映画「レ・ミゼラブル」見ました。

ジェネオン・ユニバーサル
発売日:2013-06-21




レ・ミゼラブルを見て来ました!


>>>映画「レ・ミゼラブル」公式サイト
個人的面白かった度 ★★★★★
家族と見て無難度 ★★☆☆☆
相方と見て無難度 ★★★★★
友人とキャッキャ言って見る度 ★☆☆☆☆

これは絶対に映画館で見るべきだと思いました!
家で普通の音でテレビで見るの、これは勿体無いです。
予告編の編集が凄くて本編が大したこと無かったというパターンが結構あるのですが、これは予告編の期待度を裏切らない。

原作未読、ミュージカル未見、ストーリーは薄ぼんやりと知っている程度で行ってきました。
古典だし、教養がある人が面白いと思う話なんだろうな~と侮っていましたが、私なんかでもちゃんと面白かったです。
おかげで脳にヘンなスイッチ入ってしまいました(下図ネタバレ落書き参照)……しかし、久々にスイッチが入るほど面白かったのでした。
普通の台詞一切無しで全てが歌なのですが、普通に喋ってていきなり歌いだす事が無いので却って違和感を感じず。

――否、余り良かった良かった連呼していたら、これから見に行く人がハードル上げ過ぎて本編を楽しめない状況に陥るかもしれない。
えーと、けっこうつっこみどころもまんさいだよ!
だから映画デーとかの割引デーにふらっと見に行ったりとかどうでしょう~。


※以下感想。
※本編に本気で感動した人は閲覧注意。











↓スイッチが入ってえらい事になった感想らくがき。

こんな感想はゆってはいけない(改)

こんな感想はゆってはいけない(改)

・もう最初の船着場のシーンで圧倒される。
・みんな歌上手いいぃぃぃぃ!!
・三日待っても戻って来なかっただろうから、ある意味ジャベールの判断は正しかった。
・何だかんだでマリウス、結局は「おぼっちゃんの軽い運動参加」だったんじゃないのか。後を引き継ぐ気更々無い上にあっさり実家に帰って結婚に浮かれてるところ見るとどうもそうとしか思えない。このおぼっちゃんめ。
・コゼットよりエポニーヌ派。エポニーヌのが天使に見えた。
・宿屋夫婦がスウィニー=トッドの人にしか見えない罠(※同一人物です)
・フォンティーヌのパートが色んな意味でなまなましかったです。うわぁ… そういえば当時は、差し歯に人間の歯を直接使っていたのでした(だから売買が成立する。主に使うのは金持ち。勿論衛生上に問題有り)
・サンタさんがああああああ。
・コゼットはマリウスよりバルジャンと結婚しろよおおおおお。
・これが少年漫画だったら、バルジャンとジャベーヌ警部の間に友情とか芽生ただろうに…。
・映画のタイトルの子どもの絵は、コゼットだったのか。ガヴローシュかと思ってました。

原作を読んだら、また違った側面が解るのでしょう。
また違った感想になると思われます。
光文社古典新訳文庫は、はやくレ・ミゼラブルを出して下さい。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する