山田風太郎「甲賀忍法帖」

山田 風太郎:甲賀忍法帖
-------------------―----------------
――を読む。
後に聞くに、忍者ブーム到来の火付け役となった山田風太郎の忍法帖シリーズ第一作だという。
読んで然り。
久々に、読んだ後に、後一週間は他に何も読みたくなくなった。
このムチャっぷりな伊賀・甲賀忍者対決。
「え、それって忍法?」な奇怪な忍術合戦!
今までくのいち忍法帖(しかもVシネ)のイメージしかありませんでしたごめんなさい。
甲賀忍法帖正しく脳内一週間甲賀忍法帖一色。
浮かんでは消える甲賀忍法帖ネタ→
そのくらいに面白かった。すごいぞ山田風太郎!

←そんな甲賀忍法帖は、「バジリスク―甲賀忍法帖」として漫画化してるという。

何がバジリスク?」という素朴な疑問は横へ置いといて。

早速古本屋へ行って立ち読みしてくる(←買えよ)に、小説冒頭の二家対決のあらましを、漫画数ページで説明し切っているところにまず感心してしまう。
弦之介がすっごい睫毛バサバサだったり、勝手にハゲじじいだと思っていた豹馬が漫画デザインでは男前だったり、地虫十兵衛も割と男前だったり、小四郎がやんちゃキャラ見た目だったり、三匹が斬るのたこさんみたいなイメージだった丈助が麻原○晃みたいだったりと、想像とデザインのギャップが面白い。
しかし、一番漫画版でおいしい思いをしてるのは左衛門だと思う。
原作より、より妹思いが強調され、
原作ではのっぺり顔設定のみだが、漫画では「のっぺりだが目は糸目→開くと鋭い」というおいしい設定が追加され――
…絶対こいつが一番人気キャラに違いない(断言)
小説では割とへたれキャラっぽかったが。(←何かと言うとすぐ敵の仕掛けに嵌っていた)

バジリスク ~甲賀忍法帖~

そして、DVDにもなってたのかバジリスク!
レンタル レンタル レンタル!
あー、この間、近所のレンタル屋が1円セールやってた時に何故借りなかったのか!
バカ、自分の馬鹿ー!!


――多分、まだ暫く脳内甲賀忍法帖です。

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する