スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ジャスティス・ウォー~正義の代償~」見ました。(ドルフ・ラングレン地獄その22)

すっかり忘れてましたが、エクスペンダブルズ3 ワールドミッション Premium-Edition [Blu-ray]が3月18日に発売なのでした。
まだ予約してなかった…とはいっても、ちょっと値段に躊躇してはいるのですが(約7500円)
でも今なら、予約割引で今なら5400円くらいなんですが。
amazonが一番予約割引で安くなってるんですが…うーん、果たして買って見るのか…
あれだけ欲しくて大騒ぎしたパシフィック・リムも、結局まだ見てません。
手に入れるとそれで満足しちゃうという例のアレです(´・ω・`)
でも、削除シーンが結構入ってるぽいので、見たいですね…
でも、それが全部血がビュシャーな残虐ファイトのシーンのみだったら、別に見る必要ないですね…
でも、ぼーっとしていたら、発売日が来て原価格になっちゃいますね。
お金は大事だし、悩みます。

閑話休題。
以下から本題です。

既にレビューを書いてるレイジング・コップスアウトレイジ・ギャングの2つと監督と共演者が一緒なので、
イヤな予感しかしないジャスティス・ウォーです。

予 感 的 中 ☆


ジャスティス・ウォー ~正義の代償~ [DVD]ジャスティス・ウォー ~正義の代償~ [DVD]
(2015/02/03)
ドルフ・ラングレン、ヴィニー・ジョーンズ 他

商品詳細を見る

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ドルフ・ラングレン主演、鋼の肉体を持つ男が信念を懸けて戦う姿を描いた格闘アクション。戦地から帰還したジョンは、女性を守るためにマフィアの男たちを殺してしまう。報復として家族を皆殺しにされた彼は、非道を極めるマフィアへの復讐を決意する。


個人的に面白かった度☆☆☆☆☆
人と見て無難度 ☆☆☆☆☆
パッケージ詐欺度 ★★☆☆☆
今後のこの映画チームへの期待度 ☆☆☆☆☆
主人公が全部の原因度 ★★★★★
アイドルフ映画度 ★★★☆☆(他ではあまり見られない外見という意味のみで)


注:ドルフ・ラングレンは主役じゃありません。
敵のマフィアのボスの方です。
天下のキネ旬のデータベースも宛てにならないな~…因みに信念も懸けてません。

ネタバレ内容なので、続きは畳みます。


LINEスタンプ
ししゃも2 山口弁2 ヨメ 
映画ジャスティス・ウォー

アイドルフ映画の凄いところは、新作を見る度に、
「――アレ…?文句たらたらだった前見た出演作、これに比べたらまだ面白かったんだゴメンナサイ…!?」という謎の罪悪感現象がよく起こる事ですが、今回もそのパターンでした。

アウトレイジ・ギャング>レイジング・コップス>ジャスティス・ウォーって、図式凄すぎませんか。
監督考え直して、色々!

OPが本編映像の使い回しという所から、既に低予算臭が凄いのですが、出て来る人が全員安そうな服着てるのも凄いですよー。
Tシャツとタンクトップ率の異常な高さ!

ストーリーとしては、主人公が正義を貫くというより、主人公が頭悪すぎてどんどん状況がおかしくなっていきます。

まずタリバンに拉致監禁されてた事がある主人公のジョン、いきなりマフィアの手下を殺します。
その経緯が、深夜、自分のアパートの前でマフィアが自分たちが働かせてる娼婦を脅していたので、
それを止めに入るのですが…

外に出た主人公、まずは「まあまあ君達、やめたまえ!(キリッ)」と来るのかと思いきや、
「やめたまえ」も言わずに黙ったままいきなり下っ端マフィア達を半殺し&全殺しにします

こわいですよー。

マフィアよりも主人公の方が怖いです!
後々、主人公が戦場のトラウマで病んでる事が判るのですが、マフィアよりこっちのが危険人物じゃないですか。
娼婦も「ちょっとあんた何してくれてんの!?」と感謝より恐怖と戸惑いと焦りが先立ちます。
デスヨネーw\(^o^)/
で、娼婦からこいつらはマフィアだから今すぐ逃げろと言われます。
そして、主人公が何をしたかというと、
とりあえずその場所を離れた後、

なぜか畑のど真ん中で寝袋で寝ます。

なんだこいつ…! ∑(゜Д゜;≡;゜Д゜)
その後、娼婦にも言われてましたが友達のJ.Pにも「警察に行け!」と言われますが、何故か頑なに行きません。
あたまわるいですかー!? ∑(゜Д゜;≡;゜Д゜)
その所為で、案の定マフィアに先手を打たれて実家のパパママ妹を生きたままバーベキューにされます。
(この車の中の暗闇での妹への暴力の描写がほんとエグイ。見えないから余計に。マフィアの右腕の葛藤を表現したかったんだろうけれどその効果以上に胸糞シーン)
(更にその右腕は、「こんなヒドイ事はもうやめたい」とホルスに訴えるのですが、コイツがパパママ妹に迷う事無く直接ガソリンかけて火をつけているので、何言ってんだコイツとしか思えずちゃんちゃら可笑しいです。脚本破綻してます)

主人公が宇宙レベルの行動をしている間、娼婦は娼婦でやはりアホでした。
マフィアのボス(ホルス)からの電話に、嬉々としてホルスの元に行きます
…え?さっき、逃げる為に街を出るって言ってませんでした?
聞き間違い??
そもそもこの娼婦がヒロインなんだかどうなのだかも解りません。
ラストまで主人公と会う事ないし。
どうやらその娼婦は、ホルスの昔の恋人(と娼婦は思ってた)で、よりを戻せると思ってたらしいのですが、ホルスにガン無視されます。
序にホルスの家で、家にたむろってる手下のおもちゃにされます。
あーあ…さっきまで他の娼婦に対してドヤ顔してたのに…

で、まぁ、その後、なんだかんだで、
主人公がやっぱり回りくどい方法で、
ホルスの手下のアパートの管理人を攫って殺してみたり、
なんか別の麻薬ディーラーを裸に剥いて電気を通してみたり、
ホルスの麻薬工場を破壊したりします。
で、見付けた電話番号が何かを手掛かりに、お前の母親に職場クビになるの覚悟でホルスの住所を調べさせろとJ.Pに詰め寄ります。

ちょっとーだれかこのばかすててきてー!!

自分を匿ってくれている友達の母親の仕事を何だと思ってるんでしょうこの阿呆。
あなたが潰した工場に、たくさんホルスのお家を知ってる人いましたよー。
序に、戦場で片足を無くしているJ.Pに対しても「一緒に戦え!」と詰め寄ります。

ほんとだれかこのばかすててきてー!
死ぬわ。

私怨(しかも自分が原因)に友達巻き込まないでくださいよー!
で、案の定、最終決戦にて友達死にます。
そりゃそうだね!
J.Pは、一緒に戦うと決意した時点から自分の死を覚悟していた様なのですが、主人公は全然覚悟してなかったところが滑稽です。
折角のお涙シーンも全然感動しないですよー!?
なぜなら全部お前のせいだからですよ!>主人公
そもそも主人公が初めから警察行ってれば、何も起こってないんですよ。
そしてホルスを絞殺した主人公のジョンは、本当は優しい奴で軍隊で英雄だったからw刑事さんに目を瞑ってもらい、屍累々のホルス邸を去って何のお咎めも無しです。

な ん だ こ れ www

せめてトンズラする時、友達の死体も持ってってくれませんかー?
知らなかったとはいえ、パパママ妹をバーベキューにした実行犯を何故か見逃してますし、なんだこれ…

そんなこんなで始終主人公はおかしかったですが、ホルスさんちのマフィアもおかしな集団です。
その原因は、ボスのホルスさんだけ、他の構成員と歳が離れすぎてるからだと思います。
冒頭で主人公にやられた手下も、下手すりゃホルスの息子位の年代です。
なのに、ホルスは彼らに「俺たちは兄弟同然だ」と言います。
――息子くらい歳が離れてるのに?

さらに、ホルスの家では、若い手下達がゴロゴロしてます。
こちらも、息子か、下手すりゃ孫世代の手下です。
なのに、ホルスの自宅でエロパーティを開いています。
ホルスが「女たちを帰せ」と言ったら「女がイッてから」と軽く口答えされます。
しかも2回。

……ボス、軽く見られてる!?孫みたいな歳の手下に?!

しかもその手下の煽りに対して、余裕で冷徹に返す訳でもなく、
キレて「他の手下が死んだんだぞ」と胸倉を掴んじゃうホルス。特に殴りもしないホルス。
何でしょう、この、「歳はこんなに離れてるのに立ってる土壌は一緒」感。
その雰囲気は最後まで変わる事はありませんでした。
ホルスがぼっこぼこにされてるのに、若い手下、誰一人ホルスに加勢しない!

これらの所為で、ホルスが、
「自分はまだ若いと思って無理に若者に合わせて粋がってるおじいちゃん」に見えて始終郷愁を誘います…
若者に仲間に入れてもらいたくて、無理にレベルを若者に合わせてるおじいちゃんに…!
(そんな歳ではないけれど)

というか、多分「兄弟」と言っていた時点で思ったのですが、そもそもホルスの人物設定が、手下と多くても5歳位しか離れてない位の年齢で、「マフィアのボスと言うより長男坊」という立ち位置なのではないかと思いました。
手下との絡み方とか、無体の仕方とか、ホルスがもっと若かったならば、違和感をそこまで感じません。
そこに50過ぎたラングレンを配置してることがおかしいです。
決めた人のセンス!

レイジング・コップスの時も思いましたが、このチーム作品、配役を冒険しすぎな気がしますよー!
ラングレンが老刑事で、主人公役の人がホルスで、ホルスの右腕の人が主人公で、老刑事役の人が主人公の右腕で――ってシャッフルしたいです。
それでも話が崩壊してるのはどうしようもないですけれど。
最終的に手下無双したのがヒロイン(?)という不思議な展開とか…

まぁ、
JM以来の長髪髭面ラングレンは心配していたより悪くなかったですし、
久々に何故か上半身脱いでサンドバックをボコボコするラングレンは格好良かったので、
とりあえずコンプリートしたいなぁと思ってる方にオススメです。
そんな方にしかオススメできないとかは言えません。
ラングレン役では珍しい「女性に性的無体を働く姿」が見ラレマスヨー(棒読み)
部下に中断されて更に外を爆撃されても、部下を向合わせた後に徐に「続きをするぞ」と手を引いて奥の部屋に引っ込むクズっぷりです。
画面を見ながら「続けるのかよ!」と思わずほんとに声を上げてしまいました。
本気だったらアホ過ぎるボスですし、ギャグだったとしたらなかなかサイテーな脚本ですwww

それにしても、この監督とこの俳優陣で、今後どんどん作って行くつもりなのでしょうか?
ラングレンは外してくれないかなー。
そしたらこのチームの映画、見なくてすむのになー。
でも、最近の姿を見れるだけ御の字なのかなー。
生存を報告する絵葉書だと思えば良いのかしらん…
ほんと、こんな作品でも日本発売してくれて感謝感謝です。
ラングレンが出てるからという理由のみで日本でDVD化したとしか思えない。
ラングレンの声、大塚明夫氏があててますし!ここは凄く最高です!!



エクスペンダブルズ3 ワールドミッション Premium-Edition [Blu-ray]エクスペンダブルズ3 ワールドミッション Premium-Edition [Blu-ray]
(2015/03/18)
シルベスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム 他

商品詳細を見る
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。