最近見た映画メモまとめ~コメディ編~

映画メモまとめコメディ編です。
下に行くにしたがって、昔見たものになってるので、どんどん記憶が曖昧になってました。
やはりさっさと書いておくべきだったと反省。
数えてあと150ありました。信じられない。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2417705596556509"
data-ad-slot="6021420876"
data-ad-format="auto">





TED2
TED2
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
下品な中年オヤジに成長したテディベア・テッドと大人になりきれないダメ男の友情を描いたコメディの続編。結婚したテッドは、子どもを持ち父親となることを決意するが…。“ユニバーサル・シネマ・コレクション”。

個人的に面白かった度★★★☆☆
家族で見て無難度 ★★☆☆☆
社会風刺度 ★★★★☆☆
下ネタ度 ★★★★★

・前作より、人権とか社会風刺が効いてる気がします。
・何が一番ショックって、前作であれだけ右往左往して結果的に死人出てまでくっついた2人があっさり別れていた事でした。
・ジョンよりテッドのが生活充実してるのが面白い。
・大麻吸いすぎ





21ジャンプストリート
21ジャンプストリート
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
80年代の人気ドラマを、チャニング・テイタムとジョナ・ヒル主演で映画化。高校時代の敵役・シュミットとジェンコのふたりが新人警官としてコンビを結成。青年犯罪を撲滅するために高校で潜入捜査をすることになり…。

個人的に面白かった度★★★☆☆
友達と見て無難度 ★★★★★
バカ騒ぎ度 ★★★★★
下ネタ度 ★★★★☆

・あ、これは元ネタがドラマでリメイクだったのか。
・おバカコメディです。
・チャニング・テイタムがどこを目指してるのかよくわからなくなる時があります。
・スポーツ万能人気者シュミットと、ふとっちょオタクのジェンコが、お互いを認めあって仲良くなってるのはちょっと良い話。
・潜入捜査では、願書の入れ違いでシュミットがオタクで、ジェンコがスポーツ万能の役に。
・この2人が高校生って無理があるのでは――と作ってる側も解ってる!
・続編の22ジャンプストリートでは大学へ潜入するので、高校生よりは無理がなくなります。でもあいかわらずやってることは一緒。

22ジャンプストリート
 22ジャンプストリート
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
チャニング・テイタムとジョナ・ヒル主演の大ヒットシリーズ第2弾。前作で高校の麻薬ルートを撲滅したシュミットとジェンコ。実力を買われたふたりは、女子大生が麻薬を使って死亡する事件が起きた大学へ潜入する。





ダメ男に復讐する方法
ダメ男に復讐する方法
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
キャメロン・ディアス主演によるラブコメディ。敏腕弁護士のカーリーは、イケメンのマークと恋に落ちる。数ヵ月後、カーリーが彼の自宅をサプライズで訪問すると、マークの妻・ケイトが出迎え…。

個人的に面白かった度★★★☆☆
家族と見て無難度 ★★★☆☆☆
下ネタ度 ★★★☆☆

・未婚だと言われて信じて付き合ってた愛人、奥さん、未婚だと言われて信じて付き合ってた新愛人が結託して、旦那に復讐するお話です。
・はじめは浮気だけがゲス原因だったのですが、最終的にそれだけじゃなくてもっとゲスな事を奥さんにしていた事が発覚するので、フルボッコが痛快。
・しかし、奥さんもただ相手に依存し言いなりではなく、自分でちゃんと考えて自立しないといけないのだなという教訓も。
・奥さんの行動がトンデモすぎて愛人カーリーがブンブン振り回されてる姿がカワイイ。女性の友情がカラッとしていてサワヤカです。嫉妬だのもつれだのが定番の中、この点は珍しい。
・愛人カーリーはそう落ちつくだろうなと思っていたのですが、さらに新愛人の方の顛末がまさかのところ。あーそんな雰囲気だったね!?




デンジャラス・バディ

内容(「Oricon」データベースより)
マジメで偏屈なFBI捜査官のアッシュバーンは、ある日ボストンの麻薬組織の捜査を命じられる。大物の逮捕に野心を燃やす彼女は早速現地へと急行するが、待ち受けていたのは野蛮で暴力的な超不良刑事マリンズだった!相棒として一緒に捜査する羽目になった2人は、どこに行っても反発し合って、ありえないトラブルを連発で…。サンドラ・ブロック主演、超マジメFBI×超不良デカが繰り広げるアクション・コメディ。

個人的に面白かった度★★★☆☆
家族と見て無難度 ★★★★★
下ネタ度 ★★☆☆☆

・正反対の2人が段々仲良くなって良い影響を与えあって息ピッタリになる様は、やはり見ていて楽しい。
・キャッキャ言ってる2人がかわいい。
・サンドラ・ブロックがめちゃくちゃキュート。
・黒人の上司にときめくサンドラ・ブロックという図式が、これが一般的になったんだなあと感慨深い。
・ストレッチャーでのアッシュバーンに対するマリンズの的確な処置www




スティーヴとロブのグルメトリップ
スティーヴとロブのグルメトリップ
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『ひかりのまち』のマイケル・ウィンターボトム監督が、中年コメディアンふたりのグルメ旅行を描いたロードムービー。独身貴族のスティーヴと良き家庭人のロブが、美しい景色と美味しい料理の数々を楽しむ旅を通し、それぞれの人生について考え始める。

個人的に理解不能度★★★★★
ごはん美味しそう度 ★★☆☆☆

・内輪ネタ満載なので、おもしろさがさっぱり解らない(多分イギリス人だと面白い)
・モノマネしてても、似てるのかどうかもさっぱりわからない。
・多分、イギリス人とか向こうの文化に詳しい人なら面白いのだと思われる。
・どうやら、既存のグルメ旅行テレビ番組があって、それを踏襲しつつ裏側フィクションを付け加えた映画だそうなので、予備知識がないとさっぱり理解不能なのは仕方ない事なのでした。日本で言えば「おじゃまっぷ総集編&舞台裏(フィクション)映画」というところ?

イタリアは呼んでいる
イタリアは呼んでいる
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
スティーヴ・クーガンとロブ・ブライドン演じる英国人中年男ふたりが、美食の国・イタリアを舞台に珍道中を繰り広げる。英国のショービジネス界で活躍するスティーヴとロブは、イタリアの美食と景勝地を巡る取材旅を依頼されるのだが…。

個人的に理解不能度★★★★★
ごはん美味しそう度 ★★★☆☆

・やっぱりさっぱりわからない!
・こんどは家庭人のほうが浮気した。
・ごはんは前作より美味しそう。




ゲーム・プラン
ゲーム・プラン
内容(「Oricon」データベースより)
“ザ・ロック”主演で贈る、笑いと感動のハートフル・コメディ!いかつい顔と屈強な筋肉、タフだがスタンドプレーばかりが目立つ“自分至上主義者”のキングマンは味方チームからも恐れられるアメフトのスタープレイヤー。実力と金と名声を手にしたバツイチ独身のキングマンは悠々自適な生活を満喫していた。彼の家に可愛らしい少女が訪ねてくるまでは…。

個人的に面白かった度★★★☆☆
家族と見て無難度 ★★★★★
下ネタ度 ☆☆☆☆☆

・ドウェイン・ジョンソン+かわいい女の子+ディズニー で、納得の安定感。
・安心の定番展開です。
・存在さえ知らなかった娘が現れて、自分の生活をかき乱されてキレたり右往左往したりしつつ、娘LOVEになるパターンのドウェイン・ジョンソンが嫌いな人など居るのだろうか。
・それにしても、筋肉おっさん+娘はよく見るけど、筋肉おっさん+息子はあまり見ないイメージ。




最凶女装計画
最凶女装計画
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『最終絶叫計画』のウェイアンズ兄弟が贈るおバカな痛快コメディ。失敗ばかりを繰り返すダメ刑事ふたりが、セレブ姉妹を守るため女装をして身代わりを務める。そんな彼らを周りはセレブ姉妹だと思い込んでしまい…。

個人的に面白かった度★★★★★
人と見て無難度 ★★★☆☆
下ネタ度 ★★★★☆
女の子の友情度 ★★★★★

・黒人刑事2人が、白人女性セレブ姉妹に変装するというところで既に面白いし、全くバレないところも面白い。
・セレブ姉妹の友達が、みんな良い子!かわいい。
・思った以上に痛快な展開。
・憎まれ役の子達がほんとに憎たらしいので、とても良い。
・テリー・クルーズ!?
・最後のオチが「男だから」じゃなく「白人じゃなかったから」というところで男を下げたテリー・クルーズ…あそこだけだマイナス展開でした。




燃えよ!ピンポン
内容(「Oricon」データベースより)
無様な敗退後、全米の笑い者へと転落人生を歩んでいた元天才卓球少年ランディ。そんなランディがFBIの依頼で裏社会の卓球世界大会に潜入することに。再びカンフー卓球の老師の下で猛特訓に励むランディだったが、その卓球大会は負ければ殺されるデスマッチ・トーナメント。ランディは生き残ることができるのか!?スポーツアクションコメディ。

個人的に面白かった度★★☆☆☆
家族と見て無難度 ★★☆☆☆
下ネタ度 ★★★★☆

・ブルース・リーの「燃えよドラゴン」の卓球版コメディです。
・あ、また脇役にテリー・クルーズ。
・あー!クリストファー・ウォーケンが!あー!!
・コメディがおバカ方向に振り切ってるので、合わない人は合わないと思われます。
・スポーツ物ですが、熱さは皆無です。




アナライズ・ミー
アナライズ・ミー
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ギャングと精神科医というおかしなコンビを、R・デニーロとB・クリスタルが演じるコメディ。マフィアのボス・ポールは精神科医のペンを尋ねる。迷惑な患者に戸惑うペンだったが、次第に2人は友情で結ばれていく

個人的に面白かった度★★★★☆
家族と見て無難度 ★★☆☆☆
かわいいおっさんズ度 ★★★★★

・ポールの強引っぷりとベンの怯え加減が面白い!だんだん対等な友達になってくっぽいのも良い。
・ポールがベン先生好きすぎてほほえましい(ベンはメイワク)
・面白かった!


アナライズ・ユー
アナライズ・ユー
内容(「Oricon」データベースより)
ノイローゼ気味のマフィアのボスと精神科医が繰り広げる騒動を描いたコメディ「アナライズ・ミー」の続編。まんまと刑務所を抜け出した大物マフィアが堅気になろうと就いた職業は、マフィアを描いたTVドラマのアドバイザーだった…。

個人的に面白かった度★★★☆☆
人と見て無難度 ★★★★★

・アナライズ・ユーの続編。1超えはしてないかな…という印象でしたが、面白かったです。
・一番残念だったのは、ポールの家族が全く出て来なかったこと。保護プログラムで接触できなくなってるのかもしれないけれど、1でポールは家族を大事にしていたので、話題が全く出ないのは残念でした。
・今回は、ポールは既に強迫性障害を克服していたので、一体何をアナライズするのかなと思っていたら、ポールが自分をアナライズするのでした。彼は彼で色々トラウマを抱えていたのでした。


※↓ここ以下、見たのがだいぶ前過ぎて、かなりのうろ覚えとなってます。




デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~

デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
トッド・フィリップス監督、ロバート・ダウニー・Jr主演で贈るロードムービー。妻の出産を5日後に控えたピーターは、妙な男・イーサンにテロリストと疑われ、飛行機への搭乗を拒否される。

個人的に面白かった度★★★☆☆
イーサンにイライラ度 ★★★★★

・イーサンのキャラクターを最終的に愛せれば、おもしろい映画です。



ハングオーバー! 消えた花婿と史上最悪の二日酔い
ハングオーバー! 消えた花婿と史上最悪の二日酔い
結婚式を2日後に控え、新郎のダグは独身最後の夜を満喫すべく、友人たちとラスベガスの高級ホテルのスイートで散々バカ騒ぎをして楽しんだ。しかし翌朝二日酔いから目覚めると、部屋は荒れ新郎の姿は消えていた。一体彼らに何が起きたのか!?
>

個人的に面白かった度★★★☆☆
家族と見て無難度 ★☆☆☆☆

・いい歳した男同士の、周辺の迷惑を顧みないはっちゃけぷりがかわいいと思えるかどうかで、評価が別れる映画です。
・この映画でバチェラー・パーティーという文化を知りました。




トロピック・サンダー
トロピック・サンダー
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ハリウッド映画製作の裏側をブラックに描き、豪華スターのカメオ出演も話題となったサバイバル・アクションコメディ。ベトナム戦争最前線で活躍した男が書いた回顧録の映画化が決定し、大物俳優が参加することになるが…。

個人的に面白かった度★★★★☆
家族と見て無難度 ★★☆☆☆
戦争系に有りがちなシーン度 ★★★★☆
なんだかだで役者魂度 ★★★★★

・ブラック・コメディなだけあって、それを笑いにして良いの!?という部分もありますが、面白かったです。




奇人たちの晩餐会
奇人たちの晩餐会
内容(「Oricon」データベースより)
ブラックユーモアの巨匠フランシス・ヴェベール監督不朽の名作シリーズ。毎週水曜日、出版社の社長ピエールと友人たちは「奇人たちの晩餐会」を開いている。ルールは簡単。必ず一人、奇人(バカ)を連れて来ること。誰もが認める奇人(バカ)を連れて来た者が、その会の勝者となるが…。

個人的に面白かった度★★☆☆☆

・私には笑いどころがよく解らなかったのだけど、名作らしいです。
・人をバカにすることで笑おうとする主人公と、その自業自得度がずっと見ていて辛かった覚えが…





俺たちフィギュアスケーター
俺たちフィギュアスケーター
【ストーリー】(Amazonより)
男子フィギュアスケートシングルズ界のツートップ、セクシー・マッチョなチャズ・マイケル・マイケルズと、繊細で純情な天才美青年ジミー・マッケルロイ。
常にしのぎを削ってきた2人は、同着1位の表彰台で派手にケンカを繰り広げ、栄光のスポットライトから一転、どんぞこまっしぐらの大転落。
そんな2人がトップの座への返り咲きを賭けて選んだ究極の手段---それは、男同士のペア・フィギュア!

個人的に面白かった度★★★☆☆
髪を切れ度 ★★★★★

髪を切れ!
・反発し合うライバル同士が、協力しあって仲良くなって壁を突破するストーリーはやはり良い。
・それでももうちょっと体絞れなかったのかとか、髪型ヒドイとか気になって気になって。なぜだ、なぜなんだ。





ブルース・オールマイティ
href
内容(「Oricon」データベースより)
ジム・キャリー、モーガン・フリーマン、ジェニファー・アニストン共演のヒューマン・ストーリー。神様から一週間の期間限定でパワーを授かり全能となった男の姿を描く。監督はトム・シャドヤック。

個人的に面白かった度★★☆☆☆

・ジム・キャリーは好きな方だと思ってるのですが、うーん、これは水に合わなかったとしか言いようがありませんでした。
・多分、「全知全能の力を与えられて調子こいて自分の欲望のままに行動して、人が悲惨な目にあっても結果に責任を追わない主人公」というのが苦手なので、単に合わなかっただけです。
・ので、それが大丈夫なら、amazon評価の高さから、良いコメディなのだと思われます。




にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


すずめはんこ ことりざむらい うさぎのもも
関連記事

Theme: 映画感想 - Genre: 映画