邦画鑑賞「縫い裁つ人」 「映画深夜食堂」 「マエストロ!」


日記用06

「縫い裁つ人」
「映画深夜食堂」
「マエストロ!」



「縫い裁つ人」
繕い裁つ人 DVD

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『しあわせのパン』の三島有紀子監督が池辺葵の人気漫画を映画化した人間ドラマ。南洋裁店の店主・南市江が仕立てる服は、手作りの1点物。神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、彼女は興味を示さず…。


個人的に面白かった度★★★★★
人と見て無難度 ★★★★★
チーズケーキ食べたくなる度 ★★★★★

・おもしろかった!すごく好き!
・とはいっても、起承転結のはっきりした抱腹絶倒ムービーや感動大作ではありません。淡々と流れる日常で、ちょっとずつ変化して、最終的に生き方を少し変えるという、ある意味退屈なおはなしです。
・そこにクスッとする事がちょっとあったり、イラッとする事がちょっとあったり、とにかく淡々。でもそれが丁寧に作られてます。
・主人公が服職人なので、着てるものがかわいい。ずっと濃い目の色を着ているのですが、決心をしてからは明るめの色を着ていたり、心境の変化が服でも表されてます。
・インテリアもきれい。あんなお家に住みたくなります。一室を仕事部屋にしているのですが、日当たりの良い窓際に、はじめはミシンを置いてますが、最後にばデザインするときに使う机と場所移動させるという演出も好きです。
・とんでもない事件とかは起きないので、ちょっとしたことに主人公の心情の変化が折り入っています。
・主人公が寄るカフェもかわいいし出て来るチーズケーキも美味しそう!
・不快なキャラクターもいません。
・全体的にどこを見ても楽しい。何度でも見たい映画です。
・原作を先に読んでいたのですが、原作先に読んでても全然平気です。




「映画深夜食堂」
映画 深夜食堂 [DVD]
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
安倍夜郎のヒット漫画を原作にしたTVドラマシリーズ「深夜食堂」を映画化。ネオンきらめく繁華街の路地裏にある小さな食堂“めしや”。その食堂のマスターが出す懐かしい味を前に、客たちの悲喜こもごもな人生模様が交差する。主演は小林薫。


個人的に面白かった度★★★★☆
人と見て無難度 ★★★★★

・ドラマは見てます。原作も読んでますが、原作とドラマは別物かなと思ってます。
・ドラマは多少世知辛い話の回もあるのですが、映画は世知辛くなかくて良かった。二時間世知辛いのは流石に辛い。
・ドラマ3話分をミックスさせた感じです。
・多部未華子の清潔感すごい!どんどんかわいく見えて来ます。
・「女将さん…マスターに恋してるんですね」のシーンが、思わず画面に向かってヒューヒュー!と言ってしまうくらい微笑ましい。
・竜さん出て来たけど、カメオ出演的チョロっと出でした。
・思ったよりオダギリジョーが活躍してました。
・ドラマの時もそうですが、ご飯シーンはそこまで重きを置かれてません。人情物語。




「マエストロ!」
マエストロ! [DVD]
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
小林聖太郎監督がさそうあきらの原作を、松坂桃李、西田敏行、miwaらの共演で映画化した音楽ドラマ。解散したオーケストラが再結成することになるが、集まったのはプロと思えないメンバーばかり。彼らは謎の指揮者・天道のやり方に反発するが…。


個人的に面白かった度★★★☆☆
人と見て無難度 ★★★★★

・原作の漫画、先に読んでます。
・団員との関わりによるマエストロの凄さの表現が、淡々と流れてしまってたのが残念。原作を読んでてそこが見所だと思っていたので。
・原作読んでなかったら面白かったのかな?
・役者さんは、好きな役者さんがいっぱい出てたというか好きな役者さんしかいない位だったのに、そこまで面白く感じなかったのは……脚本なのか監督なのか。
・音が重なった時のゾクゾク感とか、思った以上の音が出せた時の高揚感とかが全く無いのも残念。
・いろいろ不満は残るのですが、最後のオーケストラでチャラになっちゃう感はあります。オーケストラものの卑怯なところ!



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



ヨメを好きすぎるスタンプしろぺんはんこ すずめはんこことりざむらい うさぎのもも
関連記事

Theme: 映画感想 - Genre: 映画