ゴーバスターズ最終回感想@涙腺崩壊中

ゴーバスターズ DVD
■最終回超絶簡単ストーリー解説
陣の本体を使ってヒロムからバックアップデータを消去、代わりに陣は消滅。でもエンターを無事に倒して、13年の戦いにピリオドが打たれました。陣亡きJは森の管理人に、リュウジはエンジニアに、ヨーコは女子高生に、ヒロムは「さてこれから何をしようかな!」でおわり。

■最終回感想
涙 腺 崩 壊
・ショックで情緒不安定が数日続くくらいの衝撃っだった陣消滅
・というのも、陣の見た目がアレだったし、寧ろヒロムたちとよくキャッキャしていたので、陣の属性を、何となくパパサイド(13年前の事件の人柱)というよりヒロムサイド寄り(事件の所為で失われた13年を報われさせたい)に見ていたのでした。
・「帰還を諦めない」と言っていた奴を助けてあげられないとは…!
・しかし、今回感想絵を描くことで漸く落ち着いた…かな?どうやら自分の中で整理できたようです。
・とはいっても公式メッセージとかツイッターメッセージとか見てまた涙腺緩むのだが。
・陣消滅を感じ取る司令官に驚き、陣の幽霊を見る司令官にも驚く。お ま え ら そ ん な に 仲 良 し だ っ た の か … ! 思いも寄らなかった。だって黒木の方こそ、そんなそぶり殆ど…
$こんな感想はゆってはいけない(改)

状況的に、ああするしかないというのは理解出来る。
ただ、やはり、「失われたものは帰らない」というのを「パパ達ごとシャットダウン」で一回やってしまっているので、ここで更にさっきまでちゃんと生きていた陣(半死半生とはいえ)までも犠牲にされちゃうと「13年間どんなに努力しても無駄なものは無駄なんだよ!あきらめろ!」と追い討ちをかけちゃった様に見えて、子ども番組としてそれはそこまで希望をもぎとるストーリー展開で良いものなのだろうかいくら次世代に繋げる事が主題だとはいえ――と思わない事もないのでした。
陣自身は、「13年間余分に生きられた」として納得していた様ですが。
考え方が青いだろうか?
「人間はバックアップできない」「でも思いは続いていく」というテーマと、「命を大事に」というテーマは、両立できないものだったのだろうか。
みんな、物分り良く死にたがりすぎる…
もういいや青くて!
榊監督による松本出演映画楽しみだな!(実現するかは知らない!)


そういえばVシネはまだエンターやエスケープがいる頃の設定という噂を聞きました。
現行の舞台は、「劇場にデータの欠片があったから陣は来れた」という事らしいです。

<初回生産限定>スーパー戦隊Vシネマ 特命戦隊ゴーバスターズ 超全集版 [DVD]


特命戦隊ゴーバスターズ ファイナルライブツアー2013 [DVD]

<メモ>
■46話超簡単ストーリー解説
削除されたはずのエスケイプが現れて、熱暴走中のリュウジと戦いたいからってリュウジを熱暴走させまくってリュウジが大変なことに。それは皆で阻止したけど、やっぱり削除されたはずのエンターが現れてしかも生体を使ってメタロイドを作れるようになっちゃってて、エスケイプもエンターが花から作った事が判明して次週へ続く。
■一言感想:リュウジ=×お兄さん ○お父さん

■47話超簡単ストーリー解説
倒しても倒してもエンターとエスケイプが復活するのは、ヒロムの中にエンターのバックアップデータがあるからという事が判明したよ。
■一言感想:とりあえずクワガタが別クワガタでよかった。しかし変身後もそこにいたのだろうかクワガタ。

■48話超簡単ストーリー解説
エスケイプのバックアップデータがかなり初期のものなので、嘗てのエスケープじゃないエスケープにエンターはイライラして最終的に放置。放置されておかしい事になってえらい状態になったエスケープをリュウジが削除。一方ヒロムは自分の中にあるバックアップデータごと相打ち覚悟でエンターを削除しようとするが、無理なことが判明。
■一言感想:ヒロムを止めはしないが最後まで黙って共にあろうとするニックが男前過ぎてなにこれ。

■49話超簡単ストーリー解説
ヒロムの中にあるバックアップデータを消す為に、自分が犠牲になる覚悟をする陣。亜空間でエンターと決着を付けるために、エンターごと不安定な亜空間に飛ぶゴーバスターズで次週へ続く。
■一言感想:初期の頃、「お前達を犠牲にしてでも」と言っていた司令官。でも実際には「こんな事をさせるために…!」な司令官。陣の作戦も当然止められない司令官。司令官辛い。


>>>小説仮面ライダーシリーズ(講談社キャラクター文庫)









松阪牛サーロインステーキ200g×4枚桐化粧箱入りギフト【送料無料】≪放射線検査済≫

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する