吸血鬼映画「ぼくのエリ 200歳の少女」見ました。

何か、ちょるる県では台風はスルーして行きました。
あれだけ大きいのが来ると大騒ぎしてた(近隣のスーパーのパンの棚空っぽ!)のに、今日は朝から風さえ凪いでました。
アレ?




引き続き吸血鬼もの。
スウェーデン産です。
これ、内容見たら解るのですが、邦名の副題が酷いのです。


ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]
(2011/02/04)
カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション 他

商品詳細を見る

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説を映画化したラブストーリー。12歳の孤独な少年・オスカーは、隣の家に引越して来た12歳のエリと出会う。同じ頃、街では不可解な失踪や殺人が次々と起き始め…。


個人的に面白かった度★★★★★
家族で見て無難度 ★★☆☆☆
人間×吸血鬼度 ★★★★★
ピュアっピュア度 ★★★★★
でもお母さんかわいそう度 ★★★★★


これまた、静かな吸血鬼映画です。
私にドンピシャ。
且て、こんなに主人公たちがハッピーエンドな異種モノ見た事ない。
恋愛モノというより、孤独な魂が寄り添い合う系です。
このDVDを見た後、速攻で原作も読みました。
原作も良かった…!映画で語られなかった細かい情報が沢山ありました。
しかし、それらがそぎ落とされている映画だけでも、十分良いです。

ただ、映画での誤解を避ける為に原作を語るなら、ただ1点だけ、
エリは、オスカーを次の協力者にする為に一緒に居る訳では決してないという部分です。
エリにとって、オスカーは、純粋に「初めてできた友だち」なのでした。

あと、オスカーのパパは別にゲイじゃなくて大の酒好きってだけです。
(その情報は要るのか?)

そして、ぼかしは「ようじょのハダカダメ・絶対!」という意味のぼかしではなく、「手術の傷跡」に対するぼかしです。
(その情報は要るけどネタバレでは?)

3点書いちゃいました。

エリもオスカーも超かわいい(ちなみに原作のオスカーはちびぽちゃ設定)し、始終冷気と閉塞感を感じさせるスウェーデンの風景も良いし、原作でのドロッとした部分が削ぎ落としてあるので見易いです。

この映画でも、「許可が無いと室内に入れない」という吸血鬼の特性を扱ってますが、「入って良い?」という聞くエリに対して、拗ねていたオスカーが解っている上でちょっとした意地悪のつもりで、許可せずにエリを家に上げます。
エリも解っていて、黙って入ります。
その途端、エリは体中から血を吹き出します。それをじっと我慢します。
その姿を見て慌ててオスカーは「入って良いよ!」と叫んでエリに謝ります。
あ、そうなるんだ?!という痛々しさと共に、エリの健気さフルスロットル。
そういえば、食べられないお菓子をオスカーに勧められたから無理に食べてました。
その後マーライオンしてました。
エリ健気ですよエリ。
オスカーのピンチには必ず駆けつけるエリの健気さです。
エリほんと天使。

あと、吸血鬼の設定として、「猫に凄く嫌われる」という点も取り入れられています。
この設定がどこから来てるのかがわからない…
吸血鬼が猫苦手という設定は、他ではスティーブン・キングの「スリープウォーカーズ」でしか見た事無いです。
ハムナプトラ」は吸血鬼じゃなくてマミーだったし、ハリウッドのなんちゃってマミーだからこれは除外。

映画を見た後に余裕があれば、原作もオススメです。

MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)
(2009/12/30)
ヨン・アイヴィデ リンドクヴィスト

商品詳細を見る


MORSE〈下〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)MORSE〈下〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)
(2009/12/18)
ヨン・アイヴィデ リンドクヴィスト

商品詳細を見る

イマイチ必要なエピソードだったのかよくわからないカップルの話と、エリの協力者の話が、より詳しく書いてあります。
オスカーを虐めてた子の話もより詳しく。

ハリウッドでリメイクもされました、が、オリジナルが好きすぎて見てません。
エリ役(リメイクでは名前はアビー)は「キック・アス」のヒットガールの子です。

モールス [Blu-ray]モールス [Blu-ray]
(2013/05/02)
クロエ・グレース・モレッツ、コディ・スミット=マクフィー 他

商品詳細を見る
関連記事

Theme: DVDで見た映画 - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する