ゴーバスターズ40~41話@感想

何かとバタバタした11月が終了し、久々のブログです。
バタバタの合間に「地球の王様」という舞台を見たり(面白かった!)、
ゲオのレンタル新旧全て80円に踊らされやたらDVDを借りてみて、ゾンビ映画2本とメリダとおそろしの森と長靴を履いた猫を見たら一番面白かったのがゾンビ映画の1つだったという奇跡を体験したり、
本を読んだりしていました。
ストレスたまりすぎて、気が付いたら部屋の棚を全て分解して組み直して新たな棚と机を作っていました。
この机素晴らしく使い心地良いです(現在使用中)

そんなこんなで、気が付いたら今年が後25日で終了します。
軽く恐怖。

ゴーバスターズ DVD
■40話
■超簡単ストーリー解説
エスケープが作ったメタロイドにメサイヤカードが合体しちゃって育ってしまいました。そんなメタロイドを倒そうとするゴーバスターズでしたが、Jが倒させまいと邪魔をします。
何でかなーと思っていたら、陣がこちら側に転送するのに必要なデータがそのメサイアカードに入っているからなのでした。
何だかんだでエンターがメタロイドからそのカードを分離させて、「これは切り札にしますよー」と言って持って行ってしまいました。で次週へ続く。
■一言感想
・Jが健気だは熱いは何時も陣の前に出るのは陣を守ろうとしていたからだとかJ祭りだったのは言わずもがな。Jコノヤローお前良い奴だなこのやろ!
・Jがメタロイドを庇っても、特命の全員が「Jに何か理由があるはずだ」とJへの信頼が全く揺るがないところが良い。陣と通信する黒木も、「Jのことだ、理由があるとすればお前(陣)だろう」とちゃんと虫チームを理解してて流石司令官、というか流石小林脚本。こういう細やかなとこが小林脚本の好きなところです。これが他の本だったら、黒木に「これはどういうことだ陣!Jをどうにかしろ!」とか言わせちゃってると思われる。
・黒木の陣との通信に、助けられなかったセンター長達への思いを見ました(幻覚かもしれないが)。だよな、黒木だって、本当は助けたいし、助けたかったんだよな……本当は何でもしたかったんだよな、もう助けられる状態じゃなかったとしても――司令官としての責務と決断重いな黒木ぃぃぃぃぃ!(涙)
・そして黒木の申し出を断る陣が、暗に「自分はもう助かる段階じゃないから」と告げていて陣んんんんんん!(涙)
・「お母さん達も――」と思わず言っちゃったヨーコオォォォォォ!(涙)
うわあああああああんウヴォアァァ(注:泣き声)
・最後に、センター長達も帰って来てめでたしめでたしになれば良いな。全員もれなく幸せになれチクショー!

$こんな感想はゆってはいけない(改)

■41話
■超簡単ストーリー解説
ピンクバスターと名乗る泥棒がいました。
メサイアカードを盗みました。
そのカードが成長してみんなを襲いだしたので、ゴーバスターズに協力しました。
何だかんだでメサイアカードも破壊し、ピンクバスターはヒロムに「今度は貴方のハートを盗みに行くわよv」(意訳)という手紙をくれました。

■一言感想
・うん、警察に突き出せ。
(以下ガッカリ感がほとばしるので反転)
・「悪い奴からなら盗めば即ち義賊」とか理論が乱暴すぎるし寧ろこれスリルを楽しむ金持ちの道楽的犯行ですよねとか、「一千万円のカード、それは素晴らしいですわね」と盗むものを録に調べずに行き当たりばったりで盗んじゃったので「価値があるらしいからエボラウィルス盗んでやったぜYear!!」レベルの知性しか感じられないし「危険なモノほど価値がありますのよ」と更に知性の無さを上塗りしちゃうし、カードが育ってモンスター化したのを見て「やべっホントに危険だった!」と自分が犯した事の重大さに気付いたのにそれを隠した上でヒロムを騙して協力させようとしちゃってる姿はどう見ても自分の責任に真っ向から立ち向かえない卑怯者ですありがとうございました。しかも要するに「今回捜査に協力したから今までの盗みはチャラなので出頭する気は毛頭ございません寧ろ貴方のハートを盗みに行きます☆」な手紙とかなんだこの神がかったガッカリ感。見た目のこれは無いわな変装も相俟って非常に残念なピンクバスターとかもうある意味凄い。これだけイラッとさせるキャラを作れる才能凄い。
・ヒロムが個人的な判断で犯罪者を見逃したのも凄い。お前どんだけ偉かったんだ。
・「自分も大事な宝物を悪人に奪われた過去があるので、悪人が不当な方法で奪ったお宝を元の持ち主に返してあげる為に盗みを働いていました。そしたら目的のお宝と一緒に偶然カードも一緒に盗んじゃいました。のでゴーバスターズに追われる事になりました。逃げてる途中でカードがモンスター化しました。カードの正体が判ったのでゴーバスターズに協力しました。その過程で、お宝を警護してたガードマンが首になったりしてるのを見て、自分のやってる事も結局は人に迷惑をかける盗みに過ぎないんだと反省しました。ので完全に足を洗いました。今度は新しい私になって貴方のハートを盗みに行きます☆」という無難な展開じゃ、ベタすぎるからダメだったのかな。



>>>小説仮面ライダーシリーズ(講談社キャラクター文庫)

特命戦隊ゴーバスターズキャラクターブック

特命戦隊ゴーバスターズ ソングコレクション サウンドミッション 2






関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する