スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画鑑賞「スターウォーズ」ep.1~6

rakugaki-177.jpg

そろそろスターウォーズ7のCMがテレビでも流れ始めた最近ですが、
よく考えたら、1~6までちゃんと見た事が無い事に気づきました。

4~6の公開後に、テレビで何回か放映していた気はしますが、本気では見てなかった…
スターウォーズのシリーズに関しては、「どの順番で見たら良いか問題」があるらしいですが、DVDを借りて来た後に、素直に公開順に見て見ました。
つまり、4→5→6→1→2→3です。
ほぼ初見の気持ちで見ました。

  
エピソード4~6「新たなる希望」「帝国の逆襲」「ジェダイの帰還」
主人公…ルーク・スカイウォーカー
個人的に面白かった度★★★☆☆
人と見て無難度 ★★★★★
後から改変されたCG部分は改悪だなと思った度 ★★★★★

オープニングで「これまでの経過と現状の情勢」が全部文章で説明されるのざーんしーん!!
これは幼少期にスターウォーズを見てもストーリーに「?」となるはずです。
文章読むスピードと理解が追いつきません!
ちょこちょこと情報をネットで検索したところ、ルーク役の人は4から5の間に事故にあって顔を整形せざるを得ない怪我をおったそうです。どうりで顔付きがちょっと変わっています。
金ピカのおしゃべり通訳ロボットC-3POと喋られないチビのR2-D2は、黒澤の「隠し砦の三悪人」の百姓2人がモデルだそうです(その割にはR2-D2はとても勇敢)
ヨーダは日本人の依田さんがモデルだそうです(誰)

ストーリーを一言で表すと、

4…おじさんおばさんに我が子として育てられてたルーク、色々あってレイア姫を助けるために旅立ちます。レイア姫の入ってるレジスタンスに入って悪い帝国軍のでっかい要塞を破壊します。その過程で師匠のオビ・ワンが敵のダース・ベイダーにやられたり、宇宙の運び屋ハン・ソロと友達になったりします。

5…化けて出てきたオビ・ワンに、ヨーダの元でもっと修行しろと言われたルークはヨーダのところに行って修行します。そしたらダース・ベイダーがレイア姫とハン・ソロを捕まえてルークをおびき出します。2人を助けに行ったルークはダース・ベイダーに「私がパパだよ!一緒においで!」と言われて大ショック。レイアと一緒になんとか逃げたけどハン・ソロは借金取りに拘束されちゃってた後でした。

6…ハン・ソロを借金取りから助けたよ!レイアと兄妹だって判明したよ!パパも暗黒面から救ったよ!でもパパ死んじゃったよ!帝国も崩壊したよ!ハン・ソロとレイアはくっついたよ!ルークとハン・ソロはズッ友だよ!でめでたしめでたし。

これ1本だけ見たら、そんなに面白いかな…?と疑問に思うところですが、3本続けて見たらナルホドと思いました。
最近公開された「ジュピター」も宇宙の王族は未だこんなカンジのデザインですから、影響力凄いし、これより先に行った発想がまだされてないといったのは何だかんだですごいです。
登場人物は割りとざっくらばん。
レイアにずっと「俺に惚れてるだろ!」と言い続けるハン・ソロは特にすごい。
どっから出て来るのその根拠、この人痛いな…と思っていたレイアはピンチの際に急にハン・ソロに「愛してる」宣言。
2人がくっつくという結論は知ってたけど、え、こういう過程なの?有りなのこの流れ!なんというおおざっぱ…!
え?ハン・ソロも実はフォースの持ち主じゃないの??
rakugaki-178.jpg

4にてレイアたちを助けるためにヨーダの修行を中断して「必ず戻ります」と出発したルークですが、5で戻って来たらヨーダ老衰で死にかけてる!Σ(・∀・;)からの死んだ!!Σ(゚Д゚)  
こちらも何という大雑把な…!
悪の皇帝の倒し方、フォース関係なくてめっちゃ物理!
担いで落とした!
ざっくらばん!!
sw.jpg
すごい…すごいよ…けっこうな力技脚本ですよ…!
娘の存在さっき知ったばっかりなのに「愛していたと伝えてくれ」とか言い出してる!
そもそも初めにテロップで済ますところからざっくらばんなのでした。


とは言いつつも、基本、イライラさせる人は出ない(ルークは反抗しても何だかんだ言って素直、ハンは何だかんだで良い奴)ので見易いですし、世界観がしっかりしてるので多少の「?」も「まぁそんなもんなのかな、この世界じゃ」くらいで流せます。

今回レンタルしたDVDは、エピソード1~3頃に発売するにあたり、ほぼSFXと特殊メイクでされていたものを一部CGに直してあるものそうです。
やんないほうが良かったね…というのが正直な感想。
リメイクした当時は最新のCGだったのだろうけれど、更に進んだ今のCGを見慣れてると違和感のあるCGです。
元のキグルミと特撮のままの映像を残した方が、違和感も無いし当時の技術が解って面白かったのに。
CGより特殊メイクの方がとても自然です。CG浮いてます。
しかし一番の大罪は、6でラストに出るダース・ベイダーでなくなったアナキン・スカイウォーカーを、その後作られた1~3でのアナキン・スカイウォーカーの役者に差し替えたことでしょう。
これはヒドイ。
この改悪に関しては「暗黒面から開放されたから、暗黒面に染まる前の姿に戻った」という説があるそうですが、納得いかない…!
一度暗黒面に落ちたけど、それ救われて再びジェダイの騎士に戻ったのだから、今(4~6で演じた役者さん)のアナキン・スカイウォーカーじゃないと!乗り越えた後の姿じゃないと!と思うのは私だけなのかしらん……製作者はそうは思わなかったみたいです。
そういう小難しい話以前に、フツーに公開順の4から見始めた側からしては「どちら様?」状態でした。
sw2.jpg

CGだけじゃなく、例えば6でダース・ベイダーが元は無言だったのが「やめろー!」と叫んだりと色々ストーリーも多少手を加えてあるそう。
劇場公開版を見るためには、レンタルじゃなくDVDを買わないとダメみたいです。





  
エピソード1~3「ファントム・メナス」「クローンの攻撃」「シスの復讐」
ルークのパパであるアナキン・スカイウォーカーがダース・ベイダーになるまでのお話。
個人的に面白かった度★★☆☆☆
人と見て無難度 ★★★★★
どいつもこいつも度 ★★★★★


1…何だかんだでアミダラ王女を護衛していたジェダイのクワイ・ガンとその弟子オビ・ワン、なんだかんだで辺境の惑星に立ち寄った時に少年アナキン・スカイウォーカーと出会います。で、何だかんだでクワイ・ガンが敵にやられてお亡くなりになったので、ジェダイになったばかりのオビ・ワンがアナキンを弟子にすることになりました(嫌な予感しかしない)

2…かわいかった子供時代はどこへやら、りっぱな自信過剰で生意気な弟子に育ったアナキン・スカイウォーカーは、いろいろあった後にパドメ(アミダラ王女)と内緒で結婚します。

3…パドメとの間に子どもが出来たと喜ぶアナキンですが、パドメが死ぬ夢を見てしまい、パドメを死なせたくないと力を欲して悪い人の誘惑に負けて暗黒面に落ちてダース・ベイダーになります。パドメはそれがショックで死んじゃいます(本末転倒) こうして帝国と皇帝とその弟子ダース・ベイダーが出来たのでした。


うーん、1はともかく、これは4~6で好きだった部分が全部裏切るパターンの続編です。
正直、私には向かない展開でした。
ルークの時には、ジェダイは清く正しくかっこいい!というイメージでしたが、1~3のジェダイはなんかずっとウダウダグズグズしてます。すぐやられます。「暗殺に失敗したー!」と言って逃げます。
ルークの時には、ダース・ベイダーは底の知れない不気味な存在でしたが、2~3で見たダース・ベイダーはただの自意識過剰で自信過剰で周囲の話を聞かないわがまま坊やでした。その延長で闇落ちするので「かつては良きジェダイだった」感があまり無し。
これが本当に良きジェダイで、にっちもさっちも行かなくなって暗黒面に落ちた(パドメが殺されたから復讐のためにとか)のだったらまだ「善き心」が分かりやすかったのですが、アナキンの「善き心」はあまり判りませんでした。
というわけで、アナキンにもずっとイライライライラさせられます。
パドメもなんでアナキンが良かったのやら。正直2のアナキンの迫り方はカラッとしていたソロと比べて気持ち悪い。思い出補正?目を覚ませパドメ。後、子どもが居るのに生きる気力が無くなったってどういうことだ。というわけでパドメにもイライラ。
良い国だと思っていた共和国も上層部が腐っていてイライライラ。
2で大物っぽく神秘的だったヨーダも、何もせずに事態を悪化させてるように見えてイライラ。
さらにストーリーも、4の敵の帝国が出来る過程なので事態が好転する訳もなく暗いのでイライライライラ。
映画1本の間に起こるエピソードも、薄い気がします。

仕方ないことなのではありますが、もうちょっと何とかならなかったのかな…

しかし、見る順番を456123にしたのは正しかった様で、ルークを育てたおじさんとアナキンは連れ子同士なので血は繋がってない事が2でわかったり、C-3POはアナキンが造ったロボットだったとか、このキャラとこのキャラは以前にここで出会っていたとか「あー、そうだったんだ!」という発見が楽しかったです。
1~3の時代はR2-D2は覚えてるけどC-3POは記憶を消去されてしまっているとか、だけど4~6では覚えてなくても一緒に行動するとかR2-D2を見捨てられない3POとか、もう一回4~6を見返すとホロリと来てしまうかもしれません。

タイトル順は123456ですが、見る順番は456123の公開順で良いと思いました。
面倒なタイトルの付け方してるですね~。

さて、果たして私は新作7を劇場に見に行くのかな?




にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



LINEスタンプ
はむすたーのししゃもさん1はむすたーのししゃもさん3山口弁しろぎつね3
関連記事

Theme: 映画レビュー - Genre: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。