料理本読了とゆるキャラグランプリでちょるるが2位なこと。

ゆるキャラグランプリ2012で、我が県のマスコットのちょるるが現在2位です。
おどろき!
私が一昨日くらいに見た時はまだ5位で、その時に周囲と「3位入賞は無理でもせめて現4位は抜いてみたいね」と会話していたので、同じくそう思った人が多かったのか?
なんか、急に2位に浮上したので、他県から「組織票だ」と言われちゃってるみたいですね~。
ちょるるは、テレビには全く放送されてないし自分のサイトやテレビコーナーとかを持ってるわけじゃないのですが、県内のイベントには大体顔を出してます。オンラインじゃなくオフラインです。だから他県にそんなに宣伝されてないですが、代わりに県民が身近に感じてるので結束して応援しやすいのかな。なにせ国体の時からずっと顔なじみだしね、ちょるる。

ちょるるの手足が長いのは、国体キャラだったので色んな競技のコスプレをさせないといけなかったからです。
ちょるるはコスプレしてた方がかわいいんですが…それにしても、このゆるキャラグランプリの写真のぶさいく加減…(w
頭の形もちゃんと写ってないじゃないかw





なんか、以前にふらっと寄った図書館で新刊の棚にあったので借りてみた本です。
理科の実験っぽくて面白そうだったので。

料理が大好きで味に拘った本格的料理とかサクサク作れてしまう人には全く必要ない本。
でも、別に料理がそんなに好きなわけじゃなくて楽してそれなりに美味しいもの食べれたら良いやという私の様な人間には正に打ってつけの本でした。スーパーで持って帰れるポリ袋というところがまた良い。
試しに、書かれていたポリ袋の使い方を適当に真似して、適当に鶏肉と調味料を入れて適当に本に書いてあった茹で方をしてみたら、それでもちゃんと食べれるものができました(笑)

今度はちゃんとレシピを見て作ってみよう。

味付けがほぼ醤油・砂糖・みりんのみの自分にとっては、この調味料を使えば、こういう風の料理になりますよというのが一目で判るのも、この本の利点。


「真空調理法を手軽に家庭で再現する」為の本です。
真空調理法って言ったら何かスゴイかんじですが、つまりポリ袋に材料入れて空気を抜いて煮ます。以上。それだけ。
やっぱり理科の実験みたいでおもしろかったです(笑

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する