スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理とは実験である。梅ジュース、イチゴシロップ、塩レモン、茹でパスタ!

買い物に行ったら、綺麗な梅が「大特価!」と描いて売られてたので、ちょっと買ってみてしまいました。
鹿児島の梅、1kg500円って安いのかな?
買ったことが無いからよくわからない。

PA0_0249.jpg キレイ!

去年、知り合いの人が「梅ジュース」なるものを作っていて、それをちょっと頂いたところ、これがまた夏の疲れにめちゃめちゃ効いたのでした。
その時に作り方も教えてもらった上に、梅も頂いちゃったのでした。
で、去年、梅ジュース作りにチャレンジしてみたのですが、初心者なのにこれまたちゃんと成功したのでした。

それで、今年も作ってみよう!と梅を買ったのですが、
次に寄ったスーパーで1kg100円で売られて超ショック!
うーわー!!

――いいんです、500円の梅の方が、明らかに良い香りがしたし、見た目も綺麗だったし…
100円の方は、ちょっと黄色になりかかってたし…
あぁ、でも、去年作った時も、ちょっと黄色がかってた梅だった…でもちゃんとできた……

作り方は、梅:砂糖:酢=10:10:1(重さ)で瓶に詰めて放置です。
梅ジュース作成
未だにしわしわの梅を取り出すタイミングがわかりませんがー。
まぁ、テキトーで大丈夫でしょう。
自分は、砂糖は氷砂糖、酢はリンゴ酢でやってます。






果物+砂糖シリーズですが、
イチゴが閉店時半額で売られていたのを見て、
以前Twitterで回っていた「イチゴシロップ作り」を思い出し、実験してみようと思い立ったのでした。

半額なだけあって、へちょんへちょんのイチゴでしたが、どうせ砂糖まみれにしちゃうので気にしない。
作り方は、イチゴ:砂糖=1:1(重さ)です。
イチゴと砂糖、交互に瓶にぶち込んで終了。
PA0_0256.jpg
意外と砂糖まみれになってビビる。
今回は三温糖しか家になかったので、それでやってます。
PA0_0253.jpg
一週間後くらいにはこのような感じに。
量が半分くらいになってます。
これもまた、イチゴを取り出すタイミングが判らない。
まぁテキトーで。
炭酸で割って飲んでみましたが、

想像してたより4倍おいしいー!!
びっくり!びっくり!

実は、そんなにイチゴ好きな方ではないのですが、これはおいしい!
バニラアイスにかけてもおいしい!
真夏にはかき氷にかけても美味しそう!かき氷器ないけど!

現在、第二陣を作っています。
今度は三温糖ではなく、梅ジュース作りであまった氷砂糖です。
氷砂糖でつくると、なんかトロッとしてます。

他の果物でも出来るのかな?と疑問がわいたので、
夏みかんも現在氷砂糖と共に瓶に詰めています。
冬に作る柚子シロップは、まるまる使って砂糖と1:1ですが、夏みかんは中身だけ取り出して砂糖と1:1でやっています。
どんなモンスターが出来上がる事やら~…





最近ちまたで噂(というより、メディアが塩麹の次に流行らせようと躍起になってる気がする。何故だ)の塩レモンです。
塩ヨーグルトを流行らせようとして失敗してたみたいですが、今度は塩レモンの様です。
イチゴシロップが成功したので気を良くしていたため、チャレンジしてみてしまいました。
PA0_0252.jpg
これが、分量が本来はレモン1個につき塩15~20gらしいのですが、テレビで流してた作り方を聞き間違えてしまい、
レモン:塩=1:1で作成しました。
結果、

とんだ殺人兵器が出来上がってしまいました。

ぶえーっ!ぶえーっ!ぺっぺっぺっぺ!!
しょっぱいすっぱいしょっぱいすっぱいしょっぱいしょっぱい!!
味覚破壊!味覚破壊!

作ってる時点で、塩が全く解けないし、変だなーとは思っていたのですが。
分量をちゃんと確認してから作ればよかったです。

現在、塩部分を捨てて、新たにレモンを継ぎ足して様子を見ています。
ただ、後で気付いたのですが、レモンも塩もどっちも別に好きじゃなかった…>自分
果たして使うのだろうか?





やはりTwitterで回ってた料理の実験です。
「パスタのゆで方」です。
普通は沸騰したお湯にぶっこんで7分とか、100均で売ってるパスタゆで器に入れてレンジで14分とかそんな感じなのですが、Twitterで回ってたゆで方が興味深かったのでした。

「乾燥パスタを1時間水につけてから、熱湯で2分くらい茹でると、おいしく茹であがる」

さっそく実験です。
上手く行くのなら、沸騰した鍋のそばにずっといなくても良いし、楽そうです。
さらに美味しく茹で上がるならば一石二鳥。
1時間も水につけなくちゃ行けないのは、すぐに食べられない所が面倒かもですが。

水に漬けて一時間後。
PA0_0251.jpg
ご覧のように、水死体の様になりました!
水を含んで白くなってます。
固さも無くなります。

これを茹でた時に気付いたのですが、
柔らかくなってて曲がるので、小さい鍋でも茹でる事が出来て便利!
それが一番の利点かもしれません。
確かに茹でる時間がかなり短縮されます。

後は、ソースと絡めて終了。
食べる。
ふつうにおいしい!

普通の茹で方より美味しくなっているかどうかはさっぱり解りませんが、不味くなってはいない!
作り方のレビューを探した時に、「水に漬けた分、パスタの香りが飛んでいる」という意見を見つけたのですが、
元来よりバカ舌なので、全く気になりません。
というか、「だったら付けた水を茹でる時に利用すれば良いんじゃ?」と思って使ってみたので、その所為かもしれません。
これは使える茹で方です。
PA0_0250.jpg
盛り付けにセンスがないので、なんか脳みそみたいアハハハハ!

折りたたんで拍手返信です。
>R.O.さん
はじめまして!貴重な情報ありがとうございます~!
乾燥麺、3日漬けても大丈夫なんですね!それなら確かに朝漬けて帰ってから即食べられて凄く便利です!
一時間やきもきしなくてすみますね…!
次回試してみます~(*'ω'*)
関連記事

Theme: 作ってみた - Genre: グルメ

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。