スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯医者に行って来て、「染みる」の恐ろしさを知った事。


歯医者曰く、

「レントゲンを見て解ると思いますが、この虫歯の陰がかなり神経ギリギリに来ています」
「冷たいものが染みているのは、まだマシなんです」
「熱いものが染みるとなるとかなりの末期で、神経が炎症を起こしている可能性が高いです。」
「歯の神経が炎症を起こしていると、周辺に広がって後に激痛で苦しむ事になるので、神経を取らないといけません」

歯医者


兎に角神経を取るのは絶対嫌なので、なるべく神経を取らない方向でお願いしたところ、まず虫歯を削ってみてどうなっているか見ましょうという事でした。
そこから削ってもらいました(歯茎麻酔→麻酔なので無痛治療)が、ほんとにギリギリで、神経の穴が見えている状態だそうです。
で、まだ神経は綺麗…?これなら大丈夫、か、な……?という本当にギリギリのラインだったそうで、穴を塞いで二週間様子見となりました。
二週間後も痛かったら、もうアウトで、あきらめて神経を取るしか…
人口物より人体のシステムを評価してるので、なるべく神経は残したいです。
というか、今回、銀歯の下に虫歯が育ってたパターンだったのですが、見えないので流石に気付けないですよー…
染みるのも知覚過敏かな?くらいにしか思ってませんでした。
1~2年で出来た虫歯じゃ無いと言われましたが、以前に通っていた歯医者が、虫歯発見率が異様に低く(レントゲンで影が映っていても虫歯は無いと言う)銀歯が取れても何もせずにそのままはめ込むタイプの歯医者さんだったので、それがいけなかったのかもしれないな…と思いました。
正直、お年寄りの歯医者さんは避けた方が良さそうです。
若い人が沢山いて深夜までやってる歯医者も危ないですが。

それにしても、神経を取るかもと言われた時の私の動揺の仕方凄かった。
その後の治療、心臓バクバク言っててそれどころじゃなかったです。

もーほんとお医者さんてへたなところに行ったら一生モノの問題になるからー!
ヤダー!



LINEスタンプ
山口弁しろぎつね1 山口弁しろぎつね2 しろぺんはんこ すずめはんこ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。