読了「聞かないマスコミ答えない政治家」

運動不足を感じたので、一週間前からとりあえずストレッチはじめてみようと思い、始めてみました。
兎に角尋常じゃなく体が固いので、ストレッチの参考文献はこれ↓です。
著者 :
日東書院本社
発売日 : 2013-01-18

体が固い人用のストレッチ本は結構出てて、図書館で色々取り寄せて検討してみたのですが、この本が一番からだが固い人の事を解っていらっさいました。
「体が固い人用」と銘打っておいて、出来るわけないだろこっちの体の固さなめんな!といったポーズばかりの本の何と多い事か。
まず、人類全員が、ヤンキー座りできるとかあぐらかけるとか、思わないで?(≡^∇^≡)

で、一週間この本に従ってやってるわけなのですが(とりあえず寝転がってやるポーズ全部やる→座ってやるポーズ全部やる、の流れで)関節の稼動域が明らかに広がりました。
すこぶる調子良い!
ストレッチって気持ちいいんだなと初めて知りました。
拷問じゃなかったんだな…

しかし、ストレッチに時間をとられて(気付いたら2時間してる)、ブログ書く時間も落書きする時間も読書の時間もなくなってる~。


■そんな中で面白かった本
著者 : 池上彰
ホーム社
発売日 : 2013-04-26

2012年の衆議院選挙特番の時の話がおもしろい!
あの特番は――実は私は少ししか見ていなかったのだが――ちょっと普段の特番と違ったカンジで確かに面白かった。選挙特番なのに。
候補者の説明に「カレーに異常な執着」とか。

その話を取っ掛かりに、マスコミのインタビューとそれに答える政治家、という図式のなかで、如何に質問や答弁から真意を引き出せるか、という話になる。
ただ、それをテレビで見ている側(視聴者)にも、どうやら真意を読み取るだけの知識とかしこさが必要だと思いました……何故なら、本の中で例文としてあげてるやり取りから、池上さんが解説している「そこに含まれている意味」に私はさっぱり気付けませんでした~

例えば、谷良子が柔道家として選挙に出た時に、池上さんのインタビュー一言とそれに対する谷良子の一言で、

1.谷良子が政治活動に明るくない事が表面化
2.谷選手の選手生命が絶たれる

――とかが解るとか起こるとか解らないです!
説明されて始めてわかる、そのインタビューの恐ろしさ!


質問と解答から真意が読み取れるようになれれば、ニュースがもっと面白く見られそうです…



関連記事