スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吸血鬼映画「ビザンチウム」見ました。

全く関係無い話ですが、自分は長年、麦茶というものは、「飲んだ後に喉がエグくなる味」がするんだと思っていました。
ところがひょんなところから、知人たちに話を聞いてみると、麦茶は「水が香ばしい味」だと答えました。
エグ味?何のこと?とのことでした。

あれ?麦茶飲んだ時に、喉がエグーってなるの、自分だけ?. ∑(゜Д゜; ≡;゜Д゜)

メロンアレルギーの人は、メロンを食べると喉がかゆくなるそうです。
アレルギーだと知る以前は、メロンは万人が痒くなるものだと思っていたというのがメロンアレルギーの知人の談。
という事は、これはひょっとして、麦茶アレルギー的なもの?
あれは麦茶の味じゃなくて、アレルギー反応?
そういえば麦茶って、調子が悪いときに飲むと、余計に体調崩すんだけれど…そういうものじゃないの?
クッキーとかケーキとかうどんとかは全然平気なんだけどな…
大麦・はと麦アレルギーとか?

大人になっても苦手な食べ物は、わがままじゃなくて、本当に体が受け付けない物である事があるそうなので、ひょっとするとそういう事なのか?との疑惑です。





ビザンチウム [DVD]ビザンチウム [DVD]
(2014/03/04)
シアーシャ・ローナン、ジェマ・アータートン 他

商品詳細を見る

[内容解説]
【STORY】(amazonより)
16歳の姿のまま、200年もの時を生きるエレノアは、永遠の孤独を運命づけられた哀しき少女でありヴァンパイア。
8歳年上のクララに連れられて海辺のリゾート地にやって来る。あらゆる男を魅了してしまう妖艶さを持つクララは
“ビザンチウム"というゲストハウスを相続しているノエルを丸めこみ、2人はそこを隠れ家として利用する。
そんな中、エレノアは白血病の治療を受けているフランクと出会う。人間以上に繊細でピュアな心を持つ彼女は、
血を吸って生き長らえる自分を罪深いと感じ、余命わずかの“人間"フランクとの恋に苦悩する。
その一方でエレノアとクララの隠された真実の“物語"が繰り広げられることに・・・。


個人的に面白かった度★★★★☆
家族と見て無難度 ★★☆☆☆


静かな吸血鬼映画です。
クレアに同調出来るかどうかが、この映画が面白いかどうかの分かれ目?

被保護者のエレノア、保護者のクレア。
エレノアは、死が近い人の血を吸います。
クレアは、女を喰い物にしている男を襲います。
獲物の選び方にも、二人の違いが伺えます。
生活費は、クレアが男の人を相手にして稼ぎます。
一見クレアは奔放に見えるのだけれど、そういう稼ぎ方しか知らない、させて貰えなかったという部分が大きい。
エレノアがピュアでいられたのも、クレアが全部泥を引き受けてくれてたからでは?と思えると、エレノアのピュアさが単なる世間知らず(200年も生きてるのに…)に見えて来ます。
それでも、そのピュアさを望んだのはクレア自身で、200年経っても子離れできないという弱点です。

吸血鬼結社の掟も、吸血鬼自身も、中世時代を引き摺って男尊女卑なので(吸血鬼なのにキリスト教的)、人間の時も吸血鬼になった時も、男社会に最下層として扱われるクレアが哀しい。
どう見繕ってもクズな男を吸血鬼の仲間に加えようとする反面、結社がクレアをダメだとする理由は「女だから」という一点のみです。
とにかく「女だからダメ」「女だから禁止」という項目ばかりの吸血鬼結社。
おまけに一寸頼りに思っていた男吸血鬼ダーヴェルも、優しくはあるが頼りない。

ホテルの持ち主ノエルの事は、利用していたけれど、嫌いではなかったと思われるクレアです。
吸血鬼物語ですが、親子の絆・子離れ話でもあります。あと男社会への鬱積。
どちらかといえば、女性向けの映画
ラスト、エレノアはフランクと別れる事になったらどーするのかな…という不安が多々ありますが。(何せフランクの性格も極上という訳ではない)
クレアの方は、ダーヴェルと一緒に行くからクレアの一人立ちを許したのかと一瞬思いましたが、彼女の方にはそのつもりはないらしい。
あくまでダーヴェルが彼女に付いて行きたい、クレアの強さを学びたいと思っている様でした。
クレアは大丈夫そうなのですが、エレノアはこれから生き延びられるのか……
でも、それを含めての、エレノアが望んだ「一人立ち」ですね。

太陽全然平気だけれど、「許可を取らないと室内に入れない」という吸血鬼の特性が何度も使われてるところが味でした。

映画ビザンチウム
関連記事

Theme: DVDで見た映画 - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。