映画鑑賞「ジョン・ウィック」


 ジョン・ウィック [Blu-ray]

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
キアヌ・リーブス主演、伝説の元殺し屋を描いたアクション。裏社会に語り継がれる伝説の殺し屋、ジョン・ウィック。足を洗い平穏な日々を送っていた彼は、ある日、愛するものをマフィアに奪われる。怒りに震えた彼は、復讐のために立ち上がる。


個人的に面白かった度★★★☆☆
人と見て無難度 ★★★★★
子犬かわいそう度 ★★★★★
脳筋度 ★★★★★
職人さんたち格好良い度 ★★★★★



・愛するもの=3日間一緒に過ごした健気な仔犬(´;ω;`)

映画ジョン・ウィック

怒涛の「あたりまえ体操」映画でした!!
・や…やばい…頭良い人、ホテルの支配人しか居ない…!!
・5分に1度は訪れる、怒涛の「なぜそこで殺っておかないのか」展開
・友達が普通に良い奴で、作ってるという噂の続編ではシレッと出て来ないかなと思ってます。シレッと…無理なのはわかってる…(´;ω;`)
・伝説の殺し屋というからどれだけ超人的な強さなのかと思ったいたのですが、結構人並みでした。しかし、周辺からの尊敬され度が半端無く、皆の支えがあっての強さだったのが意外。友達が居なかったら早々にやられてます。
・結論=どんな職業でも人付き合いが一番大事。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



山口弁しろぎつね1 山口弁しろぎつね2 山口弁しろぎつね3
関連記事