スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「のぼうの城」見た。あとパスタの店行った。

凄い地元の話なんですが、山口市にあるアンシャンテというパスタ屋さんに行ってランチ食べました。
>>>食べログのアンシャンテのページ(情報古いな…)

パスタ(ランチ1580円)すごく好きな味だったし、ピザ(ランチ1480円)皮もちもちして好きだったし、付属のデザートもボリュームあったし、水がハーブとレモン入ってて最高だった(ビン2本分飲んでしまった。幾ら何でも飲み過ぎた)のに、ランチ時にお客さんが当グループ含め2組しか居なかった……(不安)
多分、駐車場がすごく狭いのがネック。
2~3台しか停められない上に、縦列駐車しか出来ないので停め難いことこの上ない。
軽でも辛い。
停められても、更に他のお客さんが停めた時に自分が出られるのか不安になる。

ので、お店は坂道の上の方にあるのですが(鮮やかな緑色をしているのですぐ判る)、坂の下にあるスーパーマーケット&ボーリング場の駐車場にこっそり停ゴホゴホから、ちょっと遠いけどテクテク坂道を上がって行った方が利口ゲホゲホ。
途中でケーキ屋さんがあるけど、それから更に上った所にあります。

ちなみにパスタランチはパスタ三種類から選択、
ピザランチもピザ三種類から選択、
そしてデザート&サラダ&ドリンクが付いてました。
私はオサレを気取ってブルーベリーティーとか飲んでみましたよすっぱいすっぱい。
その日はピザがトマトソース系を頼んだので、パスタはクリーム系をチョイス。
他にもハンバーグランチとかあった気がしますが、ピザとパスタしか見てなかったので思い出せない。
食べログの記事を見ると、以前はもう100円安かったのか…これ以上値上がりしないと良いなぁ。
1600円になると、途端に敷居が高くなるから…
あ、ランチやってる時間見ておけば良かった。

私は好きなカンジのお店なので、次に行くまでに無くなってて欲しくないがために記事を書いてみました。
あれかなー近所に大学あるのに学生とか行かないのかなー大学生には高いのかな。




Happinet(SB)(D)
発売日:2013-05-02

個人的に面白かった度★★★★☆
家族と見て無難度★★★★☆(でも結構流血あるし「手篭め」て単語が出るか…うーん)
相方と見て無難度★★★★☆
友人とキャッキャ言って見る度★★★★☆
原作より先に映画を見た方が良い★★★★★


■超簡単ストーリー解説。
忍城というお城がありました。そこの城代は「(でく)のぼう」と呼ばれる成田長親さんです。そこに秀吉から命令を受けた石田三成たちが2万人で攻めてきたので、のぼうたちは5百人(百姓含めたら3千人)で迎え撃ちました。
そして何だかんだで勝てはしなかったけど負けなかったよわーいでめでたしめでたし。

■一言感想。
・原作読んだ時は、のぼうは西田敏行(若)か古田新太か荒川良々、がんばってドランクドラゴンのつかじかなと思ってました(全員身長が足りなさそうだが) 野村萬斎だという事を聞いた当時、正直なところ、ガッカリした事は否定しない。野村萬斎を嫌いではないが、矢張り原作を先に読んでしまうと、「のぼうの城」成田長親とはイメージがかけ離れてました。
・ので、野村長親に慣れるのに2回の視聴が必要となりました。
・うーん、野村萬斎の演じる長親に「のぼう」という渾名は不自然だな~…付けるなら「おきつねさま」というか、エキセントリックではあるが、でくのぼうなカンジはしない。
・野村萬斎が1人だけ台詞回しが狂言でどこ時代の人?でしたが、周囲を良く見れば佐藤浩市も成宮寛貴も山口智充も、それぞれ本当に同時代に生きてるキャラなの?と思えるくらい雰囲気が違う。うーん。それがキャラ設定です!って言われればそれまでなのだが。各自は格好良いのだが、揃うと途端にチグハグ。
・三成方の方はバランス良かったです。でも大谷吉継しかかしこい人が居ないよ!www
・という訳で、映画ののぼう自身の魅力が良く理解できなかったので、百姓達の「のぼう様なら仕方ない、やるか!(笑)」「エイヤエイヤオー!」とか家臣の「やってやろうぜ!」とかを見ても、感動する前に「…なんで???」と思ってしまいました。そこがこの映画の評価の分かれ目なのかなぁ。
・水攻めの堤、想像以上にでかい!それはもう、忍城の本丸からも石田陣営からものぼうの田植え踊りが豆粒にしか見えないくらい!というか本当に双方見えてるのか!?
・小説ではスルーしてしまったが、映画は戦の残虐さが分かり易く描かれてる。のぼう側にも犠牲者が出るし、百姓が笑いながら敵に掛かるシーンは正直恐怖。和泉なんか名乗りを上げた相手に名前を返さず無言で串刺しにしちゃうし、靭負も火を付ける時に笑ってる。怖い。味方に犠牲が出る事を考えずに戦をしたがる三成も怖けりゃ解ってて受けるのぼうも怖い。やはり戦って怖いなぁ。
・戦い方も原作と変わってます。
・という風に、原作を先に読んでしまうと矢張り違和感が否めなかったり不満があったりもするのですが、映画ならではの良いところもあるのでプラマイゼロかと思います。
・結論として、3回見たら面白かったです!

$こんな感想はゆってはいけない(改)

原作のがやはり好きではあるが!





サクッとうかる2級建設業経理士 テキスト
関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。