映画「コモドvsキングコブラ」見ました。アレ…意外と面白…い…?

なんだかアカデミーなんとか賞とかちょっと高尚っぽいのを見過ぎてしまったので、心がZ級映画を求めてやまない事態に陥りました。
(精神バランス)

という訳で、「コモドvsキングコブラ」です。
ひどいぞ~絶対ひどいぞ~わくわく!


コモドVSキングコブラ

見終わった結論として、

……アレ?そんなにひどくなかった…?

新規キャンバスkomodo

個人的に面白かった度:★★★☆☆
家族と見ても気まずくならない度:★★★★☆
友人とキャッキャ言いながら見る度:★★★★☆
でもやっぱりCG低予算度:★★★★★
コモドとキングコブラの直接対決ほぼ皆無度:★★★★★


■内容(「キネマ旬報社」データベースより)
人気の「コモド」シリーズ第3弾。米軍所有の無人島「イスラ・ダマ」の施設で行われた極秘実験。その実験の結果、実験台のコモドとキングコブラが予想を遥かに超えて巨大化。研究員を殺して施設から逃げ出した2匹は、最強の名を賭けて対決する。

■内容(「Oricon」データベースより)
米軍の極秘実験によって予測をはるかに超えて巨大化したコモドとキングコブラは研究員達を次々と襲い、事態を重く見た政府は爆撃機を出動。そして、ついにはコモドとキングコブラの世紀の大決戦が始まる。

■私的超簡単ストーリー解説
人気らしいけど特に内容に繋がりはないコモドシリーズ(と勝手に付けられた?)の第3弾。
島にある米軍研究施設で巨大化したコモドドラゴンとキングコブラは、顔を合わせてもお互い一寸ちょっかいを出す程度、むしろ逃げ回る主人公たちをロックオンしてパクパクパクパク。
そして米軍はセオリー通りにタイムリミットを決めて爆撃ドーン。

■感想
巨大なコモドドラゴンとキングコブラのくんずほぐれつどったんばったん大暴れ乱闘を目的で見たとしたら、とても期待外れの映画です。
まず初めにコモドさんが出て来た時点で、そのCGにがっくりすること請け合い。
コモドさんもコブラさんも、チラッと出てはガオー!パクリ!撤収!の小出しヒットエンドランです。
更に、巨大生物パニック映画なのに、ほぼ流血も内臓ブッシャーもありません。基本丸飲み!
そして、仲間内でのギスギスイライラもありません。皆、基本的に良い奴です。

あれ?これ巨大生物パニック映画だよね…???(困惑)

むしろ、これは、巨大生物パニックじゃなく、人間関係映画として見た方が面白いと思われます。
キャラクターに感情移入しつつ、一つの困難に一丸となって向かっていくのを暖かく見守りつつ、仲間の死に心を痛めつつ。
コモドドラゴンとキングコブラの事は、交通事故を起こす車程度のイメージ。

思うに、コモドとコブラに怪物感を出す為に「銃が全く効かない」設定がついてるので、民間人ばっかのパーティにはもう逃げるしか方法が無くなってるんですよね。
となると、パーティがコモドたちを自主的に駆逐しに行くはずもなく、只管遭遇しないように逃げるのみ。
すると必然的に、コモド&コブラの出番は少なくなり、パーティ内のストーリーが映画の主軸になっちゃう訳です。
そういうストーリーの流れは自然に感じたので、見ててストレスは感じませんでした。
巨大生物パニック映画として正しいかどうかは別として!
(超Z級映画だと、民間人が無茶しやがって…な話の流れになるけど)
エンディング後の落ちも、チョイひねってて好きです。

そして、パーティの内訳は以下の通り。

環境保護団体リーダー…ちょっとパニックに陥るけど基本良い奴。
環境保護団体リーダーの彼女…女優。良い子。
環境保護団体メンバー兄妹…良い兄妹。仲良し。
女レポーター…野心家かと思われたがちゃんと仕事熱心。
男カメラマン…仕事熱心。
船長…誤解されやすいニヒリストだが実は優しい元米軍。万能超人。
元凶の研究員…ほんとはトウモロコシを巨大化させたい研究員。

う~ん、本当に悪い奴が居ない。
初めの内はバカの集団?と思わせますが、そうでもないです。
話が進むに従って、見てるこっちが大丈夫かと思うくらいにのんきにキャッキャウフフ。
バカな行動や身勝手などの胸糞行動を取ってお亡くなりになるというパターンがありません。
唯一の悪キャラといえば、全部を爆撃して隠蔽しようとした米軍上層部のダメ上官のみです。
その部下は一応、やはり割と良い奴です。

というか、ぶっちゃけ、元軍人の船長が全部持ってってます。
船もヘリも運転できて、的確なリーダーシップで巨大生物パニック映画ではあり得ない驚異の生存率を叩き出す!
そしてサラッとウィットにとんだジョークも披露するナイスガイ。
コモドよりコブラより船長です。
もうタイトルを「コモドvsキングコブラ」じゃなく「船長と行く巨大生物島探検」にした方が良い勢い。

そんなナイスガイな船長のおかげか、製作者がジェントルマンなのか、生き残りメンバーがあり得ないくらいレディファーストなのも面白い映画でした。

余談ですが、船長の吹き替えが速水奨でした。
最近アニメとか見ないので、この名前を久々に見た。
船長のかっこよさには、声マジックも多少影響しているのかもしれません。

コモドVSキングコブラ [DVD]コモドVSキングコブラ [DVD]
(2006/09/02)
マイケル・パレ、ミッシェル・ボース 他

商品詳細を見る


【追記】
船長役のマイケル・パレという人は、知ってる人は知ってるアクションスターだそうです。
それでわかりました。
あ、これ、マイケル・パレのアイドル映画だ!

ストリート・オブ・ファイヤー [DVD]ストリート・オブ・ファイヤー [DVD]
(2012/04/13)
マイケル・パレ、ダイアン・レイン 他

商品詳細を見る
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する