スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

windowsXPから8.1へ!Vaio Fit15を買いました~デジタイザースタイラスペンの為に~

※タブレット仕様でのデジタイザースタイラスペンの筆圧ドライバについて追加記事を最後に追加しましたので上げ直しました。

【2014/2/22】

この度、長きに亘ったWindowsXPより、Windows8に買いかえて更に8.1にグレードアップしたのでした。
XPのサポートも終了するし、4月の消費税8%も地味にボディーブロー。
ずっとXPを使いたかったのですが、やはり惰弱性が問題視されてるみたいです。
こういう本も出てるみたいですけれども、
Windows XPを安全・快適に使い続けるための本 (2014年4月8日 マイクロソフト公式サポート終了!)

やはり賛否両論らしい…(むしろ否の方が多い)

ニュース>>>「 サポート終了後も「XP」を使い続けられる! 「安全・快適」うたう「指南書」めぐり賛否両論

で、sonyのvaio fit15にしてみました。
ソニー SVF15N18DJS VAIO Fit 15A
CPUタイプ Intel Core i7
CPU速度 1.8 GHz
RAM容量 8 GB
HDD容量 1 TB
OS Windows 8 64bit

店頭で発売当時16万だったのが、只今決算&sonyのパソコン撤退?ニュースにより購入時は14万に。
そしてたった今amazonを見たら12万5せ――……負けない。
vaio Duo13と迷いましたが、画面の大きさでこちらに軍配が上がる。

なぜこれにしたかというと、デジタイザースタイラスペン対応だったからです。
どうせなら試してみたかったので!画面に直接という感覚を!!
だからペンもsonyの純正の買いました。
ソニー VGP-STD2 デジタイザースタイラス

で、どんな感じかというとというレポートを書いてみます。
これから購入を考える方は、私の屍を越えて行って下さい。

■XPからwindows8へ移行する事について。
XPで使いなれてたソフトはほぼお引越しできないと考えた方が良いみたいです。
32bitと64bitという何か大きな違いがあるので仕方ないらしいですOMG!
画像系は、今のところSAIも対応してなかったはず。yahoo質問箱に「不具合が出る」という質問がありました。
PhotoshopとかIllustratorとか、バージョンが低いものも軒並みアウト(多分共にCS3以降のバージョンは全滅)
私の場合は、Clipsutudioくらいしか8に引き継げませんでした。
painterとかpaintshopとか論外でした。いったい何年前に買ったんだって話ですが。
現在持ってるソフトがwindows8で動くのかどうかは、全部調べた方が良いみたいです。
め ん ど い !
でもたまに大丈夫なのもあるようです。
うーん、ほんとは、8にしないで7にした方が良いのかもしれない…
7にはXPモードというのがあるらしいので。激重らしいですが。

windows8から8.1にしたら、ブラウザがぼやける。
operaとかgoogleクロムの表示がなんかぼけぼけになりました。
画面が高画質のせいかな…こういうものなのかしらん?…と思っていたのですが、I.Eではちゃんと表示されてるのに気付く。
どうやらこれらのブラウザ、現時点で8.1にまだ対応してないので、解像度がちゃんと働かないそうです。
それを直す方法が、画像の解像度を設定する方法でした。
探したら紹介記事がありました。
>>>こちら

■Fit15について
買う時には大きすぎるかなかなと思ったが、使ってると小さく感じます。
というのも、ネットをすると、前のパソコンと同じ設定なのに、画面に表示される文字が小さく感じます。
タブレット型にもできるので、そちらに合わせた視界なのかもしれない。
――という事は、大きくても13インチのDuoは使用感は結構小さい?
Windows8のなんか四角がいっぱい並んでいる画面も、慣れれば平気。
何事にも慣れでした。
通常使っているブラウザのOperaとgoogle Chromeを入れたのですが、問題ありません。
(OperaはなぜかFlashの最新版を入れてくれ~と言って来たが)
問題は、タブレット画面が時々反応しなくなる事です。
負荷がかかりすぎたら止まるらしいとネット検索で出て来ましたが、そんな覚えはないのだけれど……
ヘルプページには「再起動させろ」とありましたが、電源をつなげ直したりUSBに何か突っ込んだりしてもなぜか直ります。
私のだけだろうか?


■sonyのデジタイザースタイラスペンについて
固いペン先とやわらかペン先がセットでついてますが、Fitではやわらかペン先は使えません。
そう思うと、真にペン用なのはDuoなのだろうと思われます。

・ペン先とペンのずれ
画像は、タブレット上にまっすぐペンを立てた状態です。
140221_2151~01
カーソルがペン先の真下に来てます。

次に、ペンを極端に斜めに寝かせた状態です。
140221_2152~01判り辛い?
カーソルがペン先に来ず、かなりペン軸寄りになっています。
この部分にカーソルに反応する何かしらが入っていると思われます。
この感覚に慣れれば大丈夫…かな?
極端にペンを寝かせた時に、カーソルが見えない位置に隠れてしまうのは難点。
これは調整できない様です

【追記その1】
――と思っていたのですが、

コントロールパネル→ハードウェアとサウンド→タブレットPC設定→ディスプレイオプション

での「調整」にて、ペンを斜めにして調整してしまえば、斜めの状態でもペン先にポインタが来るようになりました。
この機能に気付くのに1年かかりました…!失敗!



・反応速度
丁寧に描いてる時には気になりません。
殴り書きしてる時は遅く感じます。カーソルが多少遅れて追っかけて来ます。
つまり、丁寧にゆっくり描けば問題無し?

・フリック機能について
ペンで払うように画面をタップすると、ページアップしたりダウンしたり前のページに戻ったりと色々出来る機能です。
このせいで、手ブロでテストに激しくガリガリしていた時に、フリックが働いてしまい、完成直前で前ページに戻ってしまってデータが全て消えるという事件が2回起こりました。
フリック
こんな物騒な機能は早々に切ってやったぜ。・゚・(ノД`)・゚・。ウワァァン

・描き心地など。
思った以上に高筆圧!
ガラス面に直接使うので、なんかカチカチしています。
固い。

・総評価
正直、謳い文句の「紙に書く感覚」と同レベルには到達してないと思うけれど、
やはり見たところに手で点が置ける感覚は、脳のズレが少なくて楽です。


■スマホじゃできないらしい、手ブロへの書き込み。
140221_2155~01
これがスマホでできてたら、パソコンもペン付のにしなかったのですが。
結論として、やはりダブレットパソコンとはいえパソコンなので、できました。
これが大丈夫ということは、他の直接ブラウザに書き込む系も大丈夫――かな?

とりあえず、特筆すべき点はこんなところかな?
あとはぱっと思い出せない…何かあったっけ。
とりあえず、持ち運びより画面の大きさを選んで良かったと思います。

解説本も、結構読みました。
     
でも読むより実際触って、わからなくなったら読む方が早買った気がしました~。
パソコンに同封されていた説明書に書いてあった、「Windows8.1にアップグレードする前に、Windows8の時点でお引越しツールを使わないといけない」というのには結構グッタリさせられました
丸一日かかった…






【追記その2】2015/6/1

Vaio Fit15を購入してから早1年。
デジタイザースタイラスペンにも慣れてきました。
しかし、改善があるとか何とか購入当時噂を聞いたりしましたが、相変わらずタブレットはクリップスタジオしか筆圧は反応しません。
ペンの筆圧設定には二種類の規格があって、
それがWACOM製デジタイザとN-trig製デジタイザで?VAIOは後者に属していて?この筆圧デジタイザに反応してくれるのはクリスタしか無い?というのが当初のお話でした(良く解っていない)
だから、SAIだのPhotoshopはこのN-tring製に対応してないので筆圧が使えない(何となく解る)
Photoshopに関しては、最新版で対応して筆圧使える様になりますよ~という話だったんですね。

筆圧の為に新しくPhotoshop購入しないとダメなのか!(ノД`)・゜・。

高いのに…!高いのに…!!と嘆いていたのが一位年前です。
とりあえずその対応の話はどうなったのかな~とググってみたところ…

なんと、Photoshop側でも最新版でN-tring製に対応したのですが、
N-tring側でもドライバを更新して今まで使えなかったお絵かきソフトでも筆圧が使える様にバージョンアップしてくれていたのでした!

※こちらの記事を参照
ポッペローチ「VAIO Fit 15A でもPhotoshopやZBrushで筆圧対応に」http://poperoch.com/archives/1096

とにかく、難しい事は判らないけれど、N-tringのサイトでWintabとやらをダウンロードしてインストールすれば良いらしい!
早速N-tringのサイト(http://www.n-trig.com/Content.aspx?Page=wintab)で入手だ!

――あれ?タイムオーバーになって全く入れない…Σ(・ω・;)

何度試してもダメでした。
それもそのはず、どうやら2015年5月にN-trigはMicrosoftに買収されちゃっ様です。
記事ggsoku「マイクロソフト、N-trigの「スタイラスペン技術」の買収を完了」
従って、サイトも閉鎖。
ちょっとまって!wintabドライバはどうすれば良いの?!
Microsoftのトラブルシューティングサイトでも、既に亡きN-trigのサイトしかリンクが貼ってありません…

で、どこかにダウンロードさせてくれる代替サイトは無いかとググったところ、
ここの場所を指し示す記事を発見。
http://web.archive.org/web/20150318140957/www.n-trig.com/wintab-2/
信用して良いのかどうか賭けでしたが、意を決して「Wintab for 64-bit applications – Download」をクリックしてダウンロードしました。そしてドキドキしながらインストール!
インストール画面に、確かに「N-tring Wintab」とある…大丈夫かな?

結論として、上手く行きました!
Photoshop Elemets11もSAI2もタブレット画面&デジタイザースタイラスペンで筆圧が効くようになりました!
YATTA!!
これでClipStudio縛りから解放されました。筆圧245段階しかないって話だけど有るだけ十分です。
後は、買収したMicrosoftがちゃんとWintabドライバのダウンロード場所を用意してくれれば皆が一番安心なのですが…
Microsoftの今後に期待です。


しろぺんはんこ すずめはんこ


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。