「キルラキル」見始めました。

キルラキル

中島かずきが脚本だという事に今更気付いて、「キルラキル」見ました。
>>>キルラキル公式サイト
昨日の17話ははじめてのリアルタイム視聴!
最後の展開は、安定の中島かずき!
当初から皐月様はそうだと思ってましたよ!
予告ではママンはお元気そうでしたし、不死身か何かですか?

1話を見た時には、パワー押しだな~でもまだ一寸足りないな~風紀委員でっかいな~というか全員名前覚えられねェ!という印象でしたが、
挿入歌の入り方のかっこよさが半端なくて吹っ切れました!
今は、世界観にも慣れて楽しく視聴してます。
やはり、音楽の力って大事。

「キルラキル」オリジナルサウンドトラック
その後、すぐにお店に行ってサウンドトラックを入手。
一曲目の「Before my body is dry」がその曲です。かっこいい。
しかし、歌詞(英語)が流子と鮮血まんまだったのには笑ったwww

それにしても、流子と皐月の男前さは異常。
生きてる感がすごい。
しかし、この物語の一番の危険人物は、縫でも皐月のママンでもなくマコのお父さんです。
闇医者とか生かした数より殺した数のが多いとか、そういう事以前に、自分の娘と同い年の女の子を性的な目で見てちゃダメだろうと!
風呂のぞくとか!鼻血ブーとか!
禁!止!禁!


以下、あんまり本編に関係ないし妄想が過ぎたなとちょっと反省したので畳んでます。
いわゆるWパロです。
こういうFC2の機能って好きですよ。

ヒドイつづき。

中島かずき脚本ということで、舞台俳優クラスタの脳内である自分の脳内ではこの様な変換が起こりました。

rakugaki-159.jpg
rakugaki-160.jpg

ほら、あれです、自分、劇団新☆感線好きだから…
でも見たことあるのは、ほぼBSでやってた昔の舞台だけど。
実際に見た事あるのは「花の紅天狗」と「レッツゴー!忍法帖」と「鋼鉄番長」です。

あと、鮮血の声が関さんだったので、電王クラスタでもある自分の脳内では変換もおこなわれる。
キルラキル電王2
サイテーだ!
この後、ハナさんにボコボコにされるまでが一連の流れです。
ハナさんもジークかキンタロスで――と思ったのですが、良太郎で既にハレンチだったので断念。
というか人道的に断念。
というか正気にもどった。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する