映画「蜘蛛女のキス」を見ました。なんかモヤモヤするから多分名作。

最近レンタルの品揃えが、昔の名作映画復刻版が多くて意外と面白いです。
復刻するだけあって、アカデミー賞受賞作とか定番が多いので、安心して借りられます。

蜘蛛女のキス」もアカデミーなんとか賞を取ってました。

蜘蛛女のキス スペシャル・エディション (2枚組) [DVD]蜘蛛女のキス スペシャル・エディション (2枚組) [DVD]
(2010/05/29)
ウィリアム・ハート、ラウル・ジュリア 他

商品詳細を見る

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
マヌエル・プイグの同名小説を元にした映画の製作25周年を記念したスペシャルエディション。ブエノスアイレスの刑務所で出会ったテロリストのヴァレンティンとゲイのモリーナ。ふたりはモリーナが好きな悲恋映画の話で徐々に打ち解けるが…。

個人的に面白かった度:★★★☆☆
ハッハハハ、「したい事をしていい」と言われましても、君に対してやりたい事なんて一つもございませ――って、え!?あるの!?度:★★★★★

■一言感想
妖怪蜘蛛女はキスをして相手の生気やら生血やらを吸い取るモンスター。
吸われた男は木乃伊の如き姿となります。
そんな蜘蛛女がドキッ男だらけの刑務所に表れた!
今、生き残りをかけたバトルが始まる……

――という話かと思っていたら違いました。
(どうやって勘違いしたのか自分でも不明)

蜘蛛女


レジスタンスのヴァレンティン役が、全く気付きませんでしたが、「アダムス・ファミリー」の超ダンディパパ、ゴメス役をしたラウル・ジュリアでした(え?「ストリートファイター」のベガ?何のこと?)
モリーナが自分の趣味でヴァレンティンに粉掛けてるのかなと思っていたら、実はレジスタンスの情報を探るように看守と特殊警察に協力を強制されていたという事情があったりしたので、モリーナがヴァレンティンの事を本当に想っているのかは当初よくわからない。それもスリリングかもしれない。
でもモリーナがいくら想っても、結局はヴァレンティンには大事な人が居るし、秘密警察はヴァレンティンを生かす気が無いしでどうにもこうにもどん詰まり。
モリーナがヴァレンティンの為にどうなっても、ヴァレンティンが思い出すのは惚れた女の事という……
この迷宮の出口はどこだ。(ありません)
こんな幸せで良いのか。
いっそヴァレンティンがモリーナを受け入れなければ良かったのに…とも思ってしまう。
うーん、良かったのか?

面白い!とは一概に言いづらいですが、いろいろ考えさせられる映画でした。
未だに思い出すと悶々とするので、多分名作です。
思い出す度にモヤモヤします。

蜘蛛女のキス (集英社文庫)
原作の評価が高いので、ちょっと読んでみたい。
関連記事

Tag: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する