映画「ドクター・ストレンジ」見ました~ぼくと修行して魔法おじさんになってよ!~

久々に劇場に足を運びました。
どのくらいぶりかな?「ファンタジックビーストと魔法使いの旅」以来です。
今回は、公開3日目くらいで見に行ったので、全国で先着6000名様に配られるポスターとクリアファイルと3Dメガネ(本命)がもらえました。
クリアファイルはヤクルトとのコラボですが、ドクター・ストレンジよりヤクルトのが目立ってましたww



■簡単ストーリー解説
有能だけど高飛車な外科医スティーブン・ストレンジは、事故って両手に生涯が残って手術出来なくなっちゃいました。
色々西洋医学を試してダメだったので、東洋医学に走り、しまいにはチベットに来ました。
そこで何かすごい人に会って、手を治したいが為に弟子入りして魔法おじさんになったけど、手が治る前に世界がピンチでドクター・ストレンジもピンチ!

個人的に面白かった度★★★☆☆
人と見て無難度 ★★★★★
3D映像凄い度 ★★★★★
3D劇場で見た方が良い度 ★★★★★

映画ドクター・ストレンジ

■一言感想
・「ドクター・ストレンジ」、「奇妙な医者」という意味かと思っていたら、ストレンジは普通に名字だった。「ドクター田中」というタイトルと同意語だった。
3D映像すごい。でも、これどうせ後一年経ったら「当時はこれですごかったのよねえ」とか言われちゃうので、この映画を楽しむには今しかない。3D酔いしない体質なら3Dで劇場へGO。これは家でテレビで見ると魅力が70%下がる映画です。
・映像に圧倒されて、話は「フーン(あるある)」という印象に留まってしまいましたが、レイトショーで行って終了は24時、でも一瞬も眠くならなかったので、多分ストーリーも面白い、はず!
・大きな3D画面でマッツ・ミケルセンという、良き体験をしました。
・ドクター・ストレンジ、作中で高慢だ傲慢だ自分勝手だと散々言われていましたが、SHERLOCKに比べれば全然そんなこと無い!人間らしい努力家です。
・今後、アベンジャーズに参加が決まってるそうですが、そういえばアベンジャーズの上司、マーティン・フリーマン(ワトソン)じゃないですか一体どうするんだ。
・わーチベットってすごいなあー。
・癒し系コメディアンマントという新ジャンル。スポーンの生きてるマントを思い出しました(どちらが先かは知らない)
みんなスゴイ走ってる(魔法とは)
みんなスゴイ殴り合ってる(魔法とは)
・何でちょっと修行しただけで、空中に花火の輪っか出せるようになるの。そんな修行やりたいわ。
・何気にエクスペンダブルズ2で悪役No.2をやったスコット・アドキンス氏がマッツ・ミケルセンの弟子として居た。カンバーバッチと戦ってた。カンバーバッチじゃ無理ィ…
・結界を作る3点がロンドン、ニューヨーク、香港――北半球ばかりだけど南半球は大丈夫なのだろうか。そして香港だけこのメンツで浮いてない?
・マーベルは毎回続編作る気まんまんのエンドロールです。
強大な力<越えられない壁<地味な嫌がらせ
・全体のテーマ→「利用方法はよく読んで御利用下さい。」



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


ことりざむらい うさぎのもも
関連記事