最近見たサイモン・ペッグ映画まとめメモ

メモの整理が終わらない!

前からサイモン・ペッグは気になる役者さんだったのですが、ミッション・インポッシブルからどんどん認識度が進んでいます。
主演映画があると見てしまう程度には気にしています。





マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり
マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり [DVD]
内容(「Oricon」データベースより)
彼氏いない歴4年で下ネタ大好きナンシー34歳と、元妻に未練タラタラで夢を語る男ジャック40歳。そんなイタイ2人が出会ったブラインドデート。しかし、ウソだらけの関係はすぐさまトラブルに発展し…。主演に、サイモン・ペッグ。共演は、レイク・ベル、他。

個人的に面白かった度★★★★☆
家族と見て無難度 ★★★☆☆

・主人公のナンシーが、ジャックに「友人の紹介での顔も知らない相手と初対面デート」の相手に間違われ…というお話。
・今思えば、どうして予め写真を渡しておかなかったのか不思議。20歳と34歳を間違えるのも無理がある気がするけど、そのあたりはスルーで。
・主演の2人がキュートで、特にナンシーがどんどんかわいく見えて来ました。
・ボーリング場で働いてる元同級生は、逮捕された方が良い。
・まず、相手にいつウソがバレるかでハラハラ、バレてからもどうなることやらでハラハラ出来るので、1作で2回ハラハラ出来るのでお得。
・面白かったです。
・そういうシーンはなくても、割とセリフに下ネタ多いので、家族で見る映画には個人的には選びにくい。




ミラクル・ニール!
ミラクル・ニール!
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
モンティ・パイソンのメンバーが再結集し、サイモン・ペッグを主演に迎えたSFコメディ。銀河系の彼方で地球滅亡を企むエイリアンたち。彼らは適当に選出した中年教師・ニールに全知全能の力を授けることで、地球存続の最後のチャンスを与えるが…。

個人的に面白かった度★★★☆☆
人と見て無難度 ★★★★☆
ハートフル度 ★★☆☆☆

・内容を読んだら、この3本の中で一番コメディタッチな気がするのですが、一番笑えたのはミラクル・ニールではなくマン・アップでした(個人的意見) 面白くないことはないけど、マン・アップの方が好みでした。
・地球滅亡を企むエイリアンが、審判を下す神様的位置ではなく、蟻の穴に水を注いで遊ぶ悪ガキくらいの位置です。ので、ニールが正しい行いをしたから滅亡をやめようとかそういう殊勝な展開にはなりません。
・ペットの犬とお話できるようになるので、犬が助言してくれたりするのかとも思いましたが、犬がおバカすぎてほぼ役に立たなかったのも、ちょっと思ってたのと違ってました。
・意中の彼女を能力を使ってダッチワイフ扱いしかかってたのもどうかと思う。あんま人間として尊重してない感を受け取ってしまった。一番尊重しているのがペットの犬。
・つまりは主人公に好感を持てなかったのが、敗因でした。
・犬がしゃべるからといって、ハートフル展開を期待してはいけないという見本です。






しあわせはどこにある
しあわせはどこにある
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
フランス人精神科医、フランソワ・ルロールのベストセラー小説をピーター・チェルソム監督が映画化。美人の恋人と何不自由のない生活を送っていた精神科医・ヘクターは、ふと人生に幸せを感じられなくなってしまい、ひとり旅に出ることを決意する。

個人的に面白かった度★★★★☆
人と見て無難度 ★★★★☆

・言ってしまえば、しあわせはすぐ側にあったという青い鳥的なお話でした。ミニシアター的。良い話。
・これも主役のヘクターがキュートでした。ヘクター割と紳士。
・ミニシアター系で、パッケージに黄色が多い作品は、良作が多い気がする(経験的に)



宇宙人ポール
宇宙人ポール
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『ホットファズ~』のサイモン・ペッグ&ニック・フロストが脚本、主演を務めた痛快SFコメディ。UFO関連の名所を巡っていたSFオタクの青年・グレアムとクライブの前に、ポールと名乗る本物の宇宙人が現れ…。

個人的に面白かった度★★★☆☆
人と見て無難度 ★★★★☆

・ちょっとペグがぽちゃぽちゃしてます。
・イヌー!!!
・各自ちょっとずつ依存から脱出して、自立していく感も良い。結構胸熱です。
・ポールと女の子(当時)のまさかのロマンス。割と好き。
・ポールの友人のまさかの援助。好き。
・乳の数はこだわりなの?こだわりなの?
・外国のコミコン、楽しそうー。
・ポールの能力は、一旦自分に傷を移動させて、そこから自分を治癒する方法?
・まさかの宇宙人の天敵シガニー・ウィーバー(シガニーも宇宙船には勝てなかったよ…)





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


すずめはんこ ことりざむらい うさぎのもも
関連記事

Theme: 映画感想 - Genre: 映画