スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれ?意外と面白!映画「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」見ました。

何だかTSUTAYAディスカスで「ドルフ・ラングレン」を検索すると(←……)、なぜか「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」もヒットします。
何故かなーと思って同時に出て来るデータを見ると、出演者の項目に、なぜかドルフ・ラングレンとブランドン・リーの名前があります。
>>>該当ページ

結論から言いますと、これ「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」のデータと「リトル・トーキョー殺人課」とのデータがごっちゃになってるのだと思われます。
明らかに年代が違う!

それでも、一応確認しとくかなーと思って、「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」を見てみましたが、案の定出てませんでした。
しかしこの映画、情報は知ってましたが実際にちゃんと見たのはこれが初めてなのですが、思ってたより面白かった…!
映画リトルショップオブホラーズ


リトルショップ・オブ・ホラーズ 特別版 [DVD]リトルショップ・オブ・ホラーズ 特別版 [DVD]
(2000/08/25)
リック・モラニス、エレン・グリーン 他

商品詳細を見る

内容紹介(amazonより)
吸血植物が歌い踊る、異色コメディ。
売れない花屋で働くシーモア・クレルボーン。孤独な彼の唯一のよりどころは、同僚の女子店員オードリー。しかし彼女には、歯医者の愛人がいる。ある皆既日食の日、シーモアは不思議な鉢植えに出会い、オードリーIIと名付けて育て始める。オードリーIIの噂はたちまち街中に広がり、花屋は大賑わい。ところがオードリーIIは食欲旺盛な吸血植物だった…。
SFXを駆使して、人と吸血植物の愛憎を描いた異色ミュージカルコメディ。


個人的に面白かった度★★★★☆
人と見て無難度 ★★★★★
CGじゃないのが却って新鮮に感じる度 ★★★★★
意外とオードリー2かわいい度 ★★★★☆

ショック!DVDが古いから吹き替え入ってないー!
テレビで放送されたときは、オードリー2の声は故・内海賢二氏がされてたそうです。
聞いてみたかった…
しかし、ミュージカル映画なので、字幕で見るのが正解とは思うのですが…
案の定、英語で言ってる事に比べて、字幕で書かれてる情報量が圧倒的に少ない…(´・ω・`)
それにしても、オードリー2の歌、面白い。良い声ww

DVDに入ってる解説によると、
もともと超Z級映画として白黒にて公開される→
コメディとしてミュージカルになって大ヒット→
そこからまた映画化――という流れで、この映画が作られたそうです。

ミュージカル映画でのエンディングは、主人公もオードリー2に食べられちゃって終了らしいのですが、それを忠実に映画で再現したら試写会でお客がドン引きしたので、急遽ハッピーエンドに差し替えたとか。
「人形に食べられて舞台が終わった後、食べられた役者さんが笑顔でカーテンコールに出て来る」ミュージカルと、「リアルな怪物に食べられっぱなしでフォロー皆無」な映画との表現の差だそうです。

もともと、ラングレン出演確認の為に見てた(←……)ので、内容は「なんかでっかい植物のぬいぐるみ怪物に右往左往する話」くらいにしか思っておらず、そもそもパッケージ絵からして全く期待していなかったのですが――

期待してなかったからか、思っていた以上に面白かった!

画面合成はあるけれど、時代が時代なだけにCGが無いのですが、手作り感満載のオードリー2が凄く良かった…!
唇や蔓の動きがリアル!
へたなCGより、断然見てて面白い!
どうやって動かしてるんだろう。唇の動きが喋ってる動きと合ってて面白い。
あれは、ちっちゃい植木鉢でなら、家に一匹置いておきたくなる気持ちが湧かないでもない。

ミュージカルなだけあって、陰惨さが無いのも良いです。
ジャンル的には、……巨大モンスターホラーコメディ?になるのか…な?
コメディと言っても、笑わせようとしては来ません。
ちょwwwまwwwwという笑いです。
グロくも無い(途中でオードリー2のエサ用に人体をバラバラにする描写がありますが、部品ごとにちゃんと新聞紙で包んであるのでスプラッタではない。でも怖くはあるかもしれない)ので、家族で見ても安心。
しかし、amazonの内容紹介で「人と吸血植物との愛憎を描いた」と紹介されてますが、そんなものは一切描かれてないですよ!

古い映画でたまたま見たのが当たりだったら、嬉しくなってしまいます。
あと、何度も言いますがドルフ・ラングレンもブランドン・リーも出てませんでした。

関連記事

Theme: DVDで見た映画 - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。