD.C.
発売日:2012-08-03


個人的に面白かった度☆☆☆☆☆
家族で見て無難度★☆☆☆☆
相方と見て無難度★☆☆☆☆
友人とキャッキャ言いながら見る度★★★★★

■超簡単ストーリー解説
未来警察が過去(=現代)にタイムスリップして、悪者と戦うおはなし。
その過程で、未来警察の主人公の奥さんが悪者に殺されたりロボコップみたいなのに改造してもらったり現代で彼女ができたりいろいろ。

■一言感想。
………なんだこれ。
な ん だ こ れ え ぇ ぇ。
久々に見た「なんだこれ映画」!
21億円使って何作ってんだ。
$こんな感想はゆってはいけない(改)
まずこの映画のターゲット層が解らない。敵は単純な犯罪者で犯罪もごく単純で子供向け。話にちびっ子が絡んでくるあたりの展開も子供向け。でも、主人公は奥さん居て子ども居てさらに奥さん死んで彼女ができるという、年齢設定も境遇も大人向け。ほんとにどこ層に向かって作ってるのか。
ワイヤーアクションも、ニチアサ特撮のワイヤーアクションのが良いんじゃ…これはひどい。
そもそも、未来警察の最終形態が正直ガッタガタ。額から上が大き過ぎる。首がポキッといきそうなくらい細い。体のバランスがガタガタなフルCG。
もちろんストーリーもツッコミ所満載。
キャラクターの誰にも感情移入できませんでした…
どうしよう、ほめるところが見つからない。
あえて言うならば、香港映画のそういうところを楽しめる人のための映画、か?
見事に2時間盗まれました。

アンディ・ラウなにやってんのアンディ・ラウ…と気付いたら3分に1回呟いてた…




ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2004-08-05


個人的に面白かった度★★★☆☆
家族と見て無難度★★★☆☆
相方と見て無難度★★★★☆
友達とキャッキャ言いながら見る度★★★☆☆

■超簡単ストーリー解説
明に韓国の使節団が行ったけど拒否られた上に流刑にされました。その途中でモンゴル軍に捕まってる明のお姫様を見つけたので、助けてこれを口実に明の王様に会って貰おうと思いました。お姫様を奪取成功したのはいいけど、モンゴル軍が何処までも追ってきます。困ったなーどーしよーというお話。

■一言感想
家族で見るには、残虐描写が多いかな……血が凄い。腕も首もびゅんびゅん飛んでる。
韓国映画ってあんまり見なくて、確か見たことあるのは「火山高」と「グエムル」くらい(すごく偏ってる)
でもこの映画は、韓流大好きな知人の友人が知人に勧め、韓流に興味ない知人も「主人公がかっこよかったから是非見てみて!」と言って私に勧めて来たから見てみました。
確かに主演2人は男前でした(この2人が服取り替えたらどっちがどっちか判別付かないが)
寧ろ、弓の人とかモンゴル将軍とかバカボン将軍のお目付けとかといった方が脇役が格好良かったです。キャラが。
映画としては、キャラクターは立ってました。使節団の護衛の中でもエリート軍と位の低い軍がいて、位の低い軍の方が断然有能とか。元奴隷がチートキャラだったのがちょっとご都合主義っぽいかな~とか思いましたが、やはりキャラは立ってました。一昔の少年漫画の様。お坊さんが途中から付いて来るんだが、絶対付いてくる相手間違えたよね!一人だった方が無事に帰れてたよ!とか、モンゴル将軍も元奴隷に拘ったために一体何人部下死なせてるの、早く目を覚まして!とか。
如何せん、ストーリーがもっと動いてたらもっと良かったなぁ。砂漠から黄河の側まで敵に襲われつつ移動しただけでした。
$こんな感想はゆってはいけない(改)
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。