スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「レッド・コマンダー」見た。(ドルフ・ラングレン地獄その3)

他のレンタル屋さんにてワンスアポンチャイナだっけか?がレンタルあった~。
他のラングレンDVDも見つけた~。
自ら苦行にまたも身をゆだねる事となった~。
わーい(吐血)



ポニーキャニオン
発売日:2011-03-09

個人的面白かった度★★★☆☆
家族と見て無難度★★☆☆☆
相方と見て無難度★★☆☆☆
友人とキャッキャ言いながら見る度★★★☆☆
ラングレンのドラマー姿アホほど格好良い度★★★★★


■超簡単ストーリー解説
何かロシア大統領とかアメリカ大使とかも見学する音楽祭があって、ドラマーのジョー(ラングレン)も出場バンドの1人として参加していたのですが、なんかいきなりテロリストに音楽堂が占拠されちゃいました。ので、実は元ギャングなジョーと唯一生き残ってたSPの人が、2人で頑張ってテロリストを何とかしちゃいます。

■一言感想
・ドルフ・ラングレン監督&脚本です。
わーラングレンのドラマー姿かっこいいなぁぁ!お世辞抜きに!
全編脱がないと死ぬ病気を発症しています。風邪引くぞ~。
・元ギャングでもやっぱりナイーブ。ナイーブじゃないと死ぬ病気にもかかってるのか。
・ジョーの正体について、音楽堂の外で待機してる警察が「まさかこいつも中にいるのか?!」みたいな反応をしていたので、邦題が「レッド・コマンダー」だし、てっきり元KGBか何かなのかと思っていたら、初めにジョーが説明していた通り普通に元ギャングでした。何なの、よっぽど有名なギャングだったのか?
・歌姫がジョーにいきなり興味持っちゃうのは流石に不自然じゃないかな――年齢的に!自分のパパくらいなのに!
・レポーターにぞんざいな扱いを受けるジョー…もうやめたげて!ジョーのHPはゼロよ!
・しかし、元ギャングな割に、1人だけで逃げ出さずにちゃんと生き残ってる人を救出に向かうジョー…その使命感は何処から来るのか。元ギャングなのに。そんな事できる奴が何でギャングとかやってたの。
弟と全然似てないな!!…本当に弟?
・相棒の生き残りSPの黒人の人が背が高いので、ラングレンが普通に見えて丁度良い。
・ストーリー自体は面白いのか面白くないのか良くわかんなかったが、この独特の雰囲気は好きです。
・しかし一番の問題は、このDVD、吹き替え付いてない。

$こんな感想はゆってはいけない(改)
関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。