映画「ラストベガス」見ました。


ラストベガスラストベガス
(2014/11/21)
マイケル・ダグラス、ロバート・デニーロ 他

商品詳細を見る

内容(「Oricon」データベースより)
アカデミー賞受賞の名優たちが初共演!リアルな老いや葛藤をユーモラスに描きながら、男同士の友情も描く笑って泣ける痛快作!無敵の少年時代から半世紀。それぞれ人生の黄昏に向かっていた…と思いきや、4人の中でも超リッチな実業家ビリーが、超若い恋人との結婚を突然宣言!持病もちも、やもめ暮らしも、ベガスに集結!58年の友情で結ばれたヤンチャな4人組の「最後」のゴージャス・パーティーが始まる…。


個人的に楽しかった度★★★★★
家族で見て無難度 ★★★☆☆
おじいちゃんダンディ度 ★★★★★

58年後の次が58日後なのがおもしろい!

ビリー(マイケル・ダグラス)とパディ(ロバート・デ・ニーロ)とアーチー(モーガン・フリーマン)とサム(ケヴィン・クライン)は仲良し4人組。
6歳の頃からつるんでます。
で、アラウンド70のビリーが31歳の相手と結婚するという事で、バチェラーパーティを開こう!ということで、4人でラスベガスに遊びに行くというお話。

アーチ―は、最近脳梗塞を起こしたせいで、息子が過剰に心配して子ども扱いしてくる事に辟易しているので、息子の目を盗んで旅行へ出発。
サムは、最近リタイアした為に人生に張りが亡くなりどんより気味だったので、そんなサムを心配した奥さんが今回の旅を期に生気を取り戻して欲しいと火遊びを許可。但し、何が起こったかは自分には一切言わないで欲しいともサムに言います。うっきうきのサム。
そんなアーチーとサムの二人は、一年前に亡くなった奥さんを忍んでやはり死んだ様に生きてるパディを騙してラスベガスに向かいます。

パディは昔ビリーとソフィを取り合って、結果としてパディとソフィは結婚。
一年前に亡くなったソフィの葬式に来なかった事から、パディはビリーにずっとおかんむりです。
飛行機の中、4時間、ずっとビリーへの文句を言い続けてて、お前らほんとは仲良いだろ感がすごいw
それからベガスに着いてビリーも合流。4人のベガスでキャッキャウフフが始まります。

ストーリー的には、そんな珍しい事もなく、予定調和で進んで行きますが、名優揃いなので安定の安心感。
各俳優の今までの積み重ねがおじいちゃん達のキャラクターに厚みを与えてます。
ブラックジャックで実は勝っててニヤリとか、
サムがメガネ無しだったのでオカマに声をかけちゃうとか、
デニーロのパンチボグシャァとか、
「実はマフィア4人組なんだよフフフ」とか、
この4人なら「あー、ありそうw」と思えて来ます。
妻は俺を愛してた(自信たっぷり)とか、
妻に最高の出来事を話せなかったらその瞬間にそれは最高じゃなくなるんだとか、
若者達と交流が出来たりとか、
こうなって欲しい…!と思う通りに話が良い意味で進んで行くので爽快。

個人的には、アーチーが女性の口説き方を伝授するシーンが好きです。
パディが自信をもって「ソフィは俺を愛してた」というシーンも良い。2人の歴史がパディに確信を持たせてるのが素敵です。
各人ちゃんと問題を抱えててちゃんと解決して、4人のおじいちゃんのカッコよさは筆舌に尽くし難い…。



LINEスタンプ
ししゃも1ハムスターのししゃもさん 
ししゃも2ハムスターのししゃもさんその2
ししゃも3ハムスターのししゃもさんその3
 
関連記事

Theme: DVDで見た映画 - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する