スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簿記2級やっと受かったウェ~イ!

今回(日商簿記2級133回)の合格率は47%と脅威の高さ!
おかげで合格者の中に潜り込めました!ヤター。ウェーイ。
何回受けたんだって話ですが。

3級の時は、
サクッとうかる日商簿記3級商業簿記 テキストを3回くらい読んで、(ちなみにサクッとうかる日商簿記3級商業簿記 トレーニング はやっても試験問題を解く役にはあまり立たなかった)
合格するための過去問題集 日商簿記3級 をやったら1回で受かったんですが、



2級はそうも行かなかった。
2級も独学だったのですが、「試験1ヶ月前から勉強を始める」を5回繰り返しちゃいました。
(※2回目以降は初めの2週間が前やった事を思い出す作業だったので効率悪い事この上ない)
2級の時に使った教材は、
サクッとうかる日商簿記2級商業簿記 テキスト
サクッとうかる日商2級工業簿記テキスト
(トレーニングは3級の時の事があったので買わず)

合格するための過去問題集 日商簿記2級

今回の新顔、
日商簿記2級 プラス8点のための問題演習

プラス8点は、テキスト読んだ後に過去問やって「意味解らんキシャー!」となった後に買ったんですが、これ私には解りやすかった。もっと早く手を付けとけば良かった。(実際買ったのは試験何回目かの後だった)
後は、TACだかとおるスクールだかの予想問題は毎回買ってました。
でも毎回、同じ様な予想だった気がする…(予想問題が4パターンあるので、毎度の優先順位が違うだけだった気が)
でもとおるスクールの予想問題(あてる TAC直前予想 日商簿記2級)の付録暗記カードの方が、TACの付録カードより使い勝手が良かった。

■2級の試験を受けて思ったこと。
・だんだん、問題というよりルールを覚えて挑むパズルに思えてきた。
・電卓の使い方はマスターしておいた方がいい(結構使える機能が付いてる)
・70点以上取れば合格。試験問題は5問。1~3問が商業簿記で4~5問が工業簿記。1問毎に、必ず「え、今まで過去問でもこんなの見たこと無いよどうやって解くの!」な引っ掛けが1つ入ってるので、「5問中3問完璧に解いて2問は捨てる」じゃなくて「1問中7割は解く」という考え方で挑まないとダメ。
・問題の引っ掛け部分は、間違えても他の数字と連動して全部数字が違ってくるような場所には組み込まれてない事が大半なので、解らなかったら悩んで無駄に時間を潰すより、無視して次に進んだ方が点が取れる。
・全部数字を出した後に合計が間違っても、とりあえず気にしない。合計部分は大抵点数は振られない。途中経過に得点が振られている。
・試験範囲が毎年少しずつ変わって来るので、テキストは毎回新しい方が良い。それか、変更が無いかちゃんと毎回ネットでチェックした方が良い(試験を何回も受ける場合)
・合格率が悪かった回の次の試験は、大抵合格率が上がっている→比較的受かりやすい問題になってるので狙い目。
・試験で得意な問題が出るか不得意な問題が出るか、ある意味ギャンブル(勿論全部完璧に仕上げてればギャンブルではない)
・過去問や予想問題をやった時に引っかかった引っ掛け問題は、全部書き出して、メモを後で見直せるようにする。そしたら自分がどういったところで引っかかったか思い出せるし、引っ掛けパターンも読めてくる。


ほんとは、過去問題5周くらいやったりした方が良いみたいですが。
私は1周であきた…(だからダメなんだよ)
1ヶ月を5回やるより、みっちり3ヶ月の方が効率が良かったんだろうなと思います――が、1人でやるには如何せん集中力持たない。3級の時は一緒に受ける仲間がいたので張り合いもあったのだが。やはり仲間大事。そいつだけ受かって自分が落ちるとか嫌だというネガティブハッピーチェーンソーエッジ。
それにしても、そもそも何で簿記受けようと思ったんだっけか、思い出せない。
2級が余りにも受からなかったので意地にはなっていたが、しかしそもそも数字別に好きじゃないし今の職種にも全く関係無い!
これから役に立てばいいけど、その頃には忘れてそうな気配がすごいな…


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。