映画感想「マキシマム・ソルジャー」「エクソシスト・キルズ」「悪魔の毒々モンスター」「チキン・オブ・ザ・デッド」「エイリアン・オリジン」

2005_1012写真0177地獄のB級映画祭りです。

・マキシマム・ソルジャー
・エクソシスト・キルズ
・悪魔の毒々モンスター
・チキン・オブ・ザ・デッド
・エイリアン・オリジン

ひょっとしたら面白いかもと時々やりますが、たいてい後悔して終わります。




 マキシマム・ソルジャー
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演のコマンドアクション。アメリカとカナダの国境近くの島で森林保護官を務める元海兵隊員のヘンリー。戦場で心に傷を負った彼は島で穏やかな日々を取り戻しつつあったが、ある日麻薬を載せた飛行機が湖に墜落し…。

個人的に面白かった度 ★☆☆☆☆
人と見て無難度 ★★★☆☆ 
ヴァン・ダムの頑張り度 ★★★★★

どう見ても低予算映画ですよ!
パッケージからも内容紹介からも「ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演」だと思うでしょ?
ざーんねーん!!主演主演サギでしたー!!
ヴァンダムは敵の親玉です。地球を愛するベジタリアンでテロリスト的な何かです。
割りとエキセントリックな方で、日本語吹き替えの場合全部敬語で話します。
周辺が背が高い方ばかりのせいか、アクション俳優にしてはヴァンダムの背が低目なのがよくわかります。
正直、その体躯では悪役にはあまり向かないな…と思いました。主人公のほうがでっかいので怖さがないです。
その代価としてキャラの性格をエキセントリックパレードにしたのかな?
銃が嫌いで関節技で戦います!という売り文句を何処かで見かけて、関節技楽しみにしていたのですが――
銃が嫌いな割にはあっさり銃を使うし、関節技といえば只管首を絞めるだけでした…残念!
そりゃそうなのでした、ヴァンダムは空手だから。
端から関節技を期待する方が間違ってるのでした。
映画としては、主人公に対して好感を特に持てる事が起きなかったので、というか割りとクズっぽいところもある?と思う場面もあるので、主人公が命を狙われても特にハラハラしません。
主人公の体型も微妙にぽちゃぽちゃして見えるので、ヴァンダムと対等に戦わせるには役者不足では…
むしろ主人公に逆恨みして殺しに来た事件になんの関係もない黒人の人の方が好感が持てる気がします。
B級アクションにありがちなサービスシーンは一切無しなので、ある意味硬派な作り。
ヴァンダムはエキセントリックな悪役を頑張ってるので、ヴァンダムを応援したいにオススメ。
ヴァンダムさんがんばってます。
髪型から、始終ピエロに見え(文章はここで途切れている)



エクソシスト・キルズ
悪魔憑き現象の続発により人類が危機に陥っていた近未来を舞台に、最新鋭の武器で悪魔に立ち向かうエクソシスト集団“THE CLOTH”の活躍を描く。『マチェーテ・キルズ』のダニー・トレホ主演。
個人的に面白かった度☆☆☆☆☆
人と見て無難度 ☆☆☆☆☆
Z級度 ★★★★☆

ダニー・トレホ出る出る詐欺だ!
気を付けろ!!

トレホ目当てで見たら火傷しますよ!トレホ出演総時間5分くらいです。
とってもZ級です☆
トレホ目当てに見ると、あと90分地獄が続きます。
小物作り担当のお兄さんは、割と格好良いのが救い。
悪魔憑きの所為で醜く変貌しちゃった娘さんがヒロインだったらもっと面白かったのに…
出演者が好きだけどこれB級だ('A`)…という映画を仕方なしに見る前にこの映画を見たら良かったかも。
精神が破壊されるのでどんな映画でも大抵面白く感じる様になれます。



 悪魔の毒々モンスター
出演: アンドリー・マランダ, ミッチェル・コーエン, マーク・トーグル
監督: ロイド・カウフマン, マイケル・ハーツ

内容(「Oricon」データベースより)
ロイド・カウフマン率いるトロマ・チームが総力を挙げて創り上げた傑作!!スポーツジムで清掃員をしているいじめられっ子メルヴィンが、不良グループの悪ふざけから有毒廃棄物のドラム缶に飛び込み、醜く変身を遂げて“毒々モンスター”となってしまう。


個人的に面白かった度★☆☆☆☆
家族と見て無難度 ☆☆☆☆☆
エログロナンセンス度 ★★★★★
意外とちゃんとヒーロー度 ★★★★★


何かの雑誌か本に紹介が載ってて、それで興味があって見てみたのでした。
ホラー映画全盛期の頃に作られたある意味名作B級ホラーコメディだそうで、最近円盤化再びになりました。
お、おう…うん……なんかデロデロがすごかったです。主人公のビフォー&アフターもすごい。
主人公がモンスターになる前のほうがアレなのがすごい。
この不謹慎とか何それおいしいの!!?なパワーは一体何処からでるのでしょう。
色んな意味で自由だった制作当時の時代が垣間見えます。
良かったところは、意外とけっこうちゃんとヒーローしてます。あの見た目なのに助けられた人々が信頼していくところが微笑ましい。
脈動と共に血が吹き出る演出が妙に凝ってました。




 チキン・オブ・ザ・デッド/悪魔の毒々バリューセット
出演: ジェイソン・ヤチャニン, ケイト・グラハム, アリソン・セレボフ
監督: ロイド・カウフマン

内容(amazonより)
ネイティブ・アメリカンの墓地跡に建てられたフライドチキンのチェーン店アメリカン・チキン・バンカーで呪われたチキンを食べた人々が突如ゾンビ化、さらには巨大チキン・モンスターとなって暴れ出す。地獄と化した店内で童貞の接客係とレズビアンのガールフレンド、さらに自爆テロが趣味の過激派従業員たちが笑激のサバイバルを続け、人類の危機を救うべく歌って踊りながら壮絶な死闘を繰り広げる。


個人的に面白かった度☆☆☆☆☆
家族と見て無難度 ☆☆☆☆☆
エログロナンセンス度 ★★★★★


なんか怖いもの見たさでレンタルしました。
なんかデロデロでグチャグチャしてました。
ひたすらデロデログチャグチャでした。
下ネタとエロネタとグロネタのオンパレードでした。段々死んでゆく私の目。
ご飯食べながら見ると食欲が超減退するので、ダイエットにオススメ。
ヒロインより、イスラム系のお姉さんの方が美人だったです。
上記の毒々モンスターの方が、話の筋がしっかりしてます。




 エイリアン オリジン
出演: チェルシー・ヴィンセント, ピーター・ペドレロ, フィリップ・ドック, トレイ・マッカレイ
監督: マーク・アトキンス

内容(「Oricon」データベースより)
“人類誕生の謎”を描く超大作「プロメテウス」に続く、衝撃のSFミステリー!中央アメリカのベリーズに駐留する米軍特殊部隊は、国境警備任務のため密林地帯に出発。ジャーナリストのジュリアたち、撮影クルーも同行した。彼らはマヤ文明の遺跡で、考古学調査隊のキャンプを発見。そこに隊員の姿はなく、パソコンには謎めいた動画が。それは洞窟に横たわる未知の生物、エイリアンの骸骨を撮影した映像だった…。


個人的に面白かった度☆☆☆☆☆☆☆
家族と見て無難度 ☆☆☆☆☆
エイリアン関係無い度 ★★★★★★★★


プロメテウスに続いてないしリドリー・スコットのエイリアンにも全然関係無い!!
パッケージにかいてあるUFOさえ出て来ない!
エイリアン、ラストにちょろっとしか出ない!
ビデオを撮りながら、ひたすら主役が森を走って、メンバーが減ってくだけです。モキュメンタリー。
ストーリーも何もありません。
全体的にすごいエイリアン詐欺映画。
これはヒドイ。
こんなの作っても日本発売になるんだ、日本寛容だな…と感心してしまいます。
自分が面白いと思っている映画を「あんなののどこが面白いの?」と貶す相手を椅子に縛り付けて無理矢理見せて「これが真の『面白くない映画』というものだよ!さあ見ろ!本当の地獄を見せてやる!」とやる時に使おうと思いました。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



LINEスタンプ
哀しげな犬 ことりざむらいヨメを好きすぎるスタンプ
関連記事

Theme: 映画レビュー - Genre: 映画