スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「キスオブザドラゴン」見た(ジェット・リー祭りor地獄その3)

CLIP STUDIO PAINT PRO
最近色付き画像を書いてるのは、↑のダウンロード版を入手した(否、私のダウンロードしたのはEX版の方か?)のでその練習も兼ねているのですが、くそ、確かに色塗りの感覚が段違いに良いですこのソフト。
直書きならフォトショより断然此方のが良いです。
私はヘタなのでせめて筆を選びたいタイプ。


ビクターエンタテインメント
発売日:2002-02-22

「もしもし、わたしリウ・ヤンよ?いま、あなたのうしろにいるの!」
こぉぅうぇえぇ~!(訳:怖い)

個人的面白かった度★★★★☆
家族と見て無難度★★★☆☆
相方と見て無難度★★★★☆
友人とキャッキャ言って見る度★★★★☆
おフランスがジェットを見る目が怖い度★★★★☆

■超簡単ストーリー説明
フランス警察との合同捜査のために中国からやって来たリウ・ヤンでしたが、フランス警察の警部が黒幕だったので、濡れ衣きせられるわ追い掛け回されるわヒロイン母娘も助けなきゃいけないわでさぁ大変。

■感想
・あ、これ「ザ・ワン」「ブラックダイヤモンド」に比べて断然面白い。ストーリーがちゃんとしてる。そりゃコメンタリーで俳優が「ヨーロッパ映画はストーリーがちゃんとしてる」って言う(禁句)
・それにしても、これだけ警部が好き勝手やってて、フランス警察は放置なの?おフランスってそんなにアバウトなの?でもタクシー運転手と事件解決するフランス警察もいるし、こんなもんか(国際的に多大な誤解を生む)
・この映画にはCGもワイヤーアクションも無しだそう。そしてワイヤーアクション、無い方がやっぱり良いやと確信した(今、何かを全否定した!)
・リンチェイのアクションの時は、カメラワーク少ない方が良いな…何故ならそれでなくとも速いのにカメラワークまでチラチラしてたら目が全く追いつきません勿体無い。
・すごく正直に言ってしまうと、リンチェイを見た時の印象は「鼻」だけだったのですが、見てるとどんどん格好良く見えて来ますねこわい。動きが全部重力を使わずに筋力で動いてます。そしてちまかわいくも見えてきてもう恐怖しか感じない。
・でも全部力技だけで勝ってる設定には無理があると思うのだが、どうか(知るか)
針万能。
・お隣の国だというのに、あのおじさんの葬儀の仕方というか風習が正しいのかどうか判らない。
・「はじめて人を信頼した」って、ヒロイン…綺麗な台詞ですが、ならなぜ子持ちなのか――貴女むしろ誰彼構わず信頼しまくったからこんな現況を招いてるのではないのか。そうじゃなかったら人生で起こった事全部犯罪に巻き込まれたのか。
・そういえば、昔の中国に対するイメージってこんなかんじだったな……

$こんな感想はゆってはいけない(改)
あ、前のシーンで手がガラスで切れてたので針を握れなかったから口で行ったのか。
今理解した(遅)
あれ?いやでも針を抜く時は手を使ってた。あれ??

余談ですが、アクションスターなのに全く脱がないジェット=リーを見て、「きっと脱いだら死ぬ病気なんだな」と思っていた(端的)のですが、公式サイトにて本人が、自分は背も低いし脱いでも凄い体してる訳じゃないというか世間の人の半分は自分より良い体してるから脱ぐ必要が無いみたいな事をコメントしていたそうです。調べた。
私としては、合気道の袴を脱いで欲しいのと同じ理由で是非見せて頂きたいですが(力の流れ方が見たい的意味で。エロス的意味ではなく)
だってジェット=リーの構えって、腕だけ描くにしても足先からの角度から知識が全部必要じゃないですか?いや描く機会は無いのだが。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。