スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近見た映画メモまとめ~邦画編~

見た邦画まとめメモです。
邦画はあんまり見なくなってるな…というのがまとめて思った印象。




アイアムヒーロー
アイアムヒーロー
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
花沢健吾原作のゾンビ・パニックアクション漫画を大泉洋主演で映画化。平凡な毎日を送る漫画家アシスタントの鈴木英雄。その日常がある日、恋人の異形化により突然終わりを告げる。謎の感染によって、人々は次々と凶暴な“ZQN”と化して…。

個人的に面白かった度★★★☆☆
家族と見て無難度 ★★★☆☆
グロ度 ★★★★☆

・洋画のB級ホラー映画くらいどっかんどっかん血飛沫してます。タランティーノくらい大出血。人体破壊どーん。
・全力疾走系ゾンビ。でも人間も怖い。ショッピングモールに立てこもるのは様式美?
・ゾンビ化の原因は不明、解明も特にされず。基本的に逃げ回って終了なので、事件は解決してません(原作もまだ終わってないらしいので当然か) よって、起承転結の起承までのストーリーという感。面白くないわけではないけど、ストーリー的には「え?これで終わり?」という印象でした。
・公開時にとても評判が良かったので、ちょっと期待し過ぎてしまったのが失敗。当時の評判が、「よくぞここまで邦画でグロ描写をした」という評価だった覚えがあったり…(記憶違いかもしれない)
・原作ファンにも好評だったそうです。
・岡田義徳が、クソ野郎からの子犬化からのなんかよくわからない余裕で終了なの、あの一貫性の無いキャラは一体なんだったのー!いちばん気になったキャラでした。




珍遊記
珍遊記
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
漫☆画太郎の人気コミックを、松山ケンイチ主演で実写化したコメディ。天竺を目指して旅を続ける玄奘は、偶然出会った老人に不良少年・山田太郎の更生を頼まれる。太郎の恐るべき妖力を封印した玄奘は、なぜか彼を引き取ることになってしまい…。

個人的に面白かった度★★☆☆☆
友達と見て無難度 ★★★★☆
下ネタ度(小学生レベル) ★★★★★

・「ババアゾーン」「地獄甲子園」「魁!クロマティ学園」と(最後のは原作者が違う)、面白く見ていた山口雄大監督と漫☆画太郎原作のタッグだったので、とても楽しみにしていたのでした。とても楽しみにしていたが為に――期待しすぎてしまいました…
・うーん、自分の感性が変わったのかな…と思い、ババアゾーンを見直して見たのですが、やっぱり面白い。うーん?
・多分、珍遊記がとてもフツーギャグになっていたのが(ex:画面明るい、三蔵がかわいい女子、松山ケンイチは下品でない)、自分が期待していたのと違ったからだと思います。先入観が無ければ、多分楽しめたはず。
・逆に、原作のアクが無くなっているので、とても一般的に見易いギャグ映画になってるのかも知れません。
・ジジイとババアがとてもアツアツなのがとてもほほえましい。




あやしい彼女
あやしい彼女
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『謝罪の王様』のスタッフが贈るファンタジーコメディ。可愛いルックスと天性の歌声を持つ20歳の女の子・大鳥節子。口を開けば超毒舌、時には熱く説教もする“あやしい彼女”の正体は、73歳のおばあちゃんだった。

個人的に面白かった度★★★☆☆
家族で見て無難度 ★★★★★

・多部ちゃんはどんどんかわいく見えてくる不思議な女優さんです。
・おばあちゃんが急に若返るので、なんかすごい大事件が起こるのかと思いましたが、そうでもなく、割とほのぼのトントンと展開します。
・序盤、身内自慢と愚痴しか言わなかったりなおばあさんなのですが、若返って自分の人生を取り戻しつつ、でも自分の過ごしてきた人生の大事さも再認識します。良い話でした。
・オチは、そうだよねーそうなるよねーと思いましたが、別方向のオチがとても好きなカンジだったので、思う存分イチャコラすればいい!思いました。




探検隊の栄光

探検隊の栄光

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
往年の探検隊シリーズにオマージュを捧げた冒険エンタテインメント。落ち目の俳優・杉崎は、新境地を開拓するべく、ある番組のオファーを受ける。それは異国の秘境で伝説の未確認生物を探すフェイクドキュメンタリーへの出演だった。主演は藤原竜也。

個人的に面白かった度★★★☆☆
家族と見て無難度 ★★★★★

・熱血イメージが付きすぎた俳優の杉崎の設定、なんというか、藤岡弘、…というか、川口浩探検隊を彷彿とさせる映画です。川口浩探検隊を撮るというストーリー。
・内容は、ゆるっゆるです!テロリストとか出て来るけど、ゆるっゆるです!ゆるゆるほのぼの展開。
・藤原竜也の大熱演説。何故か納得されちゃう周囲がかわいい。
・「いつも脱いでますね今日は脱がないんですか?って、シリーズで一度しか脱いでないわ!!」(うろ覚え)というセリフ、視聴者イメージあるある。身に覚えがある。
・このB級感、嫌いじゃない!




将軍家光の乱心 激突
将軍家光の乱心 激突
内容(「Oricon」データベースより)
7人の浪人が、江戸幕府が放った剣客や大軍を相手に壮絶な戦いを展開する、緒形拳主演で贈る傑作時代劇。

個人的に面白かった度★★★☆☆
人と見て無難度 ★★★★★

・家光将軍、盛大にご乱心。なんか知らないけど自分の息子(5歳くらい)の命狙ってて意味がわからない!
・家光が自分の息子の命を狙ってるので、それを阻止する為に7人の浪人をやといました。その浪人の筆頭の緒形拳は、昔自分の奥さんを家光の側室として盗られちゃったという過去があり…というおはなし。
・浪人7人+子どもに対する、徳川家の全力。
・7人の浪人の中に、何気に織田裕二がいた。
・ジャパン・アクション・クラブの本気がすごい!
・長門さんの散り方がすごい。まだ元気だったのに何故それやった?感もすごい!あっマネキン――(禁句)
・仲間が1人ずつ散ってく映画里見八犬伝方式、ひょっとして当時流行りだったのかな??
・千葉真一の最期がとてもうれしそう。
・緒形拳が「実は!」とか言いつつラストに出て来ると思っていた頃がありました。




柳生一族の陰謀
柳生一族の陰謀
内容(「Oricon」データベースより)
権力に生きる柳生一族の存続を賭けた壮大なドラマを映画演劇界の豪華スターを配し、巨大なスケールで描いた本格的時代劇。初めて時代劇にとりくんだ深作欣二監督の意欲作。萬屋錦之介、松方弘樹ほか出演。

個人的に面白かった度★★★☆☆
家族と見て無難度 ★★★★★

・なんかよくわからないけど、家忠が暗殺されて長男家光と次男忠長の跡目争いが起きて、家光側についた柳生一族が色々暗躍しますが、最終的に柳生宗矩と柳生十兵衛の親子喧嘩に発展するおはなしです。
・ジャパン・アクション・クラブの本気。
・ほらー、十兵衛ったらー、ろくによく考えもせずにパパの言うこと聞いちゃうからー。
・公家剣豪と十兵衛の妹の間で芽生えるのかラブ的な展開が!と思っていた時期が私にもありました。
・ドラマでもやってたらしいです。
・このストーリーに必要なら女子供にも平等に容赦ない感が素敵な深作欣二監督。




陽暉楼
陽暉楼
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
宮尾登美子の原作を元に、『鬼龍院花子の生涯』の五社英雄監督が西日本一を誇った遊興・陽暉楼を舞台に描く文芸ロマン。当代随一の芸妓とその父親を中心に多彩な登場人物たちが、愛憎渦巻く人生ドラマを繰り広げる。

個人的に面白かった度★★★★☆
家族と見て無難度 ★★★☆☆

・タイトルと表紙の煽り「女は競ってこそ花、負けて落ちれば泥」から、てっきり遊郭でライバル同士が足の引っ張り合いでドロドロしてお客とお店に喰い物にされていく話なのかな?と思っていましたが、意外とそんな事はなかった。
・舞台が舞台だけに、男女の関係のみがクローズアップされるのかと思ったら、意外とシスロマンス映画でした。しかもまさかの殴り合って友情が芽生える系
・出て来る男、碌なのが居ない(緒形拳でさえ、自分の娘を芸姑に売ってる)。唯一の清涼剤は風間杜夫のみという。
・こんな女の人を暇つぶしのおもちゃくらいの扱いしかしない男客ばかりとしか出会いの無い世界で、男が女を幸せにする訳がないのでした。女同士で結託した方がよっぽど安心だし幸せそうなのだった。
・浅野温子の小気味良い脱ぎっぷり。
・なんというか、役者全員凄みがすごい。







デッド寿司
デッド寿司
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『電人ザボーガー』の井口昇監督が放つコメディホラー。寿司職人を目指して修行するケイコは、とある温泉旅館で働くことに。ある日、宿泊客である小松製薬の社長に恨みを抱く男が出現し、宴会の寿司を究極の殺戮生物・デッド寿司へと変えていく。

個人的に面白かった度 ☆☆☆☆☆
家族で見て無難度 ★★☆☆☆
Z級度 ★★★★★
グロ度 ★★☆☆☆
ごはん汚い度 ★★★★☆
津田寛治の体張り度 ★★★★☆

・お寿司がゾンビ化というストーリーに期待してたのですが、自分で思っていた以上に「食べ物を粗末にしてる」感に拒否反応が出てしまったので、私には向かない映画でした。残念。
・コメディホラー…お寿司が人を殺すという部分がコメディなのかな?
・しかし、お寿司をとても楽しみにしていた人が、お寿司に殺される姿はコメディというより可哀想すぎた…
・そのながいながーい生卵口移しシーン要るかなー?そうかー要るのかー。
・想像してたほど、スカッとするカンジの話ではなかったかな?




永遠の0
永遠の0
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
百田尚樹のベストセラー小説を岡田准一主演で映画化。司法試験に落ちて進路に迷う佐伯健太郎。祖父とは血の繋がりがなく、血縁上の祖父が別にいることを知った彼は、太平洋戦争で零戦パイロットだった実の祖父・宮部久蔵のことを調べ始める。

個人的に面白かった度★★★☆☆
家族と見て無難度 ★★★★★

・知人が「良かったー!良かったー!見てー!ウヴァアアア!!」と言ってたので見ました。
・面白かったけど、私には主人公の行動がイマイチ理解不能でした。人には死ぬな死ぬなと言っていた割に、何で結局志願したのか、何で家族の元へ帰るのを諦めたのか(生徒が妻子の面倒を見てくれるかどうかは彼の預り知らぬところである)、家族への思いより疲弊が勝ったのか、それでも敗戦間際に自分が潰すたった1艦が彼にとっては意味があったのか。
・生徒がどんどん祖父にメロメロになっていく話でした。その表現の仕方も様々。




滝を見に行く
滝を見に行く
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『南極料理人』の沖田修一監督が、出演者全員をオーディションでキャスティングしたコメディドラマ。幻の滝を見に行くツアーに参加した7人のおばちゃんたち。滝を目指して山道を進んでいたが、気がつくとガイドが見当たらず、山に取り残されてしまう。

個人的に面白かった度★★☆☆☆
家族と見て無難度 ★★★★★

・「南極料理人」「キツツキの雨」の監督さん。この2つの「おっさんわちゃわちゃ」はいい年してケンカしてても小学生のようでなごみかわいかったのですが、おばちゃんどうしだと、ドロドロイガイガになるのは何故だろう…?
・上記2作品が好きすぎて、期待が高めだったのが失敗でした。期待も先入観も無く見たら、また違った感想になるのかも。




駆込み女と駆出し男
駆込み女と駆出し男
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
監督・原田眞人、出演・大泉洋で贈る人情時代劇。江戸時代の縁切寺を舞台に、様々な事情を抱えて離縁を望む妻たちと、その再出発を手助けする戯作者志望の見習い医者・信次郎と御用宿の主人・源兵衛たちが繰り広げる悲喜こもごもを描く。

個人的に面白かった度★★★★☆
家族と見て無難度 ★★★★☆

・面白かった!
・主人公のゴジョが男前かわいいし、一緒に寺に入った女の人との関係性も良かった。
・大泉洋の信次郎も、頼り無さそうで頼れる所が良いキャラだった。
・登場人物全員キャラ良かった!
・当時はキリシタン弾圧の手法の1つに、手を切り落とすというのがあった事を知りました。





ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘
ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ゴジラとモスラが海獣・エビラと対決するシリーズ第7作。南海の孤島に漂着した若者4人。島で世界征服を企む秘密組織の存在を知った彼らは、一味の原爆製造工場に潜り込む。その時、突如ゴジラが現れ…。

個人的に面白かった度★☆☆☆☆
家族と見て無難度 ★★★★★

・モスラ目当てで見たけど、モスラちらっとしか出なかった。そして乗り合いバスの役割だった。
・目当てのモスラが乗合バスだったのが評価が低い理由(非常に個人的)
・要するに、海にエビラが居て周辺から近づけない孤立した島で、悪の組織が原爆作ってて、エビラが嫌うクスリを海に撒いたら島から外へ行き来できるのでそれを悪の組織が独占して、住民を島に監禁して強制労働させてて、なんだかんだでクスリを入れ替えられた悪の組織はエビラに倒されるけどそのエビラを倒すためにゴジラを目覚めさせて、でもゴジラもろとも島が原爆で爆発しそうになってゴジラはギリで爆発から逃げましたというお話。
・ゴジラがちょっとかわいいコミカル寄り役回り。




ゴジラ✕メカゴジラ
ゴジラ×メカゴジラ
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
手塚昌明監督、釈由美子主演によるシリーズ第26作。迫りくるゴジラの恐怖に対抗すべく、日本政府は対G兵器・機龍《メカゴジラ》を完成させる。ところがその披露式典の途中、再びゴジラが現れ…。

個人的に面白かった度★★★★☆
家族と見て無難度 ★★★★★

・キリッとした釈由美子のヒロインが結構良い。
・主人公が機龍チームの中で孤立していたところから、皆の信頼を得るというストーリーの流れは好きな王道流れ。
・メカゴジラを機龍というあたりに、ちょっとだけ厨二病を感じる!
・まさかメカゴジラが、ゴジラ(の骨)から造られていたとは知りませんでした。
・メカゴジラ内での被曝が気になって気になって…
・続編のゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOSでは釈由美子はパイロットを引退していますが、続編も面白かったです。今度はメカゴジラと整備士の心の交流!オチもメカゴジラ格好良かった…。
ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS




HK/変態仮面
HK/変態仮面
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『コドモ警察』の福田雄一監督があんど慶周の伝説的コミックを映画化した異色のヒーローアクション。正義感あふれる男子高校生・色丞狂介が、女性用パンティを被り「変態仮面」に変身。世の中にはびこる悪を倒すべく奮闘する。主演は鈴木亮平。

個人的に面白かった度★★★★☆
家族と見て無難度 ☆☆☆☆☆
原作に忠実すぎるビジュアル度 ★★★★★
下ネタ度 ★★★★☆
役者の体張り度 ★★★★★
舞台俳優多い度 ★★★★★

全力投球で何作ってんだこのスタッフ(褒め言葉)
・みんな、がんばりすぎ(色んな意味で)
・みんな、からだはりすぎ(色んな意味で)
・これはスゴイ。いっそすがすがしい。
・変態仮面の原作の再現度すごすぎる。
・安田顕の体の張り方すごすぎる。
・勧める人を間違えると、人間関係が崩壊する危険性があります。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


ことりざむらい すずめはんこ うさぎのもも
関連記事

Theme: 映画感想 - Genre: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。