映画「スモールアパートメント」見た(ネタバレ)(ドルフ・ラングレン地獄18)

ふあーTSUTAYAポイントの有効期限が切れるので、全部使って新作(アウトレイジ・ギャング)借りてみたけど新作過ぎて二泊三日しかできなかった!
新しいラングレンものだから古いラングレンものを消化しとこうとこの記事書き出したのですが、難しくてどうまとめてよいやら…
二泊三日が終わってしまう。ムーコピンチ!

映画スモールアパートメント

■スモール・アパートメント

スモール・アパートメント ワケアリ物件の隣人たち

内容紹介(amazon)
L.A.のおんぼろアパートで犬と暮らすぽっちゃりニートのフランクリン。左隣はイカれたヤク中男、右隣は短気なジイさん画家、みんなそれぞれ干渉せず、ワケありな暮らしを営んでいた。そんなある日、フランクリンは家賃を払えと突然乗り込んできた大家と揉み合いになり、弾みで彼を殺してしまう(正確には大家が勝手に転んで自滅したのだが)。パニックに陥ったフランクリンは、ない知恵を必死に絞り出し、やがてハチャメチャな死体処理と証拠隠滅を計画する。小さな安アパートを舞台に巻き起こる世にも奇妙な珍騒動! 新旧豪華スター共演で贈るブラックユーモア満載の犯罪コメディ!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
マット・ルーカス、ビリー・クリスタル、ドルフ・ラングレンらが共演したブラックコメディ。ワケあり住人が集うおんぼろアパートに暮らすニートのフランクリン。彼はある日、家賃を払えと乗り込んで来た大家と揉み合いになり、大家が死んでしまい…。

個人的に面白かった度:★★★★☆
家族と一緒に見て無難度:★★☆☆☆
内容説明が的外れ度:★★★★★
ラングレン出演割合:★★☆☆☆
ラングレン今までにない役度:★★★★★


■感想
いや別に全く犯罪ブラックコメディではないよ!

説明内容を読むと、「大家を殺したフランクリンが死体処理の為に悪戦苦闘、それを同じアパートに住む訳有りハチャメチャ住人達が、今までは全く交流が無かったのに、てんやわんやで最終的に皆で力を合わせて死体をどうにかしてハッピーエンド!」という話を想像してしまいますが、全くそういうことはありません。

まず、アパートの住人達は、全く一丸となりません。
全員集合すらしません
彼らは、生活の一部で関わり合うかもしれませんが、基本的に別個のドラマを持っています。

さらに、住人達は、言われるほど訳有り変人ではありません。
頭がおかしい人たちではなく、自分ルールに従って生きている人々ってだけです。
その行動にはちゃんと意味があるのですが、その意味を知らない他人から見たら変人に見える、という人々です。

主人公のフランクリン(ハゲデブパン1なので、見た目はまるでシリアルキラー)とその他アパートの住人3名の生活が、5:1:1:1くらいで流れ、その全員に関わるのが、大家殺人事件の調査でやって来た刑事さんです。
この刑事さんも「妻が浮気をして現在関係修復中だが、どうしても妻が許せない」という自分の気持ちを持て余してる人なのですが、多分、真の主人公はフランクリンではなくこの刑事さんです。

この刑事さんを中心にして見ると、この映画は、

刑事は、どうしても浮気した妻が許せませんでした。妻は謝罪して来ましたが蟠りが残っていて、どうしても家に帰りたくありません。
そんな時、殺人事件が起こりました。被害者の大家が経営してたアパートにやって来た刑事さん。そこで奇妙なアパートの住人達に出会います。
容疑者であるフランクリンの生活や事件の原因を調べたり、事情聴衆でのアパートの住人達との会話や、その人生によって、少しずつ自分の抱えてる問題と向き合う気になってきます。
容疑者のフランクリンとは出会う事はありませんでしたが、最後、電話で少しだけ会話をします。
刑事さんは、妻の待つ家に帰ることにしました。


――というお話になってます。

それが、ちょっと捻ってフランクリンを中心軸に話が回るので、少々判り辛いです。
この映画が描いてるのは刑事さんの成長であって、フランクリンの成長ではないのだと思われます。
だから、「フランクリンが兄貴の愛で棚ボタ大ラッキー!」は、刑事さんに「人生はどん底でも、愛してくれる人の支えがあればそこから抜け出せる」みたいな暗示を与えたいイベントなんだろうなと解釈しました。

簡単にストーリーを表面をなぞってネタバレ解説すると、

ハゲデブパンいち無職のフランクリンはお兄ちゃんと二人暮らし、でもお兄ちゃんが頭の病気で入院してからは一人暮らし。当然家賃も払えないので大家さんが乗り込んできて、家賃の代わりにと無体を強要されそうになったので抵抗したら大家さん死んじゃった。
ので、死体を自殺に偽装したけど下手くそなので警察にばれちゃった。
だからお兄ちゃんに相談しようと入院先に行ったら、お兄ちゃん死んじゃってた。
精神の病気で入院かと思われてたお兄ちゃんは実は脳腫瘍で、、お兄ちゃん自身は自分が余命幾許もない事を知ってました。それをフランクリンには内緒にしてました。その代わりに、フランクリンに違法だけど大量のお金と遺言を残してくれてました。
そしてお兄ちゃんのお金でフランクリンは憧れのスイスへ高飛び!めでたしめでたし。
その話の横で、アパートに刑事さんが来たりアパートの住人が死んだりします。


――という感じです。
アパートの住人イベントが意味不明に見える!


と、真面目(?)な考察はここまでにして、
そんな事よりラングレンだ。

■この映画でのラングレンの役割
・主人公のお兄ちゃんがドはまりするベストセラー本の作者、メノックス博士です。
・「脳は筋肉でできてる!だから鍛える事が出来る!鍛えよう!」という本。間違いなく胡散臭い。
・金髪を黒く染めてる。不自然なくらい黒い。肌の色からさえ浮いてる。変。
・髪の毛黒くしてるのに眉毛金髪のまま。眉無しに見える。おかしいよ!スト2のケンの逆バージョンか。
・自作の本のプロモーションビデオに道着で登場。変な演出の中で空手を披露。助けて…(震え声)
・もちろんサイン会だって開催。意外と大人気。だってベストセラー!この国の読者ェ…
・ピンクシャツも着こなすナイスガイ。ファンシーな色使いには定評があります。目がちかちかするー。
・サイン会の時にお兄ちゃんに怒鳴り込まれて、普通に戸惑って普通に「なんだあれ」って言ってた。すごい、問答無用で殴ったり銃で撃ち返したりしない、新鮮。

「頼りになるのかならないのかいまいち判らない、何考えてるかいまいち判らない、あんまり喋らないキャラ」か「頭おかしい悪役」じゃないキャラ!
珍しい、というか初めて見ました。
でもこんな胡散臭いキャラなのに当て書っぽいのがうれしい。ありがとうございますありがとうございます。
こんな感じで色んな役が増えて(という今までほぼ2択)色んなのが見られるようになれば良いな。
スモールシアター系はアクション系より好きなジャンルなので、こっち側でもっと見れたら嬉しい…

とりあえず、次はCGアニメの吹き替えとかやって、「何喋ってるか判らん」って言われたら良いと思うよ!(鬼)


スモール・アパートメント ワケアリ物件の隣人たち [DVD]スモール・アパートメント ワケアリ物件の隣人たち [DVD]
(2013/07/24)
マット・ルーカス、ビリー・クリスタル 他

商品詳細を見る

このDVDの表紙に出てる人全員がアパートの住人かと思うだろ…?
違うんだぜぇ…?



関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する