スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了「シスターズ・ブラザーズ」


シスターズ・ブラザーズシスターズ・ブラザーズ
(2013/05/11)
パトリック・デウィット

商品詳細を見る

内容紹介(amazonより)
乱暴な兄、優しいがキレると危ない弟。凄腕の殺し屋シスターズ兄弟は、ゴールドラッシュに沸くカリフォルニアへ仕事に向かう。読書界に衝撃を与えた、ブッカー賞最終候補作。


ジャケ買いです。
表紙絵からして双子の兄弟なのかな…と思ったら、ちょび髭兄貴と北斗の拳のハート様寄り弟でした!
詐欺だー!
でも面白かったです。テンポ軽快でした。

この兄弟、ボスに依頼されてターゲットを殺しに行きます。
その道中で色々な事に遭遇します。
理由なく女子供を殺しませんが、理由があると殺しちゃうドライな殺し屋です。
実際には陰惨だったりしますが、軽くで描かれてているので陰惨な感じがしません。
かなりドライな仕上がりです。
そもそも、出て来る人出て来る人おかしな犯罪者ばかりです。

兄弟が追ってたコンビもなかなか良いコンビだったので、あの結末は残念…
でもあれがあるからこそ2人の絆が解るというジレンマ。

面白かったです。ラストも割とキレイ。

関連記事

Tag: 感想

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。