スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「バレット」「ラストスタンド」見ました。

去年の11月ごろって、往年のアクションスターが映画出してた事が多かったなーという印象です。




バレット [DVD]バレット [DVD]
(2013/11/08)
シルベスター・スタローン、サン・カン 他

商品詳細を見る

<ストーリー>(amazonより)
長年にわたり、殺し屋として裏社会を生きてきたジミー(シルベスター・スタローン)。
依頼された簡単な仕事を相棒ルイス(ジョン・セダ)とこなすが、その後キーガン(ジェイソン・モモア)に襲われ、相棒が殺されてしまう。
キーガンに復讐するため、ジミーは敵でもある刑事のテイラー(サン・カン)と手を組むことに。掟破りのコンビは、ジミーの娘リサ(サラ・シャリ)を巻き込みキーガンの元に辿り着くが…。


個人的に面白かった度★★☆☆☆
家族で見て無難度 ★★☆☆☆

韓国系刑事さん、どこかで見た事があるなと思った、ワイルドスピードのシリーズに出てた人でした。
(ローグ・アサシンにも出てたらしい)
最近、ハリウッドで韓国系の人の活躍をよく見る様になりましたね。(気付くようになっただけ?)
2013年の興行成績ワースト2位だったそうです。
確かに、特に目新しい展開って訳でもなく、予定調和で終わる感でした。
面白かったかと聞かれたら、別段に……というのが正直な感想です。
アクションあったなーというのは覚えてるのですが、ストーリーの印象が薄い。
アクション映画だから、それで良いのかもしれませんが。
が、スタローン好きなら、多分満足できる映画だと思われます。
……アイドル映画!?
そうか、これはスタローンアイドル映画だ!
スタローンは、クールだけど血の繋がらない娘には弱い殺し屋役です。
殺された相棒と仲良かったのかどうなのかもよく解りませんし、新しい相棒のテイラー刑事とも仲良くなれたのかどうかも微妙です。
娘が、「あの人(=ジミー)もいろいろ大変な人生だったからあんな感じになっちゃったの、許してあげて」みたいな事を言うのですが、そのいろいろの部分が全く語られないので、いまいち主人公に感情移入し辛い。

最終的に娘はテイラーと良い感じになっちゃうので、もし続編が出たらジミーvsテイラーの娘を巡っての壮絶な戦いとなると思われます。
(※なりません)

スタローンが「娘に弱い殺し屋」設定とかおいしい!という人にオススメの映画です。






ラストスタンド [DVD]ラストスタンド [DVD]
(2013/11/20)
アーノルド・シュワルツェネッガー、フォレスト・ウィテカ― 他

商品詳細を見る

【STORY】(amazonより)
元ロス市警の敏腕刑事オーウェンズ(シュワルツェネッガー)。
心に傷を抱え第一線を退いた彼は国境付近の小さな町の保安官となり、静かな週末を過ごしていた。そこにFBIから一本の電話が入る。
「移送中の凶悪犯・麻薬王のコルテスが逃走し、最新鋭の車を操り時速400キロでメキシコ国境に向かっている。君の街を通過するが、手をだすな」。
しかし軍隊並みに訓練された仲間のサポートでFBIを振り切り、凶悪犯は目前に迫る。
FBIの応援も間に合わず、十分な武器も無い中、「手を出すな」と侮られたオーウェンズは遂に眠っていた闘志を呼び起す。
彼は戦闘経験の無い部下と、素人同然の仲間でチームを結成。そして町の武器オタクが所有する博物館に向かい、第二次大戦時代の古い武器を手に入れる。
最新武装の凶悪集団に対し、保安官と彼を慕う四人の仲間達は「俺たちが最後の砦(ラストスタンド)だ! 」と結束する。
辺境の町で前代未聞の大決戦が今始まる!


個人的に面白かった度★★★☆☆
家族で見て無難度 ★★★☆☆
シュワルツェネッガーと愉快な仲間たち度 ★★★★★


シュワルツネッガーのアクション復帰作。
何せケネディ家を敵に回してしまったシュワルツネッガー。
国籍がアメリカじゃないから、大統領にはなれないとはいえ、勇気ある…
干された事といい、なんだかんだでアメリカも階級社会ですね。
上記のバレットが個人的にイマイチだったので、あまり期待しないで見ました。
しかしながら、
あれ?これは結構楽しい映画…(*‘∀‘)

何が違うのかな?と考えたら、バレットに無くてラストスタンドにあるもの…
そう、愉快な仲間たち感です。

・敏腕保安官(シュワルツェネッガー)
・ちょっとメタボ気味のちょび髭保安官!
・女部下!
・女部下の元彼!
・武器マニア!

そして、物語に花を添える、町のご老人の皆さん。
お年寄りの皆さんがどっしり構えてて、且つ、いざという時はやるときゃやる!といったパターンはそれだけで面白い。
周辺がお年寄りばかりなので、シュワ氏がちょっと若造に見えるのも良い手。
その中で、自分が歳をとった事を逆に利用してるのも、クレバーだなと思いました。
迫り来るマフィアに、その場にあるもので工夫して対応するというのも楽しい。
冒頭で早速マフィアに仲間がやられてしまうので、主人公に感情移入しやすい。
だからその後マフィアたちが凄い事になっても、全く良心が痛まない!
腹立たしいマフィアを田舎の人々がけちょんけちょんにするのが痛快です。
古き良きアクション映画という感です。

関連記事

Theme: DVDで見た映画 - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。