映画「ブラック・ダイヤモンド」見た(ジェット=リー祭りその2)

ジェット以外のDVDも8本くらい見ました。
しかし終らない。


ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2003-09-05

個人的に面白かった度★★☆☆☆
家族と見て無難度★★★☆☆
相方と見て無難度★★★☆☆
友人とキャッキャいいながら見る度★★★☆☆
ハリウッドの放射能知識度☆☆☆☆☆

・全体的に普通。良くも悪くもそこそこ大味ハリウッド。それ以上でも無し、それ以下でも無し。
核兵器と放射能の扱いが雑すぎる!ハリウッドの知能指数が心底心配です!
・折角の多対一のアクションシーンも、なぜか他で行われているカーチェイスシーンと均等にブレンドされてるので、集中して見られない。勿体無い。
・折角のボス戦も、別に格闘家設定でもないヒロインvs敵ヒロインのキャットファイトのシーン(しかもラストは結局銃で「ドヤァ」)がなぜか均等にブレンドされ、更に主人公&娘vsザコキャラのドタバタシーンまでブレンドされてシーンがブチブチ切れすぎてやっぱり集中できない。「これも見て!」とブレンドしすぎて全部が薄味に。
・よって、売りのアクションシーンが、脚本の雑さを「こまけぇ事は良いんだよ!」と言わせるだけのパワーを持てず。残念。
・でも腕力だけで階下に下りるシーンは優雅。あれをやらされる悪夢を何度も見ている、昔から。原因はこの映画だったのか。
・知人はそれなりに面白かったと言っていた!
・ボスが渡辺裕之かと思ったけど違いました。
・主人公とスーはタメくらいの設定かと思っていたがそうでもなかったんだぜ!

$こんな感想はゆってはいけない(改)
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する