スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は映画「半落ち」を見る

今日はBS-iあたりで映画「半落ち」をやっていた。

以前原作を読んで、その感想を「半落ち、オチも半落ち」と評したが、映画は思わずうるっと来てしまった。
それは、原作では出て来ては消えて行くという登場人物達が、映画では最後までちゃんと関わっていた演出になっている所為なのか、単に私の読解力がレベルダウンしただけなのか、単に歳を取ったからか。

……後者か!後者なのか!!

★一番印象に残った事。
柴田恭兵がちいさい!何かちいさく見えるよ!?何故?


★映画と原作と違うところ
1・オチは映画の方が綺麗に付いていると思った。
2.奥さんを殺すに至った奥さんの御願い理由が原作の方がはっきりしていた。
3.記者が上司と付き合っていた(=記者が映画では女に)

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。