スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画感想「記憶探偵と鍵のかかった少女」「シングルマン」「ナイト&デイ」

ブログ用2
先日「キングスマン」を見たので、出てた人の映画を見てみました。

「記憶探偵と鍵のかかった少女」
「シングルマン」

それと、テレビでやってた「ナイト&デイ」です。



 記憶探偵と鍵のかかった少女

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
“記憶探偵"が美少女の記憶に仕掛けられた謎に挑むサスペンスミステリー。他人の記憶に潜入する能力を持つジョンは、16歳のアナの記憶を探ることに。だが、その記憶は不穏な謎に満ちており…。


個人的に面白かった度★★★☆☆
人と見て無難度 ★★★★☆
主人公不憫度 ★★★★☆

人の記憶を探れるという超能力を使って操作をする探偵社の捜査員のお話。主演は「キングスマン」にも出てたマイク・ストロング。
結局記憶は曖昧なものであり、思い違い、思い込み、改ざんされるもので、証拠として使えるのか?という部分もあり。
何か話はよくわかりませんでしたが、「記憶と証言、一体どちらが真実なのか?」という部分がミステリーのお話でした。
しかし、初っ端から「少女」が「女」にしか見えなかったので、「よくわからないけれどお前が怪しい!」いう結果に→案の定。
外国人の見た目基準からしたら、十分幼い少女の外見なのかな?
全然あどけなくないので、全部ジョンを惑わせに来てるというのが有り有りと解ってしまい、只管「逃げてージョン逃げてー!」でした。
またジョンがコロッと騙されます。ジョーンー!しっかりして!
「RED」を見たばかりだったので、それにでてるロシアスパイのおじさんが出演してたのが嬉しい。
面白いか面白く無いかは人によると思われますが、一応ハッピーエンドですし、映像が綺麗です。
「鑑定士と顔のない依頼人」に作りが似てる気がします。気の所為かも。



 シングルマン
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
稀代のファッションデザイナー、トム・フォードが初監督を務めたドラマ。16年間共に暮らしたパートナーを交通事故で亡くしたジョージは、悲しみを終らせるために自殺を決意する。しかし、死を決意した瞬間から、世界の見え方が少しずつ変わり始め…。


個人的に面白かった度★★★☆☆
人と見て無難度 ★★★★☆
大学生が目を覚ました時が心配度 ★★★★★

ふぁっしょんよくわかんないので、なんかおんなのひとはふるいかっこしてるなーとおもってみてました。
昔の007みたい。
「キングスマン」のコリン・ファース主演「シングルマン」です。
これは別にスパイアクションものではなく、孤独から救ってくれていた16年来の恋人を事故で失った主人公の最後の一日のお話です。
大きな家に住んでて大学教授という地位についてても孤独は孤独、人と関わり続ける事でしか寂しさは癒せないという話なのかな?
しかし、大学教授その割にはモテモテです。その気になればチョチョイのチョイという感じですが、それだけパートナーの存在が大きかったということなのかな。
それにしても、解ってて主人公の目の前ですっぽんぽんのすけになる大学生も不思議な思考してますが、それを見た主人公の目が一瞬獣で怖い。
ですが、主人公が生徒に手を出さなくてホッとしました。
その後、子を見る親みたいな目になってたので、パートナーの喪失部分は別の人で埋められないけれど、他の関わり方での孤独を埋める可能性を見たのかな。
面白いか面白く無いかはよくわかりませんでしたが、自分だけが寂しいんじゃないんだなという慰めになる映画かもしれません。




 ナイト&デイ
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
トム・クルーズとキャメロン・ディアス共演のアクション。ジューンは空港で出会った男性・ロイに恋の予感を覚えるが、嵐のような大事件に次々と巻き込まれ…。

個人的に面白かった度★★★☆☆
しかし同時に辟易した度★★★★☆
人と見て無難度 ★★★★★

テレビでやってたのを録画してたので見ました。
wikiによると、興行失敗と書いてありますが、同じくwiki製作費$117百万に対して興行収入$262百万、2倍儲けてるよと思ったら「トム・クルーズ主演にしては」ということみたいなのでした。
「クルーズとディアスでは若年層の観客を動員することが難しい」と言われてたのは公開時も雑誌に書かれていたを見ましたが、実際に本編を見るに、
――いや、これ、トムとディアスだからこれだけ興行収入いけたんでしょう……
というくらい何時の時代ですかという脚本でした。
兎に角ヒロインが始終恋愛脳でヒーローの足を引っ張ってばっかりで助けられてばっかり。
これがキャメロン・ディアスじゃなかったらとっくに辟易してます。
ラブコメアクションものは、ヒロインが恋愛脳で道化を演じて只管ヒーローに助けられれば笑いが取れる――と一昔のセオリーを信じて作ったら、今の視聴対象とされてる女性層に受け入れられなかったが正解じゃないのかな?今時これが女性向け映画って。
大事故を引き起こすところが、キャメロンだから「可愛いねー」で済みました、てなところだと思いました。
ヒロイン頭良くなるかな?→やっぱりアホでしたー!を何回繰り返せば良いのか。
ロイはそういうジェーンのアホっぽい所+見た目=可愛いで落ちた模様です。
あ、うん、まあ、それでもロイ(トム・クルーズ)なら大丈夫。このくらいのハンデで敵には丁度良いですね。
じゃないとこの映画の敵じゃ10分で映画終わっちゃいますね!
ヒロインのアホさ加減とそんな足手まといを物ともしないヒーローの無双加減を楽しく感じられれば、2人を暖かい目で見守る気持ちで見られるなら、とても楽しい映画、ナイト&デイです。
そうじゃない場合(ex:ヒロインがお飾りな映画は飽々なんだよ!派)には地獄と化しますので、ギャンブルしたい方にオススメ。
地上波放送で見たから、カット部分があるのかもしれません。




にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ




LINEスタンプ
はむすたーのししゃもさん1はむすたーのししゃもさん2はむすたーのししゃもさん3

関連記事

Theme: 映画レビュー - Genre: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。