スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検証!TSUTAYAディスカスはお得なのかな?

只今、TSUTAYAディスカス(TSUTAYAのネットレンタルサービス)にて「一か月に一体何枚借りられるか」タイムトライアルアタックをしております。
こんなことをしているから、他に何もできなくなるという事態に陥ってるのですが!(駄目)
死ぬ…思った以上にハード…

入会すると、一か月1980円、のコースを選択。
近所のレンタル屋さんが旧作80~100円なので、単純計算して全て旧作で元を取るには20本借りる必要があります。
(※送料については考慮に入れず)
新作は8本までレンタル可能なので、近所のレンタル屋の新作相場250~300円を考えれば、新作なら6本借りれば元が取れます
問題は、新作で借りたい映画が一か月に6本出るだろうか?という部分。
人気がありすぎる映画は、レンタル希望しても順番待ちになってしまう場合もあるみたいです。
新作に関しては、ちょっと不確定要素が多い。

で、初めてみたところ、

1.1回でお願い出来るDVDは2枚まで。
2.TSUTAYAディスカスから「DVD発送しました」メールが届き、実物が郵送されてくるのに一日。
3.そして見るのに半日。
4.見終わってから返却としてポストに投函し、「DVD返却を確認しました」メールが来るのが3日。
5.「次のDVD発送しました」メールが届くのが半日後。

届いた!→その日に見た!→返却した!→次のが来た!…の強行スケジュールでも、4~5日かかります。
とはいえ、TSUTAYAの発送元が私の地域だと大阪らしいので、4に関しては発送元近くに居住している人にとってはもっと短縮されるのかもしれません。

とにかく、本州末端の我が地域では1クールに4~5日かかります。
となると、30日÷4~5日=6~7回、6を取るとなると一か月で最高レンタル数12本です。
かなりのハードスケジュールで12本です。

全部旧作でレンタルするとなると、全く元が取れない事が判明!
近隣のTSUTAYAに無いDVDを見られるというのが利点ではあったのですが、最近TSUTAYAは店頭で取り寄せサービスを始めたらしく(早く言って!)、その利点も相殺されてしまいました。
>>>TSUTAYAリクエストお取り寄せサービス

レンタル期限が無い、というのもTSUTAYAディスカスの利点なのですが、「一度に2本までしか借りられず、それを返却してからじゃないと次のレンタルが出来ない」という規約がここでネックになります。

返却しなくても良い→2本を一か月持ってる→レンタル料が1本1000円!

どこの金持だ!イヤッハー゙!(ノ≧∇≦)ノ ミ ┸┸

結論として、TSUTAYAディスカスを使う利点のある人=

・旧作100百円地域なら、注文してから返却までが3日で終了出来る地域(あるのか)
・近隣のレンタル屋が、旧作レンタル料金が一本165円以上する。
・そもそも近隣にTSUTAYA屋が一軒も無い。既存のレンタル屋は碌なの置いて無い。
・新作にしか興味が無い。
・多少お金がかかっても、家に勝手に届いてポストに返却が楽で良い。

この位の条件だと思います。
「旧作に用がある+注文から返却まで5日かかる+旧作レンタル相場80~100円地域」の私には、利点を見いだせないらしき仕上がり…
準新作も100円になる曜日がある(GEOありがとう)我がレンタル激戦区。

でも、まだ期間の一か月終わってないので、最後までがんばる…

ニック・ガナー
メン・オブ・ウォー
何をレンタルしてるかというと、必死こいて歴代ドルフ・ラングレン映画をレンタルしているのですが。
暗黒期映画はほんとに死にそうになります。つまんなおっと誰か来たようだ。

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。